グレプ・スヴャトスラヴィチ (ブリャンスク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グレプ・スヴャトスラヴィチ
Глеб Святославич
ブリャンスク公
在位 1333年 - 1340年

死去 1340年12月6日
家名 リューリク家
父親 ブリャンスク公スヴャトスラフ
テンプレートを表示

グレプ・スヴャトスラヴィチロシア語: Глеб Святославич、? - 1340年12月6日)は、ブリャンスク公スヴャトスラフの子である。ブリャンスク公(在位:1333年 - 1340年)。

生涯[編集]

1333年、ジョチ・ウルス軍と共に、スモレンスクにおいてブリャンスク公ドミトリー(ru)を攻撃するが敗北した。なお、この戦いの後、ブリャンスク公ドミトリーとスモレンスク公イヴァンとの間に和議が成立している。また同年イヴァンの支援によって、グレプはブリャンスク公位を獲得した。その後7年間、グレプはブリャンスク公国を統治した。

ブリャンスクのレートピシ年代記)によると、キエフと全ルーシの府主教(ru)フェオグノスト(ru)の仲裁にもかかわらず、ブリャンスクのヴェーチェ(民会)によって、グレプは殺害されたと記されている。

[編集]

グレプの子に関する史料は発見されていない。S.ヴェセロフスキー(ru)は、プスコフ公アレクサンドル(ru)はグレプの子であり、モスクワ大公国ボヤーレ(貴族)の家系であるフセヴォロジュ家(ru)もまたグレプの子孫とみなしているが[1]、これについては異説もある[2]

出典[編集]

  1. ^ Веселовский С. Б. Исследования по истории класса служилых землевладельцев. — С. 331—333.
  2. ^ Кузьмин А. В. Фамилии, потерявшие княжеский титул.. — С. 707—713.

参考文献[編集]

  • Веселовский С. Б. Исследования по истории класса служилых землевладельцев. — М.: Наука, 1969.
  • Кузьмин А. В. Фамилии, потерявшие княжеский титул в XIV — 1-й трети XV в. (Ч. 1: Всеволож Заболоцкие, Волынские, Липятины) // Герменевтика древнерусской литературы. Выпуск 11. — М.: Языки славянской культуры; Прогресс-традиция, 2004.
先代:
ドミトリー
ブリャンスク公
1333年 - 1340年
次代:
ドミトリー