グリーングリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グリーン・グリーン
Green, Green
ニュー・クリスティ・ミンストレルズ英語版シングル
初出アルバム『Ramblin’ (1963)』
リリース
ジャンル フォーク
レーベル コロムビア
作詞・作曲 バリー・マクガイア
ランディ・スパークス
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 3位 (Adult Contemporary)
  • テンプレートを表示

    グリーングリーン (Green, Green) は、アメリカ合衆国フォークグループ、ニュー・クリスティ・ミンストレルズ英語版1963年に歌った歌である。なお、ニュー・クリスティ・ミンストレルズの日本盤シングルのジャケットでは中黒を入れて「グリーン・グリーン」と表記されている。

    メンバーだったバリー・マクガイアとランディ・スパークス (Randy Sparks) が作曲し、このグループの最初のヒット曲となった。その後も多くの歌手にカバーされている。

    マクガイアはこの曲のヒット後にソロ転向し、「Eve of Destruction(明日なき世界)」がヒット、ママス&パパスを発掘しスカウトしている。

    シングル収録曲(日本盤)[編集]

    ニュー・クリスティ・ミンストレルズ版
    CBSコロムビア LL 476
    1. グリーン・グリーン (Green, Green)
    2. リング・オブ・ファイア (Ring of Fire) - 歌:ジョニー・キャッシュ
    CBSソニー SONG 80112
    1. グリーン・グリーン (Green, Green)
    2. コットン・フィールズ (Cotton Fields)
    CBSソニー SDOPB 231、06SP 387
    1. グリーン・グリーン (Green, Green)
    2. トゥデイ (Today)
    ヴィレッジ・ストンパーズ版(EPICソニー LL-6016)
    1. グリーン・グリーン (Green Green)
    2. 風に吹かれて (Blowin' In The Wind)

    英語以外の歌詞[編集]

    フランス語版は、Les Super-Jetsが英語版と同じ「Green, Green」の曲題で歌ったものや、ダリダが歌った「Ding ding」がある。

    ドイツ語版は、ニュー・クリスティ・ミンストレルズが自ら歌った「Grün, grün ist Tennessee」のほか、これとは別の歌詞のクリフ・リチャードが歌った「Du, du gefällst mir so」、ブルース・ロウ (Bruce Low) が歌った「Grün, grün」がある。

    その他、アン・ルイーズ・ハンソン (Ann-Louise Hanson) が歌ったスウェーデン語版「Ding-Ding」、Rangersが歌ったチェコ語版「Vím, vím」、Bjørn Tidmandが歌ったデンマーク語版「Blå, blå」、Georg Dolivoが歌ったフィンランド語版「Maantie」がある。

    日本語詞[編集]

    片岡輝の詞[編集]

    日本語版の詞は片岡輝が担当し7番まで存在するが、これは原詞の翻訳ではなく独自に作詞したものである。片岡輝の詞には「パパ」が頻繁に出てくるが、原詞にはパパは一切登場せず、出てくるのはママのみである。

    日本では片岡輝の作詞により父と子の対話と別れを描いた作品として知られており、学校での教材にも使用されている。歌詞中にある、“二度とかえって来ない遠い旅路”に出かけた「パパ」の身上に何が起こったかに関しては下記の通り様々な解釈が存在するが、作詞した片岡輝自身は読み手がどう解釈するかは自由[1]であるとの発言をしている。

    • 反戦歌(作詞時期は世界的にベトナム戦争への反戦ブームであり、片岡も戦争経験者であり反戦支持だった)。
    • なんらかの理由(病気や老衰など)で死亡。
    • 原詞の再解釈(南北戦争に徴兵された)。
    • (黒人に対する)人種差別により無実の罪で処刑された。
    • パパとママが離婚しパパが出ていった。

    通常、小学生の唱歌としては3番までの比較的明るい(軽い)歌詞内容の部分までしか紹介されないが、全部で7番まで歌詞があり、4番目以降から歌詞内容が急に重くなる。NHKみんなのうた』の版(編曲:小森昭宏)では歌詞番号が進むにつれ半音ずつ高く転調移調)してゆき、歌詞内容と裏腹に前向きな雰囲気をかもし出す。遅かれ早かれどうにもならない「」が不可避であるという現実にめげず精一杯生きて行こうという応援歌であるとの解釈が一般的である。

    また、同じくNHKの『おかあさんといっしょ』『真剣10代しゃべり場』『ドレミノテレビ』でも使用された。

    キャンディーズ1974年に発売したアルバム『なみだの季節』にも、キャンディーズと日本大学理工系アメリカ民謡研究会との共演で一部を片岡輝の日本語詞・一部を英語詞で歌う同曲が収録されている。

    その他の日本語詞[編集]

    デューク・エイセスが片岡輝の詞とは異なる日本語詞で歌ったものがあり、2012年発売のアルバム『プレミアム・ツイン・ベスト デューク・エイセス、世界のスタンダードを歌う』に収録されている。

    1971年にはザ・ドリフターズもアルバム『ドリフターズ再び全員集合』で取り上げているが、片岡輝の詞でも原曲に忠実な訳詞でもなく、この曲のメインヴォーカルである加藤茶のキャラクターに沿った新たな詞(作詞:なかにし礼)がつけられていた。

    みんなのうた[編集]

    みんなのうた
    グリーングリーン
    歌手 杉並児童合唱団
    作詞者 片岡輝
    作曲者 バリー・マクガイア
    ランディ・スパークス
    編曲者 小森昭宏
    映像 実写
    初放送月 1967年4月-5月
    再放送月 2016年6月-7月(ラジオのみ)
    テンプレートを表示

    先述の通りNHKの『みんなのうた』で放送されたが、放送されたのは1967年4月から5月までだった。訳詞は片岡輝、編曲は小森昭宏で、歌は杉並児童合唱団が担当した。放送では7番まである内、1・2・3・7番を歌い、7番は後半のサビの部分を繰り返して、コーダ部分は縮小された。

    当時は主にキングレコードから発売された『みんなのうた』LPに収録、その後もキング発売のCDに収録(いずれもフルコーラス)されたものの、再放送はされてなかったが、2011年からの「みんなのうた発掘プロジェクト」で音声が発掘され、2016年6月 - 7月にラジオのみで49年振りの再放送となる。

    使用[編集]

    題材とした作品[編集]

    • 美少女ゲームのグリーングリーンの名はこの歌を意識してつけられたもので[3]小説版にグリーングリーンの歌を題材にした作品がある。
    • 有川浩による小説『塩の街』(電撃文庫刊)の「Scene-3.この世に生きる喜び そして悲しみのことを」がこの曲を中心として展開されている。

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 後身の横浜時代は別の曲だった。

    出典[編集]

    1. ^ 『シリーズ・インタヴュー 音楽を語ろう』教育芸術社、2005年、ISBN 4877882073。([1]
    2. ^ Eテレ60特番 「Eうた♪ココロの大冒険」、NHKオンライン。 - 2019年1月25日閲覧。
    3. ^ 書籍ISBN 4044246025 P.286