ケビン・ローズイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケビン・ローズイヤー
Kevin Rosier
生誕 (1962-01-06) 1962年1月6日
バッファロー (ニューヨーク州)
死没 2015年4月14日(2015-04-14)(53歳)
マーフリーズボロ (テネシー州)
心筋梗塞
居住 ランカスター (ニューヨーク州)
国籍 アメリカ人
身長 193 cm (6 ft 4 in)
体重 120 kg (265 lb)
階級 ヘビー級 (ボクシング及び総合格闘技)
スーパーヘビー級 (キックボクシング)
スタイル キックボクシング、ボクシング
拠点 フロリダ州タンパ
現役期間 1980-1999 (キックボクシング)
1989-2001 (ボクシング)
1993-2000 (総合格闘技)

ケビン・ローズイヤー(Kevin Rosier、1962年1月6日-2015年4月14日)は、アメリカ合衆国キックボクサーボクサー総合格闘家である。キックボクシングでは成功を収め、多くのタイトルを獲得したが、ボクシングへの転向はあまりうまくいかなかった。1993年に行われた総合格闘技の草分けであるUFC 1に出場し、準決勝まで勝ち進んだことでも知られている。

キャリア[編集]

キックボクシング及びボクシング[編集]

ローズイヤーの格闘技のキャリアの大部分はキックボクシングのものであり、66勝(全てKO)8敗を挙げた。世界キックボクシング協会 (WKA)の世界スーパーヘビー級チャンピオンを3度獲得し、国際競技空手協会の北米スーパーヘビー級チャンピオンにもなった[1]。1980年代からキックボクシングを始め、1999年5月15日に空位であった国際キックボクシング連盟フルコンタクトルールのスーパーヘビー級世界タイトルをかけた試合でマイク・ラブリーに敗れた試合が最後となった。10ラウンドの26秒で、ラブリーはローズイヤーの頭にショートレフトを叩きこみ、ローズイヤーは膝をついたため、レフェリーは試合を止めた[2]

プロボクサーとしても1989年から2001年まで12年のキャリアを持ち、7勝17敗の成績を残した。元WBA世界ヘビー級王者ニコライ・ワルーエフとも対戦した(1997年9月27日、KO負け)。

UFC[編集]

1993年にわずか5週間の準備期間でUFC 1に参戦することとなり、ローズイヤーは訓練のため、元教え子でキックボクシングの世界チャンピオンであるA.J. Verelの助けを借りた。彼はトーナメントの1回戦で、アメリカン拳法の達人で2度世界キックボクシング連盟スーパーヘビー級チャンピオンになったジーン・フレジャーと対戦することになった[3]

試合開始後いきなり、ローズイヤーはパンチ、膝蹴り、肘打ちでフレジャーを倒して背中を取ったが[4]、フレジャーは立ち上がって、クリンチ状態で膝蹴りを交換した[3]。その瞬間、髪を引っ張ることや股間への攻撃の規則がなかったことを利用し、フレジャーはローズイヤーにローブローを行って、さらに髪を引っ張った[4][5]。フレジャーは試合を支配し、立ち状態、膝立ち状態で打撃を浴びせ[4]、右手でローズイヤーの顎を砕いた[5]。しかし数分後、スタミナ切れでフレジャーの動きが落ち、ローズイヤーは何発かのパンチでフレジャーをフェンスに追い詰めた。ローズイヤーはフレジャーをマットに倒し、フレジャーのセコンドがタオルを投入するまで、後頭部に何度もパンチやストンピングを叩きこんだ[3][4][5]

準決勝では、オランダのサバット選手であるジェラルド・ゴルドーと対戦した。ゴルドーはジャブで距離を保ちながら、レッグキックでローズイヤーの膝を狙った。膝と肘の連打でローズイヤーが倒れると、肝臓への2発のストンピングでローズイヤーは降参してマットを叩いた[4]。トーナメントでは敗退したものの、ローズイヤーはゴルドーを称え、この場に戻ってくる希望を表明した[4]

この試合の後も彼は総合格闘技を続けた。次戦はUFC 4で、ジョー・チャールズと戦ったが、わずか14秒で腕挫十字固に沈んだ。その後さらに5戦を行い、1勝を挙げた。その結果、生涯成績は、2勝6敗であった。

後年[編集]

引退後、彼は心臓の開腹手術や集中治療を必要とする何度もの病気に苦しんだ。2013年8月時点では、容体は安定し、ナッシュビルの引退者用リゾートに住んでいると報じられた。

2015年4月に心筋梗塞により死去した[6]

タイトル等[編集]

総合格闘技の戦績[編集]

総合格闘技 戦績
8 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
2 1 1 0 0 0 0
6 3 3 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× Brad Gabriel 1R1:12 TKO(パンチ) IFC: Battleground 2000 2000年1月22日
Joe Bramante 1R1:01 リアネイキッドチョーク IFC: Fighters Revenge 1999年4月2日
× ダン・スバーン 1R1:00 絞め技 Cage Combat 1 1998年12月8日
× ダン・スバーン 1R0:53 膝蹴り Extreme Challenge 15 1998年2月27日
× Houston Dorr 1R11:10 ギロチンチョーク IFC 2: Mayhem in Mississippi 1996年8月23日
× ジョー・チャールズ 1R0:14 アームバー UFC 4 1994年12月16日
× ジェラルド・ゴルドー 1R0:59 TKO(ストンピング) UFC 1 1993年11月12日
ジーン・フレジャー 1R4:20 TKO(ストンピング) UFC 1 1993年11月12日

出典[編集]

  1. ^ UFC 1 DVD
  2. ^ Where Is He Now...IKF Takes A Look Back At KEVIN ROSIER”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ a b c Don Beu, The Ultimate Fighting Championship: Jujutsu and Royce Gracie Reign Supreme at No-Holds-Barred Tournament, Black Belt magazine, March 1994
  4. ^ a b c d e f Scott Newman (2005年7月6日). “MMA Review: #50: UFC 1: The Beginning”. The Oratory. 2016年11月12日閲覧。
  5. ^ a b c L. Jon Wertheim (January 5, 2010). Blood in the Cage: Mixed Martial Arts, Pat Miletich, and the Furious Rise of the UFC. Houghton Mifflin Harcourt. ISBN 9780547347226. 
  6. ^ Marc Raimondi (2015年4月14日). “UFC 1 veteran Kevin Rosier dead at age 53”. mmafighting.com. 2015年4月14日閲覧。