グレイソン・グレイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グレイソン・グレイナー
Grayson Greiner
デトロイト・タイガース #17
Grayson Greiner (32830206797) (cropped).jpg
2019年4月30日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 サウスカロライナ州コロンビア
生年月日 (1992-10-11) 1992年10月11日(27歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
239 lb =約108.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2014年 MLBドラフト3巡目
初出場 2018年5月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

グレイソン・ジェームズ・グレイナーGrayson James Greiner, 1992年10月11日 - )は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州コロンビア出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBデトロイト・タイガース所属。

経歴[編集]

2014年MLBドラフト3巡目(全体99位)でデトロイト・タイガースから指名され、プロ入り。契約後、傘下のA級ウェストミシガン・ホワイトキャップス英語版でプロデビュー。26試合に出場して打率.322、2本塁打、16打点を記録した。

2015年はA+級レイクランド・フライングタイガース英語版でプレーし、89試合に出場して打率.183、3本塁打、21打点を記録した。

2016年はA+級レイクランド、AA級エリー・シーウルブズ、AAA級トレド・マッドヘンズでプレーし、3球団合計で91試合に出場して打率.293、7本塁打、42打点、1盗塁を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、ソルトリバー・ラフターズ英語版に所属した。

2017年はAA級エリーとAAA級トレドでプレーし、2球団合計で103試合に出場して打率.237、14本塁打、44打点を記録した。オフの11月20日にルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした[1]

2018年は開幕をAAA級トレドで迎えた。5月4日にメジャー初昇格を果たし[2]、6日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦にて「8番・捕手」で先発出場してメジャーデビュー(結果は4打数1安打)[3]。この年メジャーでは30試合に出場して打率.219、12打点を記録した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2018 DET 30 116 96 9 21 6 0 0 27 12 0 1 0 3 17 0 0 32 0 .219 .328 .281 .609
2019 58 224 208 18 42 5 1 5 64 19 0 0 1 1 13 0 1 70 5 .202 .251 .308 .559
MLB:2年 88 340 304 27 63 11 1 5 91 31 0 1 1 4 30 0 1 102 5 .207 .277 .299 .577
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



捕手(C)






















2018 DET 30 238 12 1 1 .996 3 22 17 5 .227
2019 58 478 23 5 2 .990 4 51 38 13 .255
MLB 88 716 35 6 3 .992 7 73 55 18 .247
  • 2019年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 17(2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Anthony Fenech (2017年11月20日). “Tigers add seven prospects to 40-man roster, sign LHP Ryan Carpenter” (英語). Detroit Free Press. 2019年6月30日閲覧。
  2. ^ Evan Woodbery (2018年5月4日). “Tigers calling up catcher Grayson Greiner after injury to Miguel Cabrera” (英語). MLive.com. 2019年6月30日閲覧。
  3. ^ Detroit Tigers at Kansas City Royals Box Score, May 6, 2018” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年6月30日閲覧。

関連項目[編集]