グルタミン酸-1-セミアルデヒド-2,1-アミノムターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
グルタミン酸-1-セミアルデヒド-2,1-アミノムターゼ
2epj.jpg
識別子
EC番号 5.4.3.8
CAS登録番号 68518-07-0
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBj PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

グルタミン酸-1-セミアルデヒド-2,1-アミノムターゼ(Glutamate-1-semialdehyde 2,1-aminomutase、EC 5.4.3.8)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

L-グルタミン酸-1-セミアルデヒド\rightleftharpoons5-アミノレブリン酸

従って、この酵素の1つの基質はL-グルタミン酸-1-セミアルデヒド、1つの生成物は5-アミノレブリン酸である。

この酵素は異性化酵素、特にアミノ酸基を転移する分子内トランスフェラーゼに分類される。系統名は、(S)-4-アミノ-5-オキソペンタン酸 4,5-アミノムターゼである。その他よく用いられる名前にglutamate-1-semialdehyde aminotransferase等がある。この酵素は、ポルフィリン及びクロロフィルIIの代謝に関与している。補因子として、ピリドキサールリン酸を必要とする。

構造[編集]

2007年末時点で、この酵素の10個の構造が解明されている。蛋白質構造データバンクのコードは、2CFB2E7U2EPJ2GSA2HOY2HOZ2HP12HP23GSB及び4GSAである。

出典[編集]

  • Gough SP and Kannangara CG (1978). “Biosynthesis of delta-aminolevulinate in greening barley leaves: glutamate 1-semialdehyde aminotransferase”. Carlsberg Res. Commun. 43 (3): 185–194. doi:10.1007/BF02914241.