ケイン・ヴェラスケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケイン・ヴェラスケス
Cain Velasquez.jpg
基本情報
本名 ケイン・ラミレス・ヴェラスケス
(Cain Ramirez Velasquez)[1]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メキシコの旗 メキシコ
生年月日 (1982-07-28) 1982年7月28日(37歳)
出身地 カリフォルニア州サリナス
所属 アメリカン・キックボクシング・アカデミー
身長 187cm
体重 110kg
リーチ 196cm
階級 ヘビー級
バックボーン レスリング
テーマ曲 Los Mandados
(ビセンテ・フェルナンデス)
総合格闘技戦績
総試合数 17
勝ち 14
KO勝ち 12
判定勝ち 2
敗け 3
テンプレートを表示

ケイン・ヴェラスケスCain Velasquez1982年7月28日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家プロレスラーメキシコ系アメリカ人。カリフォルニア州サリナス出身。アメリカン・キックボクシング・アカデミー所属。元UFC世界ヘビー級王者。ケイン・ベラスケスとも表記される。

バックボーンのレスリングで培ったレスリングテクニックと無尽蔵のスタミナに加え、パンチ力は1012kgという強力な打撃[2][3]を武器に高いKO率を誇り、全勝のままUFC世界ヘビー級王者に輝いた。

来歴[編集]

メキシコからの不法移民であった父親とアメリカ人の母親の間にカリフォルニア州サリナスで生まれ、アリゾナ州ユマで育つ[4]

コファー高校時代はレスリングアメリカンフットボールでチームのキャプテンを任され活躍。レスリングでは110勝10敗の成績を残した。

高校卒業後アイオワ・セントラル・コミュニティカレッジに進学し、2002年にはレスリングでNJCAA王者になる。その後、アリゾナ州立大学に転入し、NCAAディヴィジョン1でオールアメリカンに2度選出された。アリゾナ州立大学時代はCB・ダラウェイライアン・ベイダーとチームメイトだった[5]

大学を卒業すると直ぐにアメリカン・キックボクシング・アカデミーで総合格闘技のトレーニングを始め、2006年10月7日にStrikeforceでプロデビューを果たした。

2007年12月15日、世界ノーギ柔術選手権に出場し、青帯ペサディシモ級と無差別級で優勝。

UFC[編集]

2008年4月19日、UFC 83UFCデビュー。ブラッド・モリスにTKO勝ちを収めた。7月19日、UFC Fight Night: Silva vs. Irvinジェイク・オブライエンにTKO勝ちし、UFC2連勝となった。

2009年2月7日、UFC Fight Night: Lauzon vs. Stephensでデニス・ストイニッチにTKO勝ちを収め、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[6]。6月13日のUFC 99シーク・コンゴに3-0の判定勝ち[7]。10月24日、UFC 104ベン・ロズウェルと対戦し、TKO勝ちでUFC5連勝となった[8]

2010年2月20日、オーストラリアシドニーで開催されたUFC 110のメインイベントでアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦。1R2分20秒、右ストレートからのパウンドで失神KO勝ち[9]。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

UFC世界王座獲得[編集]

2010年10月23日、UFC 121のメインイベントでブロック・レスナーの持つUFC世界ヘビー級王座へ挑戦。レスナーをストレートや膝蹴りで攻め立て、1RでパウンドによるTKO勝ちを収め王座獲得に成功[10]。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[11]

レスナーとの試合中に損傷した右肩回旋筋腱板の手術を受ける。

世界王座陥落[編集]

2011年11月12日、1年ぶりの復帰戦となったUFC on FOX 1のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで挑戦者のジュニオール・ドス・サントスに右フックで、プロ初黒星となる1RKO負けを喫し王座陥落した。

2012年5月26日、UFC 146アントニオ・シウバと対戦。開始早々テイクダウンを奪うとグラウンドの肘打ちで大流血に追い込み、パウンドで1RTKO勝ちを収めた。

世界王座再獲得[編集]

2012年12月29日、UFC 155のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者ジュニオール・ドス・サントスと再戦。1Rに右ストレートでダウンを奪うと、以降はスタンド・グラウンドともに終始圧倒し、3-0 (50–45、50–43、50–44) の5R判定勝ちを収め王座再獲得に成功した。

2013年5月25日、UFC 160のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでヘビー級ランキング4位の挑戦者アントニオ・シウバと再戦し、ワンツーでダウンを奪い、パウンドで1RTKO勝ちを収め王座の防衛に初成功した。

2013年10月4日、レアンドロ・ヴェレイラよりブラジリアン柔術黒帯を授与された[12]

2013年10月19日、UFC 166のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでヘビー級ランキング1位の挑戦者ジュニオール・ドス・サントスと3度目の対戦。終始ドス・サントスを圧倒し、5RにパウンドでTKO勝ちを収め2度目の王座防衛に成功した。

2014年10月23日、右膝半月板の手術を受ける。

世界王座陥落[編集]

2015年6月13日、1年8か月ぶりの復帰戦となったUFC 188の世界ヘビー級王座統一戦で暫定王者ファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦。ブランクと高地の影響に苦しみ、3Rにテイクダウンをすると同時にギロチンチョークを極められ一本負けを喫し王座陥落した。

2016年2月6日のUFC 196にてファブリシオ・ヴェウドゥムとの再戦が決定するも腰の負傷で欠場。

2016年7月9日、UFC 200でヘビー級ランキング7位のトラヴィス・ブラウンと対戦。バックスピンキックでぐらつかせた後、右フックでダウンを奪い、最後はパウンドで1RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2019年2月17日、2年7か月ぶりの復帰戦となったUFC on ESPN: Ngannou vs. Velasquezでヘビー級ランキング3位のフランシス・ガヌーと対戦し、タックルを仕掛けようとした際にカウンターの右アッパーでダウンを奪われ、パウンドで開始26秒のKO負け。

プロレスデビュー[編集]

2019年8月3日、メキシコのプロレス団体AAAの年間最大イベント「トリプレマニア17」でプロレスデビュー。コーディ・ローデス、サイコ・クラウンと組み、テハノ・ジュニア、タウルス、キラー・クロスと6人タッグで対戦。試合ではマスクを着用し、ウラカン・ラナなどのプロレス技も軽快にこなし、最後はテハノ・ジュニアからギブアップを奪いデビュー戦を勝利で飾った[13]

2019年10月4日、WWE SmackDownFOX初回放送にてレイ・ミステリオに連れられる形でデビュー。試合後のブロック・レスナーと対峙し、テイクダウンからのパウンドを浴びせた[14]

ファイトスタイル[編集]

185cmとヘビー級においては小柄ながらも、どのファイターにも勝る強靭なフィジカルを持ち、常にプレッシャーをかけ続け、強烈かつスピーディーで多彩なパンチのコンビネーションで相手を圧倒する。打撃以外に加え、卓越したレスリング技術を活かしたテイクダウンからのグラウンド&パウンドと、相手をケージに押し込んでコントロールするクリンチワークも武器にしている。また、「カーディオ・ケイン (Cardio Cain)」と称されるほどの無尽蔵のスタミナを誇り、ヘビー級の選手にもかかわらず5Rマッチにおいても終盤まで常に動き続ける。

人物・エピソード[編集]

  • ファイターの中でも特に落ち着いた性格であり、試合前に対戦相手を挑発するようなことは全くしない。本人は「トラッシュトークは俺のスタイルではない」と語っている。
  • メキシコ系アメリカ人のため、英語とスペイン語の2ヵ国語を話し、胸にBROWN PRIDE(メキシコ系の誇り)とタトゥーを入れている[15]
  • UFCヘビー級史上最強の選手と称される一方で怪我が多く、喫した敗戦は全て怪我での長期欠場明けの試合である。
  • 尊敬する人物としてエメリヤーエンコ・ヒョードルを挙げており「ヒョードルは自分がこのMMAというスポーツを見始めてから常に『ザ・ベスト』のファイターなんだ。ヘビー級で体格差を克服しトップの座に君臨し続けた。ファイターとしても人間としても尊敬している。技術面でもグラウンドでの腰の動かし方などは大いに参考にさせてもらってるよ」と語っている[16]。2015年には、ヒョードルとの面会を果たした。
  • 2006年、当時ヴェラスケスが無名だった時に、AKAポール・ブエンテロのトレーニングパートナーを務めた。そこで、当時プロ総合格闘技のトップ戦線で活躍していたブエンテロをスパーリングでもレスリングでも圧倒し、この頃から既にヴェラスケスは総合格闘家としてのポテンシャルを発揮していた[17]
  • 総合格闘家になる前はナイトクラブセキュリティの仕事をしていた[18]
  • 自身のウエイトに関して、240lbs(108kg)がベストの状態だと語っており、本人曰く「240lbsより重いと、動きが少し遅くなる」という[19]
  • 愛車は1971年式フォード・トリノで、これは、農家を営んでいる父親が、作業用の車としてフォード・トリノに乗車していたことに影響されたからだという[20]

得意技[編集]

パンチ
主に右ストレートパンチ
パウンド
各種蹴り
ローキック、ミドルキック、ハイキック
ニーキック
膝蹴り
ダウンした相手に連続で叩き込み、フロントネックロックの状態から相手の腹部目掛けて叩き込む。
リアネイキッド・チョーク
ギロチン・チョーク
三角絞め

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
17 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
14 12 0 2 0 0 0
3 2 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× フランシス・ガヌー 1R 0:26 KO(右アッパー→パウンド UFC on ESPN 1: Ngannou vs. Velasquez 2019年2月17日
トラヴィス・ブラウン 1R 4:57 TKO(パウンド) UFC 200: Tate vs. Nunes 2016年7月9日
× ファブリシオ・ヴェウドゥム 3R 2:13 ギロチンチョーク UFC 188: Velasquez vs. Werdum
【UFC世界ヘビー級王座統一戦】
2015年6月13日
ジュニオール・ドス・サントス 5R 3:09 TKO(スラム→パウンド) UFC 166: Velasquez vs. dos Santos 3
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2013年10月19日
アントニオ・シウバ 1R 1:21 TKO(右ストレート→パウンド) UFC 160: Velasquez vs. Bigfoot 2
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2013年5月25日
ジュニオール・ドス・サントス 5分5R終了 判定3-0 UFC 155: dos Santos vs. Velasquez 2
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2012年12月29日
アントニオ・シウバ 1R 3:36 TKO(パウンド) UFC 146: dos Santos vs. Mir 2012年5月26日
× ジュニオール・ドス・サントス 1R 1:03 KO(右フック→パウンド) UFC on FOX 1: Velasquez vs. dos Santos
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2011年11月12日
ブロック・レスナー 1R 4:12 TKO(パウンド) UFC 121: Lesnar vs. Velasquez
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2010年10月23日
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ 1R 2:20 KO(右ストレート→パウンド) UFC 110: Nogueira vs. Velasquez 2010年2月20日
ベン・ロズウェル 2R 0:58 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 104: Machida vs. Shogun 2009年10月24日
シーク・コンゴ 5分3R終了 判定3-0 UFC 99: The Comeback 2009年6月13日
デニス・ストイニッチ 2R 2:34 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Lauzon vs. Stephens 2009年2月7日
ジェイク・オブライエン 1R 2:02 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Silva vs. Irvin 2008年7月19日
ブラッド・モリス 1R 2:10 TKO(パウンド) UFC 83: Serra vs. St-Pierre 2 2008年4月19日
ジェレマイア・コンスタント 1R 4:00 TKO(パウンド) BodogFight: Clash of the Nations 2006年12月16日
ジェシー・フュージャルシク 1R 1:58 TKO(パウンド) Strikeforce: Tank vs. Buentello 2006年10月7日

獲得タイトル[編集]

  • 第15代UFC世界ヘビー級王座(2010年)
  • 第17代UFC世界ヘビー級王座(2012年)

表彰[編集]

  • ブラジリアン柔術 黒帯
  • レスリング NCAAオールアメリカン(2005年、2006年)
  • レスリングNJCAA王者(2002年)
  • UFC ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(3回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC ノックアウト・オブ・ザ・イヤー(2010年)
  • SHERDOG ファイター・オブ・ザ・イヤー(2010年)

ペイ・パー・ビュー販売件数[編集]

開催年月日 イベント 販売件数 備考
2015年6/13_6月13日 UFC 188: ケイン・ヴェラスケス vs. ファブリシオ・ヴェウドゥム 030_30万件
2013年10/19_10月19日 UFC 166: ケイン・ヴェラスケス vs. ジュニオール・ドス・サントス 3 033_33万件
2013年5/25_5月25日 UFC 160: ケイン・ヴェラスケス vs. アントニオ・シウバ 2 038_38万件
2012年12/29_12月29日 UFC 155: ジュニオール・ドス・サントス vs. ケイン・ヴェラスケス 2 060_60万件
2010年10/23_10月23日 UFC 121: ブロック・レスナー vs. ケイン・ヴェラスケス 090_90万件

出演[編集]

映画[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Player Bio Arizona State Sun Devil
  2. ^ Sport Science: Cain Velasquez's Punching Power - 2230 Lbs of Force Bloody Elbow 2010年10月22日
  3. ^ Campeon Cain Velasquez en ciencia del deporte Youtube
  4. ^ Cain Velasquez: Like Father, Like Son LOWKICK
  5. ^ Cain Velasquez wayback machine
  6. ^ 【UFN17】ヘビー級頂点へ、ベラスケスがストニッチを圧倒 MMAPLANET 2009年2月8日
  7. ^ 【UFC99】ベラスケス、ヘビー級第一線へ足がかり掴む MMAPLANET 2009年6月14日
  8. ^ 【UFC104】ベラスケス勝利も異論残るレフェリーストップ MMAPLANET 2009年10月25日
  9. ^ 【UFC110】ベラスケス、ノゲイラから140秒の失神KO勝ち MMAPLANET 2010年2月21日
  10. ^ 【UFC121】混迷ヘビー級、新王者ベラスケス誕生!! MMAPLANET 2010年10月24日
  11. ^ UFC 121 bonuses: Velasquez, Roberts, Sanchez and Thiago claim $70K bonuses MMAjunkie 2010年10月24日
  12. ^ Feliciten a @cainmma por su cinturón negro apenas ganado, un arma más para #UFC166 UFC Espanol 2013年10月4日
  13. ^ 元UFC王者が憧れメキシコマットで白星デビュー”. 日刊スポーツ (2019年8月4日). 2019年8月9日閲覧。
  14. ^ 新WWE王者レスナーと元UFCヘビー級王者ヴェラスケスが乱闘【10・4 WWE】 TOKYO HEADLINE WEB 2019年10月5日
  15. ^ Mexican-American UFC Champion Inspired By Immigrant Father LATINOVOICES 2014年9月2日
  16. ^ Fedor Emelianenko And Cain Velasquez Meet Face-To-Face –– Who Wins In A Fight? BJPENN.COM 2015年9月22日
  17. ^ ケイン・ヴェラスケス伝説【メキシカン・ヘリテイジ】 OMATSURI FIGHT 2010年11月6日
  18. ^ 人類史上最強!?UFCヘビー級王者に君臨するケイン・ヴェラスケスの戦闘能力がヤバ過ぎる【格闘技】 NEVERまとめ
  19. ^ ケイン・ヴェラスケス、240ポンドがベストだと語る 格中 -Fighting Addict- 2013年10月16日
  20. ^ UFCファイターたちの愛車 MMA タイランド

関連項目[編集]

前王者
ブロック・レスナー
第15代UFC世界ヘビー級王者

2010年10月23日 - 2011年11月12日

次王者
ジュニオール・ドス・サントス
前王者
ジュニオール・ドス・サントス
第17代UFC世界ヘビー級王者

2012年12月29日 - 2015年6月13日

次王者
ファブリシオ・ヴェウドゥム