グレート・アントニオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グレート・アントニオ
グレート・アントニオの画像
プロフィール
リングネーム グレート・アントニオ
本名 Antonio Barichievich
(Anton Baričević)
ニックネーム 密林男
怪物
身長 188cm - 193cm
体重 160kg - 210kg
誕生日 1925年10月10日
死亡日 (2003-09-07) 2003年9月7日(77歳没)
出身地 クロアチアの旗 クロアチア
Flag of Zagreb.svg ザグレブ
テンプレートを表示

グレート・アントニオThe Great Antonio、本名:Antonio Barichievich1925年10月10日 - 2003年9月7日)は、カナダプロレスラークロアチアザグレブ出身[1]

来歴[編集]

1945年クロアチア併合後のユーゴスラビアからカナダノバスコシア州ハリファックスに移住[1]。怪力自慢のストロングマンとしてスポーツ・エンターテイメントのキャリアを開始し、1952年には433トンの列車を19.8メートル引っ張ったとしてギネス世界記録に載ったという[1]

サーカスやカーニバルのアトラクションへの出演を本業としつつプロレスのリングにも上がり、1959年テキサスダラス地区を皮切りに、カナダやアメリカの各テリトリーを転戦[2]カルガリーではモーリスポールのバション兄弟を相手にハンディキャップ・マッチを行い[3]トロントではジン・キニスキーハードボイルド・ハガティ[4]ミネアポリスではバーン・ガニアと対戦[5]。ミネアポリス地区(後のAWA)のカナダでの拠点だったウィニペグでは、10月2日にヘイスタック・カルホーンとの超巨漢対決も実現している[5]

1960年は5月から9月にかけてニューヨーク地区(後のWWWF)に出場し、ブルーノ・サンマルチノアントニオ・ロッカリッキー・スターベアキャット・ライトらと対戦[6]ヒールのポジションでパンピロ・フィルポドクター・ジェリー・グラハムワルドー・フォン・エリックともタッグを組んだ[6][7]

1961年5月、グレート東郷のブッキングで初来日し、日本プロレスの『第3回ワールド大リーグ戦』に参戦。6月2日には蔵前国技館にて力道山インターナショナル・ヘビー級王座に挑戦した[8]。来日時は、神宮外苑で満員の大型バス3台(三菱ふそう車)を引っ張るというデモンストレーションを行い話題を集めた[2][9]。しかし、試合自体は実力が伴わず、力道山とのタイトルマッチも2-0のストレート負け[10]。また、観客動員への貢献を鼻にかけ、ボーナスの支払いや契約の延長を要求するなど増長した態度を見せたため、同シリーズに来日していたミスターXカール・クラウザーに制裁を加えられ、契約満了をもってシリーズ途中で帰国している(契約最終日となった6月9日の高松大会では、リング上でもミスターXから制裁を受けたという)[2][10]

帰国後はオクラホマ地区を経て、10月にテキサスのアマリロ地区に登場。10月12日には当時ドリー・ファンク・シニアが保持していたアマリロ版のNWA北米ヘビー級王座に挑戦している[11]。その後、同月26日のミスター・クリーン戦を最後に北米での試合記録は残っておらず、サーカス業界に戻ったとされる[2](カナダでは、1971年にカルガリーのスタンピード・レスリングに出場していたともされる[1])。

1977年10月、新日本プロレスの『闘魂シリーズ第2弾』開幕戦に突如乱入。16年ぶりの再来日を果たし、最終戦の12月8日に蔵前国技館でアントニオ猪木と対戦するも惨敗した[9][10][12]。この再来日時にもバスを引っ張るデモンストレーションを行ったが、北海道室蘭市道南バス観光バス1台(日産ディーゼル車)を引っ張ったにとどまった。

2003年9月7日、晩年の居住地だったモントリオールにて、心臓発作により死去[1]。77歳没。モントリオールでは晩年の20年程を過ごしていたが、地元では奇矯な行動をする人物英語版として愛されていた人物であったといい、死後に彼を顕彰する壁画やベンチなどが市民により作られている。彼の晩年の蒐集物は「長年に渡りメモされてきた紙切れ、世界中の書物の切り抜き、そしてゴミ袋」であったといい、彼の死後にその膨大な蒐集物の中からビル・クリントンの事務所からの手紙や、ピエール・トルドーライザ・ミネリリー・メジャースソフィア・ローレンジョニー・カーソンらの古い写真などが発見されたという[1]。グレート・アントニオの名はカナダ人の間では著名な存在であり、カナダ出身の著述家であるイリース・グラベル英語版は、彼を題材とした子供向けの絵本を描き、カナダを拠点にする音楽グループであるMes Aïeux英語版は2008年、ザ・バール・ブラザース英語版は2017年に、それぞれ彼を題材とした楽曲を発表している。

得意技[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Finishes (RIP) - The Great Antonio”. Cauliflower Alley Club. 2012年5月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 『Gスピリッツ Vol.30』P59-61(2014年、辰巳出版、ISBN 4777812669)
  3. ^ The Stampede matches fought by The Great Antonio in 1959”. Wrestlingdata.com. 2014年2月6日閲覧。
  4. ^ The MLW matches fought by The Great Antonio in 1959”. Wrestlingdata.com. 2014年2月6日閲覧。
  5. ^ a b The MBWC matches fought by The Great Antonio in 1959”. Wrestlingdata.com. 2014年2月6日閲覧。
  6. ^ a b The CWC matches fought by The Great Antonio in 1960”. Wrestlingdata.com. 2016年1月14日閲覧。
  7. ^ The CWC matches fought by The Great Antonio in 1960 (2)”. Wrestlingdata.com. 2016年1月14日閲覧。
  8. ^ JWA 1961 The 3rd Annual World Big League”. Puroresu.com. 2016年1月14日閲覧。
  9. ^ a b 週刊ゴング増刊号『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P37(2002年、日本スポーツ出版社
  10. ^ a b c 週刊ゴング増刊号『世界名レスラー100人伝説!!』P42(2003年、日本スポーツ出版社、総合監修:竹内宏介
  11. ^ The Amarillo matches fought by The Great Antonio in 1961”. Wrestlingdata.com. 2016年1月14日閲覧。
  12. ^ NJPW 1977 Toukon Series II”. Puroresu.com. 2016年1月14日閲覧。