グリースガン (工具)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レバー式グリースガン
グリースガン(エアー式)

グリースガン:grease gun)は、各種の機械潤滑のためのグリースを注入(注油)するときに用いる工具。グリースガンの注油口金を、機械側に設けられたグリースニップルに圧着もしくは噛み合わせて使う。日本工業規格 (JIS) においては、JIS B 9808「グリースガン」 (Grease guns) として規格化されている。

歴史[編集]

機械部品への適度な注油は、機械の寿命を維持するために必要である。1900年代初期に開発されたグリースガンとグリースニップルは、現在では機械に油をさす簡単な方法として広く使用されている。

Arthur Gulborgは、シカゴの小型ダイカスト設備の共同所有者の息子で、ダイカスト機の油カップに1日に数回油を補充する仕事をしていた彼は1916年にグリースガン(ネジタイプ)とグリースニップルを発明した[1]。彼のグリースガンは、金属ホース端が特殊な接続部を持つネジタイプ[2]のグリースガンで、アーサーと彼の父は、このグリースガンを“The Alemite High-Pressure Lubricating System”と名付けた。

1918年にアーサーはこの発明を米陸軍に持ち込み、トラックでテストされた結果その年の7月10日に、標準的な器材に採用された。 1922年までに、多くの産業に応用するため、特に丈夫な油をさしているシステムに使えるように、アレマイト社(Alemite)は「ボタンヘッド」システムを導入した。 「ジュニアボタンヘッド」システムはオートバイに油をさすのに用いられた。そして、ボタンヘッドの「ジャイアント」バージョンが重い建設装置を含む広範囲にわたる産業で使われた。

自動車産業は売上高のために最も大きな可能性であり、アーサーが特許登録の5年以内には、乗用車はアレマイト社(Alemite)手動グリースガンとホースアセンブリを備えていた。

グリースガンは一般市民に普及し、大部分の自動車注油は自動車のオーナーによって行われるようになった。1924年にはオハイオ州クリーブランドのAllyne-Zerk社が、Alemite社に購入される。そして、Zerkの注油器具と手動グリースガンの種類はAlemite社のラインナップに加えられた。

Oscar Zerk の名を取って名付けられたZerkデザインは、Alemite社のピンタイプより非常に小さな部品を使って、ホースカプラーとグリースガンをロックしない方式である。代わりに、オペレーターがフィッティングにカプラーを適用して、シールは押している圧力によって維持された。これは、プッシュタイプシステムとして知られるようになった。

1930年にAlemite社は新しい油圧継手を導入する。現在の油圧継手は、オリジナル版と非常に類似しており、世界で最も人気があるグリースアプリケーションシステムのままである[3][4]

分類[編集]

JISでは、グリースを押し出す方式により、プッシュ式(記号P)レバー式(記号L)がある。後者にはグリースを充填ないし装填する方式により、手詰形チューブ形がある。また、注油口金の種類として、グリースニップルに圧着させる構造のストレート式、かみ込む構造のチャック式ホース式がある。呼び容量は、グリースの容量をmlであらわしている。Pは、50,100,150にLは100,150,200,300とLISでは定められている。

操作には手動によるもののほか、圧縮空気を用いるもの電動駆動も製品化されている。

性能[編集]

JISでは、グリースの排出量としてグリースニップル内部に0.5 MPaの圧力がかかった状態で、プッシュ式は0.3 cm3(ml)以上(グリースニップル内部圧力3 MPaのときでも注油量は圧力0.5 MPaのときの80 %以上)、レバー式は0.6 cm3(ml)以上(グリースニップル内部圧力6 MPaのときでも注油量は圧力0.5 MPaのときの80 %以上)有することを求めている。また、排出口を塞いで操作した際にかかる圧力として、プッシュ式では6 MPaを超えること、レバー式(チャック式注油口金を使用)では20 MPaを超えることを求めている。

これは、グリースガンのプランジャとグリースニップルに取り付けられている逆止弁(ばねでボールを押したもの)のばねに打ち勝つ状態により、グリースの排出量に大きな変化の無いようにするため、定められている。

使用方法[編集]

グリースガンを用いた注油の様子

グリースガンにグリースを詰めるには、油筒と本体を離して油筒の先をグリースの中に突っ込んでハンドルを引くと、グリースは油筒内に吸い込まれる。蛇腹形状の軟質樹脂チューブにグリースが入っているカートリッジ式の場合には、キャップを外してカートリッジを本体内に入れる。

ストレート式のグリースガンの場合には、ノズルをグリースニップルにまっすぐに装着した後、ハンドルを押すことによってグリースがニップルに注入される。正しく装着されていない場合、グリースが漏れてしまうことがあるので注意を要する。

なお、チャック式の注油口金はグリースニップルの頭部をくわえこむ方式になっているため、この装着ミスが無い。

主なメーカー[編集]

  • アレマイト(ALEMITE, アメリカ)
  • プレッソル(PRESSOL, ドイツ)
  • 京都機械工具(KTC, 日本)
  • ヤマダコーポレーション(YAMADA, 日本)

脚注[編集]

  1. ^ US PAT.No.D53122
  2. ^ US PAT.No.1366381
  3. ^ Alemite Corporation成功の歴史
  4. ^ Grease Gun Buyers Guide

参考文献[編集]

関連項目[編集]