グローリアスソング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グローリアスソング
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1976年
死没 2003年(27歳没)
Halo
Ballade
生国 カナダの旗 カナダ
生産 Edward P.Taylor
馬主 Hunt & Stronach
調教師 F.Stronach(カナダ)
→Gerald W.Belanger Jr.(アメリカ)
→John Cairns(アメリカ)
競走成績
生涯成績 34戦17勝
獲得賞金 1,004,534ドル
テンプレートを表示

グローリアスソング (Glorious Song) はカナダアメリカ合衆国の元競走馬繁殖牝馬。競走馬としても繁殖牝馬としても一流の成績を残した。1980年エクリプス賞最優秀古馬牝馬。

戦跡[編集]

3歳まで故郷であるカナダで走り、11戦8勝の成績をあげる。4歳以降は拠点をアメリカ合衆国に移し、スピンスターステークスなどG1競走を4つ、重賞競走8つに勝利した。5歳のシルヴァーベルズハンデキャップ(4着)を最後に引退、繁殖入りした。

年度別競走成績[編集]

  • 1978年(1戦1勝)
  • 1979年(10戦7勝) - オンタリオダムゼルステークス、ベルマホーンステークス、ワンダーウェアーステークス、メイプルリーフステークス
  • 1980年(11戦6勝) - ラカナダステークス (G1) 、サンタマルガリータステークス (G1) 、トップフライトハンデキャップ (G1) 、ミシガンマイルハンデキャップ (G2) 、ドミニオンデイハンデキャップ (G3)
  • 1981年(12戦3勝) - スピンスターステークス (G1) 、サンタマリアハンデキャップ (G2) 、ドミニオンデイハンデキャップ (G3)

繁殖入り後[編集]

引退後は繁殖入りし、G1競走勝ち馬のシングスピール(父インザウイングス)、重賞競走勝ち馬のラーイ(父ブラッシンググルーム)を輩出し、繁殖牝馬としても成功した。この2頭は種牡馬としても世界的に成功し、当馬の血を世界各地に広めた。また、競走成績は奮わなかったグランドオペラ(父ニジンスキー)も日本に輸入され、メイセイオペラを送り出すなど活躍し、同じく繁殖入り後に日本に輸入されたシャンソネット(父マークオブエスティーム)もNHKマイルカップ勝ち馬のダノンシャンティを産んだ。2003年7月に腸の手術を行うが回復が思わしくなく、安楽死の処置が執られた。

代表産駒[編集]

血統表[編集]

グローリアスソング血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系

Halo 1969
黒鹿毛 アメリカ
父の父
Hail to Reason 1958
黒鹿毛
Turn-to Royal Charger
Source Sucree
Nothirdchance Blue Swords
Galla Colors
父の母
Cosmah 1953
鹿毛
Cosmic Bomb Pharamond
Banish Fear
Almahmoud Mahmoud
Arbitrator

Ballade 1972
黒鹿毛 アメリカ
Herbager 1956
鹿毛
Vandale Plassy
Vanille
Flagette Escamillo
Fidgette
母の母
Miss Swapsco 1965
黒鹿毛
Cohoes Mahmoud
Belle of Troy
Soaring Swaps
Skylarking
母系(F-No.) (FN:12-c) [§ 2]
5代内の近親交配 Mahmoud S4×M4=12.50%、Blue Larkspur S5×S5×M5=9.38%、Firdaussi M5×M5=6.25% [§ 3]
出典
  1. ^ [1]
  2. ^ [1]
  3. ^ [1]

全弟デヴィルズバッグセイントバラード(詳細は同馬の頁参照)がいる。

出典[編集]

  1. ^ a b c 血統情報:5代血統表|Glorious Song(CAN)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年1月13日閲覧。