グロースターク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
グロースターク
欧字表記 Graustark
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1963年4月7日[1][2]
死没 1988年8月21日[1]
リボー
フラワーボウル
母の父 アリバイ
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ケンタッキー州
生産 ジョン・W・ゴルブレス[1][2]
馬主 Darby Dan Farm[1]
調教師 ロイド・ジェントリー・ジュニア[1]
競走成績
生涯成績 8戦7勝[1][2]
獲得賞金 75,904ドル[1][2]
テンプレートを表示

グロースタークGraustark1963年 - 1988年)はアメリカ合衆国競走馬種牡馬。全弟にアメリカリーディングサイアーヒズマジェスティ、半姉にアメリカ殿堂馬ボウルオブフラワーズがいる。名前の由来はジョージ・バールの小説より[1]

現役時代は短距離を中心に8戦7勝。ほとんどのレースが圧勝で、75,904ドルの賞金を稼ぎ出した。

経歴[編集]

デビュー前から手綱を抑えたまま5ハロンを58秒4、6ハロンを1分11秒8と驚異的な調教タイムを出して注目を集めており[3]、2歳時には3戦して全勝、アーリントンパーク競馬場のアーチワードステークスを不良馬場の中6馬身差で優勝している。しかしシンスプリントを発症して戦線離脱、バックパサーに次ぐ全米2歳ランキング2位にランクされた。

明けて3歳シーズンはフロリダから始動し、バハマステークスを含めて連勝を7に伸ばしていた。しかし、8戦目に迎えたブルーグラスステークスを前に左前肢の蹄鉄打ち間違えにより故障が発生、その状態でレースを強行したが、エイブズホープのハナ差2着に敗れた[3][4]。結局この故障が原因で引退、バックパサーと同世代だったがいちども対戦せずに終わった。なお、この馬やバックパサー、ダマスカスドクターフェイガーにレースでの騎乗経験があるブラウリオ・バエザは、自分が騎乗した中で最も強かった馬は何かという質問に「グロースタークです、何の迷いもなくそう言い切れます」とこの馬の名前を挙げた[5]

引退後は240万ドルのシンジケートを組まれて種牡馬入りし[1]、プラウドトゥルース、キートゥーザミント、アヴァター、カラコレロらを輩出し成功、1972年にはアメリカ種牡馬ランキング6位にランクされた。母の父としてはそれ以上の成績を収め、イギリスでは1985年に、アメリカでは1988年にリーディングブルードメアサイアーに輝いている。

グロースタークは1988年に死亡するまで種牡馬活動を行っていた。埋葬地は繋養されていたダービーダンファーム[1]

主な勝ち鞍[編集]

  • バハマステークス、アーチワードステークス
  • 2着 - ブルーグラスステークス

主な産駒[編集]

血統表[編集]

グロースターク血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 リボー系
[§ 2]

Ribot
1952 鹿毛
父の父
Tenerani
鹿毛 1944
Bellini Cavaliere d'Arpino
Bella Minna
Tofanella Apelle
Try Try Again
父の母
Romanella
栗毛 1943
El Greco Pharos
Gay Gamp
Barbara Burrini Papyrus
Bucolic

Flower Bowl
鹿毛 1952
Alibhai
栗毛 1938
Hyperion Gainsborough
Selene
Teresina Tracery
Blue Tit
母の母
Flower Bed
黒鹿毛 1946
Beau Pere Son-in-Law
Cinna
Boudoir Mahmoud
Kampala
母系(F-No.) (FN:4-d) [§ 3]
5代内の近親交配 Tracery 5x4 [§ 4]
出典
  1. ^ [6], [7]
  2. ^ [7]
  3. ^ [6], [7]
  4. ^ [6], [7]


脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 栗山求『血統史たらればなし』エンターブレイン、2016年。ISBN 978-4-04-734112-8。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Avalyn Hunter. “Graustark (horse)”. American Classic Pedigrees. 2021年5月24日閲覧。
  2. ^ a b c d Graustark (KY)”. EQUIBASE. 2021年5月24日閲覧。
  3. ^ a b 栗山 p.217
  4. ^ Whitney Tower (1966年5月9日). “THE RACE THAT SCRAMBLED THE DERBY”. SI.com. Sports Illustrated. 2021年5月24日閲覧。
  5. ^ 栗山 p.218
  6. ^ a b c 血統情報:5代血統表|Graustark(USA)|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ(JBIS-Search). 日本軽種馬協会. 2021年5月24日閲覧。
  7. ^ a b c d Graustarkの血統表”. netkeiba.com. 2021年5月24日閲覧。