グルクンマスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グルクンマスク
グルクンマスクの画像
プロフィール
リングネーム グルクンマスク
グルクンダイバー
本名 非公開
ニックネーム 琉球ブルーウェーブ[1]
ムーンビーチの水生
身長 173cm
体重 77kg
誕生日 (1971-09-09) 1971年9月9日(47歳)
出身地 大阪府枚方市
所属 琉球ドラゴンプロレスリング
スポーツ歴 シュートボクシング
柔道
デビュー 2001年5月6日
テンプレートを表示

グルクンマスク1971年9月9日 - )は、日本覆面レスラー

経歴[編集]

1995年、格闘技ジム「龍生塾」に入門してシュートボクシングを始める。その後、龍生塾本部による格闘家集団「REX-JAPAN」の一員になる。

1998年9月、格闘技道場を設立。

2001年5月6日大日本プロレス川崎市体育館大会に参戦して井上勝正とタッグを組んで対伊東竜二&沼澤直樹組戦でデビュー。

2004年7月19日枚方市立総合スポーツセンター第二武道場で自身の格闘技道場主催のアマチュア格闘技大会を開催。

2008年9月14日デルフィンアリーナ道頓堀で自身の格闘技道場主催のプロレス興行を開催。

2010年3月、沖縄プロレスに移籍してリングネームをグルクンダイバーに改名。4月、所属していた格闘技道場が娯楽格闘技サークルとして残された道場生で運営することになった。

2012年8月、沖縄プロレスを退団。

2013年2月11日ネーブルカデナアリーナで開催されたプレオープンイベント「KADENAバトルフェスタ」でリングネームをグルクンマスクに改名して琉球ドラゴンプロレスリングを設立することを発表[2][3]3月24日、グラウンドオープンしたネーブルカデナアリーナで琉球ドラゴンプロレスリングの設立及び旗揚げ記者会見を行った。4月28日、ネーブルカデナアリーナで琉球ドラゴンプロレスリングの旗揚げ戦を開催。

得意技[編集]

ムーンサルトプレス
ダイバースープレックス
グルクンドライバー
垂直落下式ブレーンバスターと同型。
グルクンスリーパー
グルクンレッグロールクラッチ
グルクンフィンキック
バズソーキックと同型。仰向けになった相手の上半身を起こして相手の左側頭部を振り抜いた右足の甲で蹴り飛ばす。
各種キック

入場曲[編集]

タイトル歴[編集]

  • MWF世界タッグ王座
  • 大森夢フェア認定世界大森級王座
  • 御万人王座「琉王」
  • バトルロイヤル王座「チャンプルー王」
  • 我栄トーナメント優勝

テレビ出演[編集]

脚注[編集]