ケビン・ミラー問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ケビン・ミラー問題 とは、2003年の1月から2月にかけて、MLBフロリダ・マーリンズに所属していたプロ野球選手ケビン・ミラー選手との契約をめぐり、中日ドラゴンズボストン・レッドソックスの間で発生した騒動のこと。ケビン・ミラー事件ケビン・ミラー騒動 とも呼称される。

なお、本稿における日付はすべて日本時間を扱っている。

発端[編集]

2003年1月、NPBの中日ドラゴンズは、新外国人選手としてケビン・ミラー外野手を獲得。年俸総額660万ドルの2年契約を結んだと11日に発表した[1]

ところが、マーリンズがミラーを中日に譲渡するために、同選手をウェイバー公示にかけたところ、中日に加えてMLBのレッドソックスも入札を表明した。これはMLBとNPBの間にある「日本の球団に譲渡する目的でウェイバーにかけた選手は、他球団が入札をしない」という紳士協定を無視したものであった。

経過[編集]

レッドソックスはまずミラーとの交渉を開始するが、ミラー側は拒否。すると今度は中日に対し「マーリンズに支払った契約金を全額レッドソックスが肩代わりをする」「代替選手としてベニー・アグバヤニ(翌年に千葉ロッテマリーンズ入団)を中日に譲渡する」との条件でミラーの契約譲渡を申し込むも、中日側が拒否[2]。その翌日、ボストンの地元紙ボストン・グローブは、ミラー選手がレッドソックスでのプレーを希望していると報じ[3]、その後中日側はミラーが来日を拒否していることを認めたが自由契約とはせず、31日にミラーを支配下選手登録する[4]

しかし、ミラーはレッドソックスへの入団を希望。「基本的に合意したが、正式契約はまだだ。中村とどこが違う」と、当事ニューヨーク・メッツとの入団合意が報じられながら決裂した中村紀洋の例を引き合いに出し、自らの正当性を主張し来日を拒否する[5][6]。MLB機構は、ミラーはMLBの他球団が獲得を表明しても断るという内容の文書にマーリンズと合意しており、すでに中日と契約したため、レッドソックス入団を希望する場合は日本人選手と同様に、ポスティングシステムによってのみフリーエージェントになるとの見解を示し、調停はしないとした[7]

契約解除、レッドソックスへ[編集]

その後中日はミラーの説得を断念[8]。2月14日にはマーリンズとレッドソックス間での移籍が合意に達したと報じられ[9]、同日に中日は自由契約を示唆した[10]。MLB選手会はレッドソックス入団を希望するミラーを支持し、中日がミラーとの契約を解除しない場合は、東京ドームで開催予定であったシアトル・マリナーズオークランド・アスレチックスの開幕戦への選手派遣を拒否する可能性を示唆した[11]

MLB機構はミラー選手の契約に関する身分問題が中日との間で解決したと15日に発表。中日はミラーを保有する主張を取り下げる代わりに、一定額の金銭を受け取ることとなった[12]。翌日に中日は契約解除を了承し、17日に自由契約選手として公示された[13]

その3日後、レッドソックスがケビン・ミラー選手と年俸総額530万ドルの2年契約を正式に結んだことが発表され[14]、27日にはミラー選手の謝罪文が公表された。来日を拒否した理由も書かれており、イラクとの交戦が予想されるなかで米国を離れることに家族が反対したためであり、自身の意志ではない旨が書かれていた[15]

その後[編集]

中日はミラーを自由契約とした翌日に、アレックス・オチョア外野手と契約合意し[16] 、アレックスは23日に同球団へ入団した[17]

脚注[編集]

  1. ^ 中日がミラーと大型契約 4番打者候補へ期待 2003年1月11日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  2. ^ 中日、レ軍の譲渡要求断る ミラーめぐる異例の交渉 2003年1月17日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  3. ^ ミラー、レ軍入りに傾く ボストン紙が報じる 2003年1月19日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  4. ^ 「日本に来るしかない」 ミラー問題で西川球団社長 2003年1月31日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  5. ^ Rソックスでプレーしたい ミラー問題でボストン紙 2003年2月1日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  6. ^ ただし中村は自らに球団の選択権があるFAという立場だったのに対し、ミラーは球団側に拘束力のあるウェイバー公示であるため、立場は一概に同じとは言えない。
  7. ^ 調停せずと大リーグ ミラーの中日入団問題 2003年2月1日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  8. ^ 中日、ミラー説得を断念 今後法的手段も視野に対応 2003年2月5日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  9. ^ Rソックス入り合意と報道 ミラー問題でボストン紙 2003年2月14日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  10. ^ ミラーの自由契約を検討 中日の伊藤球団代表 2003年2月14日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  11. ^ マリナーズ戦中止の可能性 選手会が中日に不快感 2003年2月14日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  12. ^ ミラー、Rソックスへ移籍 「契約問題」解決直後 2003年2月15日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  13. ^ ミラーが自由契約に 中日、すでに契約解除を了承 2003年2月17日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  14. ^ ミラー、2年で6億円 Rソックスと正式契約 2003年2月20日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  15. ^ 中日、ミラーの謝罪文公表 来日拒否は家族の反対から 2003年2月27日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  16. ^ 中日、オチョアと条件合意 登録名は「アレックス」 2003年2月18日 共同通信、2013年5月5日閲覧。
  17. ^ アレックスが入団会見 中日の新外国人選手 2003年2月23日 共同通信、2013年5月5日閲覧。

関連項目[編集]