ケイシー・サドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ケイシー・サドラー
Casey Sadler
シアトル・マリナーズ #37
Casey Sadler pitching for the Bradenton Marauders in 2012.jpg
A+ブレイデントン時代
(2012年7月31日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オクラホマ州ペイン郡リプリー英語版
生年月日 (1990-07-13) 1990年7月13日(30歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 MLBドラフト25巡目
初出場 2014年5月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ケイシー・スコット・サドラーCasey Scott Sadler, 1990年7月13日 - )は、アメリカ合衆国オクラホマ州ペイン郡リプリー英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBシアトル・マリナーズ所属。

経歴[編集]

プロ入りとパイレーツ時代[編集]

2010年MLBドラフト25巡目(全体747位)でピッツバーグ・パイレーツから指名され、プロ入り。契約後、傘下のA-級ステート・カレッジ・スパイクスでプロデビュー。12試合(先発1試合)に登板して3勝0敗、防御率3.00、21奪三振を記録した。

2011年はA級ウェストバージニア・パワーでプレーし、35試合に登板して5勝5敗4セーブ、防御率2.43、57奪三振を記録した。

2012年はA+級ブレイデントン・マローダーズでプレーし、32試合(先発17試合)に登板して4勝6敗2セーブ、防御率3.73、93奪三振を記録した。

2013年はまずAA級アルトゥーナ・カーブでプレーし、23試合に先発登板して11勝7敗、防御率3.31、67奪三振を記録した。8月にAAA級インディアナポリス・インディアンスへ昇格し、1試合に登板した。オフの11月20日にパイレーツとメジャー契約を結び、40人枠入りを果たした[1]

2014年はAAA級インディアナポリスで開幕を迎え、4月27日にメジャーへ昇格[2]。5月2日のトロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビュー。2点ビハインドの7回から登板し、2回を1安打無失点に抑えた[3]。2試合に登板し、計4回を無失点に抑えていたが、5月5日にAAA級インディアナポリスへ降格した[4]。この年メジャーでは6試合に登板して0勝1敗、防御率7.84、7奪三振を記録した。

2015年は開幕はAAA級インディアナポリスで開幕を迎えたが、フランシスコ・リリアーノの「パタニティリスト」入りに伴って4月11日にメジャー昇格し、同日メジャー初先発で5回を投げ2失点で初勝利を挙げた[5]。4月13日にリリアーノが復帰したため、AAA級インディアナポリスに降格し、6月24日に右前腕部の張りで7日間の故障者リストに入った。復帰できないまま9月1日に60日間の故障者リストに入りシーズン終了を迎えた。11月5日にトミー・ジョン手術を受けることになったと報じられ[6]、6日に40人枠から外れてAAA級インディアナポリスに降格した[7]

2016年は前年の手術の影響で全休した。

2017年スプリングトレーニングには招待選手として参加した[8]。2年ぶりに公式戦登板を果たしたこの年はA+級ブレイデントン、AA級アルトゥーナ、AAA級インディアナポリスでプレーし、3球団合計で26試合(先発7試合)に登板して5勝4敗、防御率4.00、66奪三振を記録した。

2018年は開幕からAAA級インディアナポリスでプレーし、7月23日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[9]。8月9日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で3年ぶりにメジャーで登板した[10]。8月16日にDFAとなった[11]。8月21日にマイナー契約でAAA級インディアナポリスに配属された。レギュラーシーズン終了後の10月2日にFAとなった[8]

レイズ時代[編集]

2019年1月28日にタンパベイ・レイズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[8]

2019年は開幕を傘下のAAA級ダーラム・ブルズで迎え、4月19日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[12]。6月29日にDFAとなった[13]

ドジャース時代[編集]

2019年7月3日にネイサン・ウィットとのトレードで、ロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[14]

2020年1月15日にアレックス・ウッドの加入に伴ってDFAとなった[15]

カブス時代[編集]

2020年1月17日にクレイトン・ダニエルとのトレードで、シカゴ・カブスへ移籍した[16]。9月1日にDFAとなった[17]

マリナーズ時代[編集]

2020年9月5日にウェイバー公示を経てシアトル・マリナーズへ移籍した[18]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 PIT 6 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 49 10.1 12 0 5 0 0 7 1 0 9 9 7.84 1.65
2015 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1.000 19 5.0 4 1 1 0 0 5 0 0 2 2 3.60 1.00
2018 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 25 4.1 7 0 3 0 0 3 1 0 7 4 8.31 2.77
2019 TB 9 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 79 19.1 16 2 5 0 1 11 0 0 5 4 1.86 1.09
LAD 24 1 0 0 0 4 0 1 2 1.000 115 27.0 25 3 8 2 3 20 0 0 9 7 2.33 1.22
'19計 33 1 0 0 0 4 0 1 2 1.000 194 46.1 41 5 13 2 4 31 0 0 14 11 2.14 1.17
2020 CHC 10 0 0 0 0 0 0 0 4 ---- 44 9.1 8 2 8 0 0 9 3 0 6 6 5.79 1.71
SEA 7 0 0 0 0 1 2 0 1 .333 42 10.0 7 1 4 0 0 12 2 0 7 5 4.50 1.10
'20計 17 0 0 0 0 1 2 0 5 .333 86 19.1 15 3 12 0 0 21 5 0 13 11 5.12 1.40
MLB:5年 59 2 0 0 0 6 3 1 7 .667 373 85.1 81 9 34 2 5 67 7 0 45 37 3.90 1.35
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2014 PIT 6 3 1 0 0 1.000
2015 1 1 2 0 0 1.000
2018 2 0 0 0 0 ----
2019 TB 9 1 4 1 0 .833
LAD 24 2 5 0 0 1.000
'19計 33 3 9 1 0 .923
2020 CHC 10 0 3 0 0 1.000
SEA 7 1 1 0 0 1.000
'20計 17 1 4 0 0 1.000
MLB 59 8 16 1 0 .960
  • 2020年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 65(2014年 - 2015年、2018年 - 2020年8月31日)
  • 37(2020年9月8日 - )

脚注[編集]

  1. ^ Tom Singer (2013年11月20日). “Polanco among four added to 40-man roster”. MLB.com. 2014年5月3日閲覧。
  2. ^ Tom Singer (2014年4月27日). “Pirates call up Sadler to add to bullpen depth”. MLB.com. 2014年5月3日閲覧。
  3. ^ Scores for May 2, 2014”. ESPN MLB (2014年5月2日). 2014年5月3日閲覧。
  4. ^ Tom Singer (2014年5月5日). “Pirates high on Sanchez's future at catcher”. MLB.com. 2014年5月6日閲覧。
  5. ^ “Sadler goes above and beyond in fill-in start” (英語). (2015年4月12日). http://m.mlb.com/news/article/117900538/pittsburgh-pirates-casey-sadler-gets-first-win-in-spot-start-vs-brewers 2015年11月10日閲覧。 
  6. ^ Adam Berry (2015年11月5日). “Sadler undergoes Tommy John surgery” (英語). http://m.mlb.com/news/article/156575936/pirates-casey-sadler-has-tommy-john-surgery 2015年11月10日閲覧。 
  7. ^ Adam Berry (2015年11月6日). “Pirates lose Lambo to A's on waiver claim. Pittsburgh also outrights Cumpton, Sadler to Triple-A Indianapolis” (英語). http://m.mlb.com/news/article/156687900/andrew-lambo-claimed-by-oakland-athletics 2015年11月10日閲覧。 
  8. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2019年4月20日閲覧。
  9. ^ Adam Berry (2018年7月23日). “Sadler makes long-awaited return to Majors” (英語). MLB.com. 2018年7月24日閲覧。
  10. ^ Adam Berry (2018年8月10日). “Sadler reflects on emotional return to mound” (英語). MLB.com. 2018年8月11日閲覧。
  11. ^ Adam Berry (2018年8月16日). “Prospect Newman joins Bucs; Mercer to DL” (英語). MLB.com. 2018年8月17日閲覧。
  12. ^ Juan Toribio (2019年4月19日). “Zunino on paternity; Rays option Emilio Pagan” (英語). MLB.com. 2019年4月20日閲覧。
  13. ^ TC Zencka (2019年6月29日). “Rays Designate Casey Sadler For Assignment” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年6月30日閲覧。
  14. ^ Ken Gurnick (2019年7月3日). “Hill won't return to Dodgers until September” (英語). MLB.com. 2019年7月4日閲覧。
  15. ^ Wood returning to Dodgers on 1-year deal” (英語). MLB.com (2020年1月15日). 2020年1月17日閲覧。
  16. ^ Jordan Bastian (2020年1月17日). “Cubs agree with Olson (source); Sadler acquired” (英語). MLB.com. 2020年1月18日閲覧。
  17. ^ Cubs Activate Kris Bryant, Steven Souza Jr.author=Mark Polishuk” (英語). MLB Trade Rumors (2020年9月1日). 2020年9月5日閲覧。
  18. ^ Mariners Claim Casey Sadler” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年9月6日閲覧。

関連項目[編集]