グリーンズボロ・グラスホッパーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グリーンズボロ・グラスホッパーズ
Greensboro Grasshoppers

ノースカロライナ州ギルフォード郡グリーンズボロ
創設: 1979年
所属リーグ
  • A (1979 - )
所属リーグ
所属メジャーリーグ
歴代チーム名
  • グリーンズボロ・グラスホッパーズ (2005 - )
    • グリーンズボロ・バッツ (1994 - 2004)
  • グリーンズボロ・ホーネッツ (1979 - 1993)
歴代本拠地
  • ファースト・ナショナル・バンク・フィールド英語版 (2005 - )

収容人員: 7,499人

  • ワールド・ウォー・メモリアル・スタジアム英語版 (1979 - 2004)
獲得マイナーリーグタイトル
リーグ優勝 1980年1981年1982年2011年
地区優勝 1980年、1981年、1982年、1985年1993年1997年、2011年、2012年
オーナー: グリーンズボロ・ベースボールLLC
GM: ドナルド・ムーア
監督: ワイアット・トーリガス英語版

グリーンズボロ・グラスホッパーズ英語: Greensboro Grasshoppers)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州ギルフォード郡グリーンズボロに本拠地をおくマイナーリーグプロ野球チーム。MLBピッツバーグ・パイレーツ傘下A級チームでサウス・アトランティックリーグ北地区に所属している。本拠地球場はファースト・ナショナル・バンク・フィールド英語版

歴史[編集]

ノースカロライナ州グリーンズボロのプロ野球の歴史は1902年からであり、何度か活動休止や改称を繰り返しながら1968年まで活動もしていた。

1979年グリーンズボロ・ホーネッツの名でウェスタンカロライナズ・リーグ所属かつシンシナティ・レッズ傘下のマイナー球団として創設された。

リーグの名称がサウス・アトランティックリーグに変わった翌1980年には提携球団もニューヨーク・ヤンキースに変更された。

その後、ボストン・レッドソックス1985年 - 1987年)、再びレッズ(1988年 - 1989年)との提携を経て1990年からは再びヤンキースが提携球団となる。この時期に在籍した選手では1990年代後半のヤンキース第6期黄金時代を支えたデレク・ジーターアンディ・ペティットマリアノ・リベラホルヘ・ポサダらが名を連ねている。ヤンキース以外の選手では、通算300本塁打・300盗塁の記録を持つレジー・サンダースや、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとレッドソックスでワールドシリーズ優勝に貢献したカート・シリングらが在籍していた。

1994年にはグリーンズボロ・バッツ、新球場がオープンの2005年にはグリーンズボロ・グラスホッパーズと、チーム名がそれぞれ改称された。前後するが、2003年からは フロリダ・マーリンズ2012年よりマイアミ・マーリンズ)が提携球団となった。2008年には当時18歳のマイク・スタントン(現:ジャンカルロ・スタントン)が39本塁打を放ち、リーグの本塁打王に輝いている[1]

2019年シーズンからはピッツバーグ・パイレーツ傘下となる[2]

過去の主な所属選手[編集]

グリーンズボロ・ホーネッツ時代[編集]

グリーンズボロ・バッツ時代[編集]

グリーンズボロ・グラスホッパーズ時代[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 綱島理友「グリーンズボロ・グラスホッパーズ」『綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック』 ベースボール・マガジン社、2015年、雑誌 978-4-583-10814-8 、291頁。
  2. ^ Jeff Mills (2018年9月21日). “Greensboro Grasshoppers agree to two-year deal with Pittsburgh Pirates” (英語). MLB.com. 2019年1月23日閲覧。