グレナーサー男爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
グレナーサー男爵
Glenarthur Achievement.png
Argent, three Bars wavy Azure, over all a Whale hauriant Sable. Crest Out of a Naval Crown Or, a Demi-Wolf Azure. Supporters On either side a Sea-Griffin Or.
創設時期 1918年6月27日
創設者 ジョージ5世
貴族 連合王国貴族
初代 マシュー・アーサー
現所有者 サイモン・アーサー
相続資格 初代男爵の嫡出直系男子
付随称号 (エア州カーラングの)准男爵
紋章標語 Fac Et Spera[1]

グレナーサー男爵(:Baron Glenarthur)は、 英国の男爵、貴族。連合王国貴族爵位

爵位名は初代男爵の父で商人ジェイムズ・アーサーの姓と母で慈善家ジェイン・グレン英語版(1827-1907)[2]の姓にちなむ。

歴史[編集]

アーサー家は初代男爵の父ジェイムズ・アーサー[註釈 1]の頃よりグラスゴー商人を業とする一族である。

その息子で実業家のマシュー・アーサー(1852-1928)1903年1月10日(エア州カーラングの)准男爵(baronet, of Carlung in the County of Ayr)[4]、ついで1918年6月27日エア州カーラングのグレナーサー男爵(Baron Glenarthur of Carlung in the County of Ayr)に叙された。[5]


そのひ孫にあたる第4代男爵サイモンは、サッチャー政権において外務・英連邦担当大臣英語版[註釈 2]内務政務次官英語版を歴任したほか、1999年貴族院法制定以降も貴族院に籍を置く92人の世襲貴族の一人である。

現当主である4代男爵はキンカーディンシャー州、バンハリー英語版(Banchory)に居住している。[6]

グレナーサー男爵(1918)[編集]

  • 初代グレナーサー男爵マシュー・アーサー (1852–1928)
  • 第2代グレナーサー男爵ジェイムズ・セシル・アーサー(1883–1942)
  • 第3代グレナーサー男爵マシュー・アーサー (1909–1976)
  • 第4代グレナーサー男爵サイモン・マーク・アーサー (1944-)

法定推定相続人は現当主の息子であるエドワード・アレクサンダー・アーサー (1973-)。

脚注[編集]

註釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 彼は老舗百貨店ハウス・オブ・フレーザー創業者の1人であり、主にアパレル業を展開して身をなした。[3]
  2. ^ 担当大臣という呼称だが、本邦の外務副大臣に相当する閣僚職である。

出典[編集]

  1. ^ Burke's Peerage. 1949.
  2. ^ "Jane Arthur". Mapping Memorials to Women in Scotland.
  3. ^ ABACUS, Scott Graham -. "TheGlasgowStory: Jane Arthur". www.theglasgowstory.com. Retrieved 13 May 2018.
  4. ^ https://www.thegazette.co.uk/Edinburgh/issue/11467/page/1296
  5. ^ https://www.thegazette.co.uk/London/issue/30781/page/7940
  6. ^ http://www.cracroftspeerage.co.uk/glenarthur1918.htm

関連項目[編集]