グリーンチャンネル地方競馬中継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グリーンチャンネル地方競馬中継
ジャンル スポーツ・公営競技
出演者 (平日版)上野優花伊藤京子
(日曜版)梅田陽子山本潤
製作
制作 グリーンチャンネル
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2012年4月4日 - 現在
放送時間 地方競馬ダートグレード競走開催日
地方競馬IPAT発売重賞(平日・一部)開催日
(いずれも、放送時間不定)
回数 123[1]
公式サイト
テンプレートを表示

グリーンチャンネル地方競馬中継(グリーンチャンネルちほうけいばちゅうけい)は、2012年4月4日からグリーンチャンネルで放送されている地方競馬中継番組である。

概要[編集]

2011年以前もJBC南関東のJpnI競走を中心に中継放送していたが、南関東の場合は南関東地方競馬チャンネルのサイマル放送、ほかの競馬場についても場内放送をそのまま中継放送していた。2012年4月からはダートグレード競走を中心に独自制作で中継放送されることになった。

同年10月以降、JRAの即PAT、A-PAT(地方競馬IPAT)で地方競馬の一部の重賞競走も購入できるようになったため、基幹競走となる1着賞金1000万円以上の重賞競走(火~木)も中継する[2]。それにより、ほぼ毎週の放送(概ね水曜日が多い)となっている。2017年4月からは日曜日にも放送されることになった。ただし、日曜日に放送する場合は一部中央競馬中継で放送するレースもあるほか、中央競馬中継の後に流す単独番組は平日版とは異なるキャストで放送している。[3]

なお、レース映像、実況については場内放送と同じものが使用されている。スカパー!、インターネット中継など標準放送(SD 4:3)で中継されている競馬場でも、場内放送のマスタがハイビジョンに対応している競馬場については、この番組でもハイビジョンで放送されている。

現在の出演者[編集]

司会[編集]

平日版[編集]

日曜版[編集]

平日の放送では上野か伊藤、日曜の放送では山本か梅田どちらかほぼ交互で1人が司会を担当する。

解説・コメンテーター[編集]

レギュラーコメンテーター[編集]

  • 荘司典子(2016年4月 - ) 2017年3月まではダートグレード開催日を中心に出演
  • 赤見千尋(2017年4月 - )2018年3月から7月までは産休で出演せず
  • 秋田奈津子(2018年4月 - )当初は赤見産休の代役として。8月以後も月1回程度不定期に出演。原則として平日の放送のみ出演する。また、8月のお盆期間などで不定期に司会進行として出演することもあるが、その際にも予想は披露している。

ゲストコメンテーター[編集]

※基本的に、下記の人物は「解説」の肩書で出演するが、一部は日曜版を中心に「ゲストコメンテーター」の肩書で出演する場合もある。
日曜版中心によく出演するコメンテーター
  • 松尾康司(岩手競馬情報誌「テシオ」元編集長 岩手競馬を取り上げる回を中心に出演)
  • 天童なこ(グラビアアイドル)
  • 松中みなみ(タレント)
  • 大恵陽子(フリーアナウンサー)
  • 浅野靖典(競馬ライター 元中央競馬中継・WEST=関西版キャスター)
  • 稲富菜穂(タレント)
  • 池山心(漫才師)
  • 坂田博昭(フリーアナウンサー)
その他、JpnIに相当する競走(中でも帝王賞ジャパンダートダービーJBC全日本2歳優駿東京大賞典)が開催される日には、上記以外から特別ゲストを招く場合がある。

過去の出演者[編集]

司会[編集]

放送時間[編集]

  • 中継対象レースの発走予定時刻30~40分前から原則75~90分程度
    • 昼間開催の場合は中継予定レースの発走予定時刻30~40分前から75~90分程度、ナイター開催の場合は19:30もしくは19:45から75~90分程度の放送時間になるケースが多い(但しJpnI開催日やスーパージョッキーズトライアルなどで2レース以上の複数のレースの中継を予定している場合はさらに放送時間が拡大される)
    • 日曜日開催の場合は中央競馬中継終了後の17:00から最大90分程度の放送時間となる

その他[編集]

  • 南関東4競馬場で行われる重賞競走(ダートグレード競走含む)については一部を除き、すべて放送される[4]
  • 2017年3月までは中継対象の重賞レースのみが中継対象レースであった。日曜版も開始された2017年4月以降は、平日版・日曜版双方ともに、一部中継日で2場同時中継時などを除き、中継対象場の重賞レース以外でも、原則として中継時間内の他の全てのレースを放送するようになった。
  • 2013年はスーパージョッキーズトライアルのワイルドカード、第1ステージ、第2ステージの競走についても生中継した[5]
  • 2017年開始のヤングジョッキーズシリーズのトライアルラウンド及びファイナルラウンド(大井)ついても生中継される。

他の地方競馬中継[編集]

いずれも2014年4月現在。チャンネルによって有料と無料に分かれる。

関連番組[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 中央競馬中継内で放送された中継は除く。
  2. ^ 『日本の競馬 総合ハンドブック2013』、中央競馬振興会、2013年4月、 27頁。
  3. ^ ただし、2017年4月から2018年3月まではGI競走開催日のみの放送であった。2018年4月より通年放送となる。また2018年4月以降でも月曜日を含む3日間開催の場合は、日曜日は中央競馬中継終了後教えてVANdaくん! 勝ち馬リサーチャー(~2018年12月まで)→VANで勝ち馬さがしてみませんか(2019年1月~)を放送する関係で放送されず翌日の月曜日に日曜版として放送される。12月第2日曜日(原則)の香港国際競走当日は、時間上香港カップ香港マイルと重複するため、この週は日曜版は休止となる。また2017年12月28日、2018年12月28日は平日、2019年12月28日は土曜日の開催で、いづれも高知競馬場からの生中継を行ったが、中央競馬の開催も行われていたため日曜版と同じ扱いで、2018年12月29日(土曜日)・2019年12月29日(日曜日)の大井競馬場からの中継は、本来の開催曜日に行われるべき中央競馬の開催がなかったため平日版と同じ扱いで放送された。
  4. ^ 前述通り、基幹競走となる1着賞金1000万円以上の重賞競走を中継することになっているが、南関東4競馬場で行われる重賞はすべて1着賞金1000万円以上となっている。
  5. ^ ただし、第1ステージ(船橋競馬場)は地方競馬IPATで発売されていない。