グループGT2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
全日本スポーツカー耐久選手権でのポルシェ GT2

グループGT2(グループジーティーツー)は、自動車レースに使用する競技車両のカテゴリーの1つである。1999年で旧GT1が消滅し、旧GT2車両がGT1に改称しトップカテゴリーに設定された際に下位カテゴリーとして設立された。FIAによる正式な呼称は「Groupe GT2(仏語:グループ GT2)」であるが、日本国内ではあまり一般的な呼び方ではなく、「GT2クラス」もしく「FIA GT2」などと呼ぶことがほとんどである。

概要[編集]

市販スポーツカーを改造した車両がホモロゲーション(公認)の対象となる。改造範囲がGT1マシンにくらべて狭く、より市販車に近い[1]。世界のGTレースでワークス・プライベーター問わず運用された。

しかし勝てるマシンが限られたことから人気が衰退し、現在はACOが耐久レース向けのLM-GTEとして発展させたものを引き継いでいる。

歴史[編集]

  • 1999年 - 旧GT1の消滅により、旧GT2がGTカーのトップカテゴリーとなった際に設立[2]
  • 2005年 - クラス名を"GT2"に変更
  • 2010年 - レギュレーション変更、最低重量が増加。FIA GT2ヨーロッパ選手権として開催予定だったが、エントリーが集まらずFIAタイトルを冠する選手権としてのGT2カテゴリーが消滅
  • 2011年 - クラス名を"LM-GTE"に変更

レギュレーション[編集]

BMW M2 GT2

エンジン(排気量)

  • NA
    • 8Lまで(1999~2009)|5.5Lまで(2010~)
  • ターボ
    • 6Lまで(1999~2009)|4Lまで(2010~)

最低重量

  • 1,100kg(1999~2009)|1,145kg or 1,245kg(2010~)

駆動系、足回り

燃料タンク最大容量

  • 100L(1999~2009) | 90L(2010~)

導入を許可していたレース一覧[3][編集]

ホモロゲーション取得車両一覧(GT2規定)[編集]

スパイカー・C8 スパイダー GT2-R
パノス GT2

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ それでもGT3よりは改造範囲が広い
  2. ^ ル・マンでは"GT"として、FIA GT選手権では1年遅れで"N-GT"として設立。
  3. ^ SUPER GTでも出場可能だがあくまで特認車扱いの為除外

関連項目[編集]