グレープベスト16

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
グレープベスト16
グレープベスト・アルバム
リリース
ジャンル ニューミュージック
レーベル ワーナー・パイオニア
グレープ 年表
グレープ わすれもの せせらぎ コミュニケーション
1977年
夢供養(さだまさし)
1979年
トゥリー・オブ・ライフ(茶坊主)
1976年
グレープベスト16
1979年
あの頃について -シーズン・オブ・レーズン-(レーズン)
1991年
随想録(さだまさし)
1979年
My tune My turn masami(吉田政美)
1991年
テンプレートを表示

グレープベスト16』は、1979年6月25日にリリースされたフォーク・デュオ・グレープの解散後にリリースされたコンピレーション・アルバムである。カセット・テープのみで企画されたため、厳密にはグレープのオリジナル・アルバムとは言い難い。

カセット・テープの概要[編集]

ワーナー・パイオニアの独自の企画であり、グレープが通常のベスト・アルバムのリリースを嫌ったため、彼らの初のベスト・アルバムとなる。シングル曲を中心として、6枚のシングル盤A面・B面あわせて12曲中11曲が収録されている。「雪の朝」のB面曲「虹がかかったら」のみ収録されなかったものの、同曲の原曲である「蝉時雨」が収録されている。残る4曲中、吉田の作品は「絵踊り」1曲のみである。

収録曲[編集]

Side-1

  1. 精霊流し
  2. 朝刊
  3. ほおずき
  4. 残像
  5. 雪の朝
  6. 蝉時雨
  7. 19才
  8. 縁切寺

Side-2

  1. 無縁坂
  2. 雲にらくがき
  3. 哀しきマリオネット
  4. 絵踊り
    作詞・作曲:吉田正美
  5. 哀しみの白い影
  6. ひとり占い
  7. 交響楽(シンフォニー)
  8. 追伸
  • 「絵踊り」以外は、すべて作詞・作曲:さだまさし。