グローバル・ジュニア・ヘビー級リーグ戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

GLOBAL Jr. LEAGUE(グローバル・ジュニア・リーグ)は、プロレスリング・ノア主催のジュニアヘビー級の選手によるシングルのリーグ戦。

この記事では、2009年に開催されたジュニアヘビー級リーグ戦(ジュニアヘビーきゅうリーグせん)、2015年に開催されたグローバルジュニアヘビー級リーグ戦(グローバルジュニアヘビーきゅうリーグせん)の大会結果も記載している。

概要[編集]

試合はGHC選手権ルールに基づいて、30分1本勝負で行われる。勝ちが2点、時間切れ引き分けが1点、その他のあらゆる引き分け、または負けを0点として予選リーグを2ブロックで行い、それぞれの首位の選手が決勝戦を行う[1]

大会結果[編集]

ジュニアヘビー級リーグ戦[編集]

開催年 優勝 準優勝 出場選手(Aブロック) 出場選手(Bブロック) 出場選手(Cブロック) 出場選手(Dブロック)
2009年 金丸義信 獣神サンダー・ライガー新日本プロレス KENTA
鈴木鼓太郎
リッキー・マルビン
中嶋勝彦健介オフィス
デリリアスROH
金丸義信
石森太二
青木篤志
平柳玄藩
獣神サンダー・ライガー(新日本プロレス

グローバルジュニアヘビー級リーグ戦[編集]

開催年 優勝 準優勝 出場選手(Aブロック) 出場選手(Bブロック) 出場選手(Cブロック) 出場選手(Dブロック)
2015年 原田大輔 小峠篤司 小川良成
原田大輔
拳王
熊野準
ザック・セイバー・ジュニア(フリー)
エル・デスペラード(新日本プロレス)
田中翔(新日本プロレス)
石森太二
小峠篤司
平柳玄藩
大原はじめ
スペル・クレイジー(フリー)
TAKAみちのくKAIENTAI DOJO
ベンガラAAA

GLOBAL Jr. LEAGUE[編集]

開催年 優勝 準優勝 出場選手(Aブロック) 出場選手(Bブロック) 出場選手(Cブロック) 出場選手(Dブロック)
2018年 鈴木鼓太郎 (フリー) YO-HEY 原田大輔
タダスケ
大原はじめ
熊野準
諸橋晴也(フリー)
鈴木鼓太郎(フリー)
Hi69
田中稔(フリー)
HAYATA
YO-HEY
日高郁人プロレスリングZERO1
宮脇純太
2019年 HAYATA タダスケ 田中稔(フリー)
小川良成
原田大輔
タダスケ
YO-HEY
宮脇純太
鈴木鼓太郎(フリー)
Hi69
大原はじめ
HAYATA
熊野準
クリス・リッジウェイ(フリー)
2020年 原田大輔 ディック東郷みちのくプロレス HAYATA
小川良成
NOSAWA論外東京愚連隊
宮脇純太
鈴木鼓太郎(フリー)
タダスケ
覇王
ディック東郷みちのくプロレス
小峠篤司
YO-HEY
大原はじめ
熊野準
原田大輔
クリス・リッジウェイ(フリー)
田中稔(フリー)
仁王

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 第1回は各リーグ上位2名の計4名で決勝トーナメント戦。