グリーンランディアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地質時代新生代[1][2]
累代 基底年代
Mya[3]
顕生代 新生代 第四紀 完新世 メーガーラヤン 0.0042

ノースグリッピアン 0.0082

グリーンランディアン 0.0117

更新世 後期更新世 0.126
チバニアン 0.781
カラブリアン 1.8
ジェラシアン 2.58
新第三紀 鮮新世 ピアセンジアン 3.6
ザンクリアン 5.333
中新世 メッシニアン 7.246
トートニアン 11.63
サーラバリアン 13.82
ランギアン 15.97
バーディガリアン 20.44
アキタニアン 23.03
古第三紀 漸新世 チャッティアン 27.82
ルペリアン 33.9
始新世 プリアボニアン 37.8
バートニアン 41.2
ルテシアン 47.8
ヤプレシアン 56
暁新世 サネティアン 59.2
セランディアン 59.2
ダニアン 66
中生代 251.902

古生代 541
原生代 2500
太古代[4] 4000
冥王代 4600

グリーンランディアン (: the Greenlandian) は、地質学における地質単元の一つ。年代単元グリーンランディアン英語版新生代第四紀完新世の3区分の一で、その最初期の11,700年前から8,200年前までを指す[5][6][7](西暦では紀元前9700年、人類紀元300年に始まったことになる[8])。グリーンランディアン期は、グリーンランド中央部にある国際標準模式地において北グリーンランド・アイスコア計画英語版によって採取されたサンプルによって決定された[9]

層序単元グリーンランディアン英語版第四系完新統の最下層で、グリーンランディアン階の模式地はヤンガードリアスの終了や、重水素の過剰量の変化などとの関連を示している[9]

グリーンランディアンは2018年7月、メーガーラヤンノースグリッピアンとともに、国際層序委員会英語版で承認された[5]

脚注[編集]

  1. ^ 基底年代の数値では、この表と本文中の記述では、異なる出典によるため違う場合もある。
  2. ^ 基底年代の更新履歴
  3. ^ 百万年前
  4. ^ 「始生代」の新名称、日本地質学会が2018年7月に改訂
  5. ^ a b ICS chart containing the Quaternary and Cambrian GSSPs and new stages (v 2018/07) is now released!”. 2018年7月15日閲覧。
  6. ^ The ICS International Chronostratigraphic Chart”. International Commission on Stratigraphy. 2018年7月15日閲覧。
  7. ^ 国際層序年代表”. 日本地質学会 (2019年5月). 2020年1月26日閲覧。
  8. ^ Amos, Jonathan (2018年7月18日). “Welcome to the Meghalayan Age - a new phase in history”. BBC News. https://www.bbc.co.uk/news/science-environment-44868527 2018年7月19日閲覧。 
  9. ^ a b GSSP Table - All Periods”. GSSPs. 2018年7月15日閲覧。