グレン・ダンジグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
グレン・ダンジグ
Glenn Danzig
Danzig - Wacken Open Air 2018 24.jpg
ダンジグ - ドイツ・ヴァッケン公演(2018年8月)
基本情報
出生名 Glenn Allen Anzalone
生誕 (1955-06-23) 1955年6月23日(65歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州ローディ
ジャンル ヘヴィメタル
ハードコアパンク
ハードロック
ブルースロック
ほか多数
職業 ミュージシャンボーカリスト
担当楽器 ボーカル、ギター、ベース、キーボード、ドラムス
活動期間 1977年 - 現在
レーベル Plan 9 Records
Evilive Records
キャロライン・レコード
共同作業者 ダンジグ
ミスフィッツ
サムヘイン
公式サイト danzig-verotik.com

グレン・ダンジグ(Glenn Danzig、1955年6月23日 - )は、アメリカ合衆国出身のロックミュージシャンボーカリストマルチプレイヤー

ヘヴィメタルバンドダンジグ」の主宰として知られる。ほか、ハードコア・バンド「ミスフィッツ」や「サムヘイン」のフロントマンも務めた。

(※この項目では、ヘヴィメタル・バンド「ダンジグ」も後述する)

概要・略歴[編集]

ステージ外の素顔(1996年)

1977年ハードコアパンクバンドミスフィッツ」(Misfits)を結成し音楽活動を開始[1]

1983年、バンド内の不協和音によりミスフィッツは解散。直後から、デスロック要素の強いハードコア・バンド「サムヘイン」(Samhain)を結成し、1987年まで活動。

その後は、自らを冠したソロプロジェクト「ダンジグ」(Danzig)を始動する。初期の作品は大手レーベル「American Recordings(Def American)」を主宰するリック・ルービンがプロデュースを務め、高いセールスを記録した。個人では、自主レーベル「Plan 9 Records」や「Evilive Records」を設立。1992年に初のソロ作品をリリースしている。

しかしこれまでの間、自身と旧ミスフィッツメンバー達の間で、バンドの権利を巡り長期間の法廷闘争が勃発している。最終的に旧メンバー側が勝訴し、1995年から旧メンバー主導のミスフィッツが再始動。当然の如く自身とは絶縁状態となる。それから約20年後、旧メンバーと和解し2016年から古巣ミスフィッツへ33年ぶりに復帰した[2]

ダンジグ・バンド[編集]

ダンジグ
Danzig
Danzig - Wacken Open Air 2018 05.jpg
ドイツ・ヴァッケン公演(2018年8月)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州
ジャンル ヘヴィメタル
ブルースロック
ハードロック
オルタナティヴメタル
ドゥームメタル
インダストリアルメタル
ほか
活動期間 1987年 - 現在
レーベル Evilive Records
Def American/American Recordings
ハリウッド・レコード
E-Magine Records
Spitfire Records
ジ・エンド・レコード
ニュークリア・ブラスト
Cleopatra Records
公式サイト danzig-verotik.com
メンバー グレン・ダンジグ
トミー・ビクター
スティーヴ・ズィング
ジョニー・ケリー

ダンジグ(Danzig)は、グレン・ダンジグが主宰するソロプロジェクト、およびヘヴィメタルバンド。ダークネスなスタイルを展開し、デビューアルバムは全米だけで100万枚以上のセールスを記録した。時代の変遷によって、グレン本人がその都度やりたい音楽を実践している。

メンバー[編集]

※2020年6月時点

現ラインナップ[編集]

  • グレン・ダンジグ (Glenn Danzig) - ボーカル/マルチプレイ (1987– )
  • トミー・ビクター (Tommy Victor) - ギター (1996–1997, 2002–2005, 2008– )
  • スティーヴ・ズィング (Steve Zing) - ベース (2006– )
  • ジョニー・ケリー (Johnny Kelly) - ドラムス (2002–2003, 2005– )

旧メンバー[編集]

  • ジョン・クライスト (John Christ) - ギター (1987–1995)
  • イエリー・フォン (Eerie Von) - ベース (1987–1995)
  • チャック・ビスキッツ (Chuck Biscuits) - ドラムス (1987–1994)
  • ジョーイ・カスティロ (Joey Castillo) - ドラムス (1994–2002)
  • マーク・シャッシー (Mark Chaussee) - ギター (1996)
  • ジョシュ・レズニック (Josh "Lazie" Resnik) - ベース (1996–1997, 1998–2000)
  • デイヴ・クシュナー (Dave Kushner) - ギター (1997)
  • ロブ・ニコルソン (Rob "Blasko" Nicholson) - ベース (1997–1998)
  • ジェフ・チェンバーズ (Jeff Chambers ) - ギター (1998–1999)
  • トッド・ユース (Todd Youth) - ギター (1999–2003, 2007–2008)
  • ハウイー・パイロ (Howie Pyro) - ベース (2000–2003)
  • チャーリー・ジョンソン (Charlee "X" Johnson) - ドラムス (2002)
  • ビーヴァン・デイヴィス (Bevan Davies) - ドラムス (2003–2005)
  • ジェリー・モンターノ (Jerry Montano) - ベース (2003–2006)
  • ジョー・フラウロブ (Joe Fraulob) - ギター (2005–2006)
  • ケニー・ヒッキー (Kenny Hickey) - ギター (2006–2007)

ディスコグラフィ[編集]

ソロ[編集]

スタジオアルバム

ダンジグ[編集]

スタジオアルバム

ライブアルバム

  • Live on the Black Hand Side2001年

ミスフィッツ[編集]

スタジオアルバム

  • Walk Among Us1982年
  • Earth A.D.1983年
  • Static Age1996年)- お蔵入りしていた1978年の未発表作品。完全版としてボックスセット『The Misfits』(1996年)に収録

サムヘイン[編集]

スタジオアルバム

脚注[編集]

[脚注の使い方]