グングニル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
槍を携えて巫女の元を訪れるオーディン。(ローランス・フレーリク) 、1895年)
アース神族ヴァン神族との戦いの始まりに槍を投げるオーディン。(フローリク、1895年)

グングニル[1]古ノルド語: Gungnir、「揺れ動くもの」の意[2])は、北欧神話の主神オーディンが持つ。日本語ではグングニール[3]とも表記される[注釈 1]

神話での描写[編集]

ドヴェルグ鍛冶イーヴァルディの息子達によって作り出され[6]オーディントールフレイに品定めされた後、オーディンへ渡された[7]。 この槍は決して的を射損なうことなく[8]、敵を貫いた後は自動的に持ち主の手もとに戻る[9]。また、この槍を向けた軍勢には必ず勝利をもたらす[10]

グングニルの穂先はしばしばルーン文字が記される場所の1つとされている[11]

柄はトネリコで作られているとされる[12][13]。またある再話では、オーディンがミーミルの泉の水を飲んで知識を得た記念として、泉の上にまで伸びていたユグドラシルの枝を折ってグングニルを作ったともされている[4]

名称不明のオーディンの槍[編集]

古エッダの『巫女の予言[14]や『フンディング殺しのヘルギの歌II英語版[15]サガの『ヴォルスンガ・サガ』などでも、槍の名前こそ明らかにされていないものの、オーディンが持つ槍について言及されている。

巫女の予言』では、ヴァン神族との争いで、オーディンが槍を投げつける場面がある。ただし、この事件はグングニルが作られる以前とされる[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本での表記としてはこの他に、グングネル[4]ゴングナー[5]がみられる。

出典[編集]

  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』で確認した表記。
  2. ^ R.Siimek, p.124
  3. ^ 『北欧神話と伝説』(ヴィルヘルム・グレンベック著、山室静訳、新潮社、1971年、ISBN 978-4-10-502501-4、98頁)で確認した表記。
  4. ^ a b 『少年少女世界の名作文学 第39巻 北欧編2』、1967年、小学館、ASIN B000JBPPIW、338頁(篠原雅之「北欧神話」(オーディンと巨人の知恵くらべ))。
  5. ^ 『北欧の神々』(アナース・ベックステッズ著、岡崎晋訳、鷹書房〈北欧文庫II〉、1975年)にみられる表記。
  6. ^ 『エッダ』「詩語法」訳注、41–43頁。
  7. ^ 菅原、76–77頁。
  8. ^ 菅原、77頁。
  9. ^ 『虚空の神々』213頁。
  10. ^ 『世界の神々の事典』163頁。
  11. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』145頁(「シグルドリーヴァの歌」17)。
  12. ^ 武田龍夫『バイキングと北欧神話』117頁。
  13. ^ 『聖剣伝説』20頁。
  14. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』11頁(「巫女の予言」24節)。
  15. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』122頁(「フンディング殺しのヘルギの歌II」29節)。
  16. ^ 『虚空の神々』336–337頁「北欧神話年表」。グングニルが作られるより先にヴァン神族との戦争が起こったことになっている

参考文献[編集]

  • V.G.ネッケル他編『エッダ 古代北欧歌謡集』谷口幸男訳、新潮社、1973年、ISBN 978-4-10-313701-6。
  • 「スノリ『エッダ』「詩語法」訳注」谷口幸男訳、『広島大学文学部紀要』第43巻No.特輯号3、1983年。
  • 菅原邦城『北欧神話』東京書籍、1982年、ISBN 978-4-487-75047-4。
  • 健部伸明怪兵隊『虚空の神々』新紀元社Truth in Fantasy 6〉、1990年、ISBN 978-4-915146-24-4。
  • 佐藤俊之とF.E.A.R.『聖剣伝説』新紀元社〈Truth in Fantasy 30〉、1997年、ISBN 4-88317-302-X。
  • 松村一男『世界の神々の事典 神・精霊・英雄の神話と伝説』学研〈Books Esoterica 事典シリーズ 5〉、2004年、ISBN 4-05-603367-6。
  • Ridolf Simek, Dictionary of Northern Mythology Cambridge: D.S.Brewer, 2007.