グレグ・リチャードソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グレグ・リチャードソン
基本情報
本名 グレグ・リチャードソン
通称 The Flea
階級 バンタム級
身長 168cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1958-02-07) 1958年2月7日(59歳)
出身地 オハイオ州ヤングスタウン
プロボクシング戦績
総試合数 40
勝ち 31
KO勝ち 5
敗け 8
引き分け 1
テンプレートを表示

グレグ・リチャードソンGreg Richardson1958年2月7日 - )は、アメリカ合衆国男性プロボクサーオハイオ州ヤングスタウン出身。元WBC世界バンタム級王者。フットワークを多用し動き回るファイトスタイルから、「フレア(flea:ノミ)」のニックネームで呼ばれた。

来歴[編集]

アマチュアボクシングでナショナル・ゴールデン・グローブフライ級王者(1974年)などの戦績を残した。

1982年2月22日、アメリカでプロデビュー。

1984年9月20日、17戦目でNABF北米バンタム級王座を獲得した。

1985年6月4日、20戦目で1階級上のUSBA全米ジュニアフェザー級王座を獲得した。

1987年7月10日、25戦目でWBC世界ジュニアフェザー級王者ジェフ・フェネックに挑戦し、5回TKO負けで世界王座獲得ならず。

1987年11月20日、USBA全米ジュニアフェザー級タイトルマッチで無敗の挑戦者ジェシー・ベナビデスと対戦し、12回判定負けで王座から陥落した。

1990年11月12日、階級を元に戻しUSBA全米バンタム級王座を獲得した。

1991年2月25日、32戦目でWBC世界バンタム級王者ラウル・ペレスに挑戦し、12回判定勝ちで世界王座を獲得した。

1991年5月20日、初防衛戦でビクトル・ラバナレスと対戦し、12回判定勝ちで防衛に成功した。

1991年9月19日、2度目の防衛戦で辰吉丈一郎と対戦し、10回終了時TKO負けで王座から陥落した。

1992年10月31日、1階級下のWBC世界ジュニアバンタム級王者文成吉に挑戦し、12回判定負けで世界2階級制覇ならず。

1996年6月5日の試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

前王者
ラウル・ペレス
WBC世界バンタム級王者

1991年2月25日 - 1991年9月19日

次王者
辰吉丈一郎