ケニー・ロギンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ケニー・ロギンス
Kenny Loggins
Loggins FP5.jpg
Kenny Loggins in San Diego, September 14 2008
基本情報
出生名 Kenneth Clark Loggins
生誕 (1948-01-07) 1948年1月7日(72歳) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン州 エヴェレット
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 アルハンブラ
ジャンル ポップ・ロック、フォーク・ロック
職業 シンガー・ソングライター
活動期間 1970年代 - 現在
レーベル コロムビア
共同作業者 ロギンス&メッシーナ
ジョージ・マッセンバーグ
公式サイト Official website
ケニー・ロギンス

ケニー・ロギンスKenny Loggins)の名で活動するケネス・クラーク・ロギンスKenneth Clark Loggins, 1948年1月7日 - )は、アメリカミュージシャン。日本では、70年代前半にロギンス&メッシーナの曲が数曲ヒットし、さらに「フットルース」や「デンジャー・ゾーン」などの映画主題歌も1980年代にヒットした。

略歴[編集]

ワシントン州エベレット生まれ。カリフォルニア州アルハンブラにて育つ。

音楽出版社に勤める傍らABCレコード所属の作曲家としても活動。彼の初期の曲は、ニッティ・グリッティ・ダート・バンドが70年に録音している。旧友ジム・メッシーナのプロデュースでデビュー・アルバムを制作するにあたり、メッシーナとのデュオ、ロギンス&メッシーナを結成する。1972年にデビュー。ポップ・フォーク的な作風で、「プー横町の家」、「ママはダンスを踊らない」「愛する人」「放課後のロックンロール・パーティー」などのヒットを飛ばす[1]。ロギンスが作曲した「ダニーの歌」や「愛の歌」は、カナダの女性歌手アン・マレーが採り上げ、全米ナンバーワンヒットを記録したことでも有名である。1977年からはソロとして活動を開始し、1978年スティーヴィー・ニックスと共演した「二人の誓い」がヒットした。作曲家としても、ドゥービー・ブラザーズの「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」をマイケル・マクドナルドと共作しグラミー賞を受賞するなど、高い能力を示している。

1980年代にも「ディス・イズ・イット」などがヒット。1984年には映画『フットルース』の同名主題歌が全米1位を獲得。1985年にはUSAフォー・アフリカに参加した。「ウィー・アー・ザ・ワールド」で2小節リードボーカルをとっている(パートとしては2回目のサビで、ブルース・スプリングスティーンの次、スティーブ・ペリーの前)。

1986年には映画『トップガン』の主題歌「デンジャー・ゾーン英語版」が全米第2位の大ヒットとなり、映画とともに多くの国でヒットを記録した。

その後、人気は下降したが、1990年代以降も、地道にアルバムをリリース。2005年にはロギンス&メッシーナを再結成。大規模な全米コンサートツアーを行い、アルバム Loggins and Messina Sittin' in Again をリリースした。

2013年9月17日に発売されたコンピュータゲームグランド・セフト・オートVサウンドトラックではラジオDJを務め、自身の曲「アイム・フリー」も提供している[2]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ライブ・アルバム[編集]

コンピレーション・アルバム[編集]

シングル[編集]

タイトル 収録アルバム
1977年 愛を信じて
"I Believe in Love"
未来への誓い
Celebrate Me Home
1978年 二人の誓い
"Whenever I Call You 'Friend'"
ナイトウォッチ
Nightwatch
1979年 イージー・ドライヴァー
"Easy Driver"
明日に向かって
"This Is It"
キープ・ザ・ファイア
Keep the Fire
1980年 キープ・ザ・ファイア
"Keep the Fire"
アイム・オールライト
"I'm Alright"
Caddyshack
(『ボールズ・ボールズ』サントラ盤)
1982年 サンライズ・パーティー with スティーヴ・ペリー
"Don't Fight It"
ハイ・アドヴェンチャー
High Adventure
1983年 ハート・トゥ・ハート
"Heart to Heart"
愛のハートライト
"Welcome to Heartlight"
1984年 フットルース
"Footloose"
フットルース オリジナル・サウンドトラック
Footloose
アイム・フリー
"I'm Free"
1985年 ヒューマン・ヴォイス
"Vox Humana"
ヒューマン・ヴォイス
Vox Humana
フォーエヴァー
"Forever"
アイル・ビー・ゼア
"I'll Be There"
1986年 デンジャー・ゾーン
"Danger Zone"
トップガン オリジナル・サウンドトラック
Top Gun
真昼のゲーム
"Playing with the Boys"
1987年 心の夜明け
"Meet Me Half Way"
オーバー・ザ・トップ オリジナル・サウンドトラック
Over the Top
1988年 ノーバディーズ・フール
"Nobody's Fool"
Caddyshack II
(『ボールズ・ボールズ2/成金ゴルフマッチ』サントラ盤)
ミス・ユー
"I'm Gonna Miss You"
バック・トゥ・アヴァロン
Back to Avalon
1989年 テル・ハー
"Tell Her"
1991年 愛の確信
"Conviction of the Heart"
リープ・オブ・フェイス〜愛を信じて
Leap of Faith
1992年 リアル・シング
"The Real Thing"
イフ・ユー・ビリーヴ
"If You Believe"
ナウ・オア・ネヴァー
"Now Or Never"
1993年 明日に向かって(ライブ)
"This Is It" (live)
アウトサイド・フロム・ザ・レッドウッズ
Outside: From the Redwoods
1994年 リターン・トゥ・プー・コーナー
"Return to Pooh Corner"
リターン・トゥ・プー・コーナー
Return to Pooh Corner
1996年 フォー・ザ・ファースト・タイム
"For the First Time"
素晴らしき日〜ワン・ファイン・デイ(サントラ盤)
One Fine Day
1997年 "I Am Not Hiding" アンイマジナブル・ライフ
The Unimaginable Life
2003年 "With This Ring" It's About Time
2004年 "I Miss Us"
2009年 霧のマウンテン
"There Is a Mountain"
All Join In
トゥ・オブ・アス
"Two of Us"

ビデオ/DVD[編集]

  • alive! (1981年)
  • Live at the Grand Canyon (1992年)
  • Outside: From the Redwoods (1994年)
  • Return to Pooh Corner (1996年)

日本公演[編集]

11月9日 名古屋市公会堂、10日 大阪万国博ホール、13日,14日 中野サンプラザ、15日 渋谷公会堂
11月7日 瀬戸市文化センター、9日 大阪府立体育会館、10日 九州厚生年金会館、12日 日本武道館

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Kenny Loggins – Artist Biography All music http://www.allmusic.com/artist/kenny-loggins-mn0000081832/biography
  2. ^ 'Grand Theft Auto V' Classic Rock Station Features Bob Seger, Robert Plant + More”. Ultimate Classic Rock. Diffuser Network (2013年9月19日). 2017年2月5日閲覧。

関連項目[編集]