グ・スーヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ぐ すーよん
グ スーヨン
グ スーヨン
生年月日 (1961-01-03) 1961年1月3日(58歳)
出生地 日本の旗 日本 山口県 下関市
国籍 大韓民国の旗 韓国
職業 CMディレクター
映画監督
小説家
作詞家
ジャンル 映画
主な作品
偶然にも最悪な少年
The焼肉ムービー プルコギ
ハードロマンチッカー
テンプレートを表示

グ・スーヨン(具 秀然、1961年1月3日 - )は日本CMディレクター映画監督小説家作詞家

来歴・人物[編集]

山口県下関市生まれの在日韓国人二世[1]。株式会社デルタモンドから株式会社サン・アドに移り、26歳でディレクターデビュー[1]

1994年にGOO TV CAMPANY ltd.設立[1]

2001年に『ハードロマンチッカー』で小説家デビュー[2]

2003年の『偶然にも最悪な少年』で映画初監督[1]

長編映画3作目となる[3]ハードロマンチッカー』が2011年10月に第24回東京国際映画祭で上映され[4]、同年11月に公開された[5]

監督作品[編集]

映画[編集]

CM[編集]

ドラマ[編集]

MV[編集]

『どうしようもない僕に天使が降りてきた』
『SPY』
『baby's growing up』
『まかせなさい』
『SMOKY』

書籍[編集]

作詞した主な提供楽曲[編集]

あきらめましょう
『追いかけてくる月』
『非常階段で踊る』
『地球が泣いている』
『鳥かごの中の僕』
『泣きたくなる』
『夢を見させて』
『流れ星』
『キスをした』
『天の川』
『プレゼント』
『信号』
『好きになれ』
『ハレルヤ』
『Old Fashioned Love Song』
『咲桜~さくら~』
『ちっぽけなボクにできること』
『伝えられなかったLOVE STORY』
『母』
『お願い』
『DO-YO』[6][7]

出演[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

タクシーチャンネル[編集]

  • グとハナはおともだち(2010年 - )[11]


声の出演[編集]

テレビアニメ[編集]

  • TOKYO MX「接続無用」 らい蔵役 (2014年12月3日~)[12]

ゲーム[編集]

  • iPhoneゲーム「農業無用」 らい蔵役 (2015年3月24日~)[13]
  • Androidゲーム「農業無用」 らい蔵役 (2015年3月24日~)[14]

脚注[編集]