ケイレブ・ファーガソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケイレブ・ファーガソン
Caleb Ferguson
ロサンゼルス・ドジャース #64
CalebFerguson.jpg
2018年7月24日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州コロンバス
生年月日 (1996-07-02) 1996年7月2日(23歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 MLBドラフト38巡目
初出場 2018年6月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ケイレブ・ポール・ファーガソンCaleb Paul Ferguson, 1996年7月2日 - )は、 アメリカ合衆国オハイオ州コロンバス出身のプロ野球選手投手)。左投右打。MLBロサンゼルス・ドジャース所属。

経歴[編集]

2014年MLBドラフト38巡目(全体1149位)でロサンゼルス・ドジャースから指名され、プロ入り。なお、契約しない場合はウエストバージニア大学へ進学の予定であった[1]。ドラフト前にトミー・ジョン手術を受けていたこともあり、この年は登板しなかった。

2015年、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・ドジャースでプロデビュー。14試合(先発4試合)に登板して0勝3敗1セーブ、防御率8.59、16奪三振を記録した。

2016年はルーキー級アリゾナリーグ・ドジャース、パイオニアリーグのルーキー級オグデン・ラプターズ英語版、A級グレートレイクス・ルーンズでプレーし、3球団合計で14試合(先発12試合)に登板して3勝4敗、防御率2.31、63奪三振を記録した。

2017年はA+級ランチョクカモンガ・クエークスでプレーし、25試合(先発24試合)に登板して9勝4敗、防御率2.87、140奪三振を記録した。

2018年はAA級タルサ・ドリラーズで開幕を迎え、AAA級オクラホマシティ・ドジャースを経て6月6日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[2]。同日のピッツバーグ・パイレーツ戦にて先発でメジャーデビューも、1.2回で4失点を喫した(勝敗付かず)[3]。一度降格の後、6月12日に再昇格してからは谷間の先発やロングリリーフなどいわゆるスウィングマンとして起用され、この年メジャーでは29試合(先発3試合)に登板して7勝2敗2セーブ、防御率3.49、59奪三振を記録した。

投球スタイル[編集]

投球の約7割がフォーシームであり、それにカーブとのコンビネーションで組み立てる[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 LAD 29 3 0 0 0 7 2 2 5 .778 202 49.0 43 8 12 1 3 59 1 0 21 19 3.49 1.12
MLB:1年 29 3 0 0 0 7 2 2 5 .778 202 49.0 43 8 12 1 3 59 1 0 21 19 3.49 1.12
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 64(2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Jacob Unruh (2018年6月2日). “OKC Dodgers: Caleb Ferguson's bet on himself paying off” (英語). Netsok.com. 2018年10月22日閲覧。
  2. ^ David Hood (2018年6月6日). “A closer look at Caleb Ferguson before he makes his major league debut for the Dodgers” (英語). SB Nation. 2018年10月22日閲覧。
  3. ^ Bob Cohn (2018年6月6日). “Kemp's 5 RBIs not enough after wild debut” (英語). MLB.com. 2018年10月22日閲覧。
  4. ^ Caleb Ferguson Pitching Stat Details”. Baseball Cube. 2018年10月22日閲覧。

関連項目[編集]