グレート・ウェスタン・レールウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
GWR塗装のHST(ブリストル・テンプル・ミーズ駅)
ファースト・グレート・ウェスタン時代の180形気動車(バース・スパ駅)

グレート・ウェスタン・レールウェイ (Great Western Railway、GWR) は、イギリスの列車運行会社で、イングランド西部・南西部およびウェールズ南部の路線を運営している。親会社はバス・鉄道最大手のファーストグループ。2015年9月20日にファースト・グレート・ウェスタン (First Great Western、FGW) から社名を変更した。

ロンドンのターミナル駅はパディントン駅。イギリス国内で運行されている寝台列車2つのうちのひとつ、ナイト・リビエラを運行している。またヒースロー・エアポート・ホールディングスとの合弁事業ヒースロー・コネクトを運行している。

歴史[編集]

イギリス国鉄の民営化の一環として、1996年2月よりグレート・ウェスタン本線を基幹にロンドンからイングランド南西部、ウェールズ南部への長距離都市間列車を担当するグレート・ウェスタン・トレインズ(Great Western Trains)として運行を開始した。1998年12月にはファーストフループによる買収でブランド名をファースト・グレート・ウェスタン(First Great Western、FGW)へと変更しているが、社名は買収以前と同名のグレート・ウェスタン・トレインズ会社 (Great Western Trains Company Limited) であった。

ロンドン西郊やオックスフォードなどへの列車はゴー・アヘッドグループのテムズ・トレインズ(Thames Trains)により運行されていたが、2004年4月にファーストグループのファースト・グレート・ウェスタン・リンク(First Great Western Link)に営業権が移行し、姉妹会社となった。イングランド南西部のローカル列車はナショナル・エクスプレス (National Express) グループ傘下のウェセックス・トレインズにより運行された。

2006年4月1日より、ファースト・グレート・ウェスタンとファースト・グレート・ウェスタン・リンク、ウェセックス・トレインズの3社のフランチャイズが「グレーター・ウェスタン」に統合され、営業権が1社に集約された。営業権への競争入札にはファーストグループと、ナショナル・エクスプレス、ステージコーチ・グループ (Stagecoach Group) が参加し、ファーストグループが営業権を獲得した。以降、正式社名はFirst Greater Western Ltdとされているが、都市間列車、ロンドン近郊列車、ローカル列車ともにブランド名は一貫してファースト・グレート・ウェスタンの名称が使用されている。

2015年9月20日、社名をかつてのグレート・ウェスタン鉄道にちなむグレート・ウェスタン・レールウェイ(GWR)に変更した。車両の塗装も新たに旧GWRを意識した濃緑色を採用している。

車両[編集]

800形(クラス800)
166形
158形

都市間輸送用[編集]

殆どの都市間輸送用に使用していたが、2017年より800形および802形による更新が始まり、短編成及びリニューアルにより地方都市同士を結ぶ列車(例:カーディフ-トーントン間)での運用が始まっている。

過去に使用された車両[編集]

2000年から2001年に掛けてHSTの更新を目的として14編成が導入されたが、技術上の問題から、2008年から2009年に掛けてリースバックされ、現在は全編成がグランド・セントラル英語版又はハル・トレイン英語版で使用されている。

ロンドン近郊用[編集]

イングランド西部方面[編集]