グルジアの夢=民主グルジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グルジアの夢=民主グルジア
(ジョージアの夢=民主ジョージア)

グルジア語: ქართული ოცნება – დემოკრატიული საქართველო
英語: Georgian Dream – Democratic Georgia
創立者 ビジナ・イヴァニシヴィリ
党首 ギオルギ・クヴィリカシヴィリ
創立 2012年4月21日(7年前) (2012-04-21
本部所在地 Flag of Georgia.svg ジョージア国(グルジア)
トビリシ首都圏トビリシ市
政治的思想 包括政党[1]
国際連携 進歩同盟 (Progressive Alliance)[2]
欧州連携 欧州社会党 (オブザーバー)
公式カラー         青色琥珀色
国会英語版
115 / 150
[3]
公式サイト
41.ge
グルジアの政治
グルジアの政党一覧
グルジアの選挙

グルジアの夢=民主グルジアグルジア語: ქართული ოცნება – დემოკრატიული საქართველო カルトゥリ・オツネバ=デモクラティウリ・サカルトヴェロ)はジョージア国(グルジア)の政党。2012年4月19日、実業家出身の政治家ビジナ・イヴァニシヴィリにより設立された[4]。国名変更からジョージアの夢=民主ジョージアともされる。

政党連合「グルジアの夢」の中心政党として南オセチア紛争を引き起こしたミヘイル・サアカシュヴィリ統一国民運動を破り、長らく与党の地位にあった同党を追い落として政権交代を達成した。

歴史[編集]

党は大衆運動「グルジアの夢」から発展したもので、2011年12月にグルジア出身の実業家ビジナ・イヴァニシヴィリによって立ち上げられた。党の結成協議時、イヴァニシヴィリはまだ正式な市民権を取得していなかった為、弁護士マナナ・コバキーゼ英語版が暫定的に、グルジアの夢=民主グルジアの名目上の党首に選ばれた。また、政治家のソザル・スバリ英語版、元外交官のテド・ジャパリッゼ英語版、チェス王者ズラブ・アズマパラシヴィリ英語版、安全保障問題評論家イラクリ・セシチシヴィリ、作家のグラム・オディシャリア、そして有名なサッカー選手カハ・カラーゼ等、党には複数の著名人が参加していた[5][6]

2012年の議会選挙において、党は統一国民運動 (UMN) の支配に挑戦し、これに成功した[5]。この選挙では他の野党6党との連合により、54.97%の票、85議席を獲得して勝利した[4]。与党UMNは40.34%であった。ミヘイル・サアカシュヴィリ大統領は党の敗北を認め、新政府を組織するための憲法上の手続きを支持することを誓約した[7]

2013年11月24日、創設者イヴァニシヴィリが政界より勇退した事から内務大臣イラクリ・ガリバシヴィリが第2代党首に選ばれ、首相職も継承した。若干30歳で大臣を務める若手政治家の抜擢であったが、国民からの人気に乏しく党勢が低迷した為、副首相ギオルギ・クヴィリカシヴィリが第3代党首となった。

2016年10月8日、ミヘイル・サアカシュヴィリ元大統領のウクライナへの亡命と国籍取得後に行われた総選挙でグルジアの夢=民主グルジアはさらに30議席を獲得し、全体議席の約8割に達する115議席となった[3]

政党連合「グルジアの夢」[編集]

イヴァニシヴィリのグルジアの夢=民主グルジアを中心としたグルジアの夢連合は、初めは彩なイデオロギー志向を持つ6つの政党により構成された[8][9]。この中には、市場主義的かつ親西側的なリベラルや、外国人嫌悪を掲げる過激なナショナリスト、2003年バラ革命で失脚したかつてのシェワルナゼ政権の代表者たちを含んでいた[10]。連合の名前は、イヴァニシヴィリの息子、ベラのラップソングに感化されたものである[11][12]

構成政党(2016年)[編集]

記事に合わせ、党名の「Georgia」はグルジアとして記載する。

かつての構成政党[編集]

選挙結果[編集]

選挙 党首 投票 得票率 議席 +/– Position 政府
2012年英語版 ビジナ・イヴァニシヴィリ 1,184,612 54.97%
85 / 150
増加 85 増加 1nd 与党
2016年英語版 ギオルギ・クヴィリカシヴィリ 857,394 48.65%
115 / 150
増加 30 増減なし 1nd 与党

脚注[編集]

  1. ^ Ditrych, Ondrej (2013年7月). “The Georgian succession”. European Union Institute for Security Studies. p. 4. http://www.iss.europa.eu/uploads/media/Brief_26.pdf. "...GD as a catch-all movement..." 
  2. ^ http://progressive-alliance.info/2810-2/
  3. ^ a b Key Facts and Procedures on Govt No-Confidence Vote, Sought by UNM
  4. ^ a b Stephen Jones (2015). “Preface to the Paperback Edition”. Georgia: A Political History Since Independence. I.B.Tauris. pp. 11. ISBN 978-1-78453-085-3. http://books.google.com/books?id=hcMZCAAAQBAJ&pg=PR11. 
  5. ^ a b Ivanishvili's Political Party Launched. Civil Georgia. 21 April 2012. Retrieved 12 May 2012.
  6. ^ Shevchenko hangs up boots for politics, AFP (28 July 2012)
  7. ^ Barry, Ellen (2012年10月2日). “Georgia’s President Concedes Defeat in Parliamentary Election”. Georgia (Georgian Republic): NYTimes.com. 2012年12月7日閲覧。
  8. ^ “Georgia’s election: Pain and grief in Georgia”, The Economist, (29 September 2012), http://www.economist.com/node/21563789 
  9. ^ de Waal, Thomas (11 September 2012), A Crucial Election in Georgia, Carnegie Endowment for International Peace, http://carnegieendowment.org/2012/09/11/crucial-election-in-georgia/drlp 
  10. ^ de Waal, Thomas (26 September 2012), “Georgia Holds Its Breath”, Foreign Policy, http://www.foreignpolicy.com/articles/2012/09/26/georgia_holds_its_breath?page=0,0 
  11. ^ Topic Galleries”. baltimoresun.com. 2012年12月7日閲覧。
  12. ^ Georgia On Brink: Odd Parliamentary Election Leads To Angst Over Results”. Ibtimes.com. 2012年12月7日閲覧。