グレガー・フォイテク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グレガー・フォイテク
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
F1での経歴
活動時期 1989-1990
所属チーム '89 ユーロブルン
'89 リアル
'90 ブラバム
'90 オニクス
出走回数 22 (7スタート)
タイトル 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1989年ブラジルGP
最終戦 1990年ハンガリーGP
テンプレートを表示

グレガー・フォイテクGregor Foitek1965年3月27日 - )はスイス生まれの元F1ドライバー。

略歴[編集]

1986年にスイスで行われているヒルクライム形式のF3でチャンピオンを獲得し、その年の終盤から国際F3000にステップアップ。F3000では2年間の活動の間に1勝している。しかし荒い運転で他のドライバーからの評判は悪く、1988年ブランズ・ハッチで行われたレースでは無理な追い越しをかけたことがきっかけとなり多重事故を引き起こし、この事故によりジョニー・ハーバートが右足複雑骨折の大怪我を負う事となった。

スポーツカーレーサーのカール・フォイテクは彼の父である。

F1[編集]

1989年ジャッドエンジンを使用するユーロブルンからF1参戦を開始したが、マシンの性能不足によりほとんどのレースで予備予選落ちを喫した。

その後も1989年にはリアル1990年にはブラバムオニクスと中位、下位チームを動いたが、オニクスでの7位(1990年モナコGP)を最高位に、ポイント獲得を果たせぬままF1を去った。

その後[編集]

F1引退後はスポーツカー世界選手権(SWC)、CART(現・チャンプカー)にスポット参戦をしている。またスイスでフェラーリディーラーを経営している。