ケリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケリン
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 82-02-0 チェック
PubChem 3828
ChemSpider 3696 ×
EC番号 201-392-8
KEGG C09010 ×
MeSH C438920
ChEMBL CHEMBL44746 ×
特性
化学式 C14H12O5
モル質量 260.24 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ケリン(Khellin)は、フラノクロモンフランである。親油性であり血管拡張薬の機能を持つ。エジプトで民間薬として用いられてきたクエラ(Ammi visnaga)で見られる。

エジプトでは、Khellaと呼ばれる植物が腎疝痛の治療に用いられた。腎疝痛の発生は、主に住血吸虫症の感染と結石の形成により起こる。この植物の混合物は利尿薬としての性質を持ち、エジプトで腎疝痛の治療のための民間薬として用いられた。化合物としてケリンが同定された後、その性質が研究され始めた。その結果、この物質は尿管冠動脈を拡張することが明らかとなった。

この物質は吸収が難しく、また目まい、頭痛、胃腸の不調、吐き気等の副作用を催すため、全身投薬には用いられない。しかし、局所的な尋常性白斑の治療には用いられている。20世紀初頭には、毒性が低く効能の高いケリンのアナログの探索が行われた。この研究で多くの薬品が発見されたが、アミオダロンとクロモグリク酸ナトリウムは現在でも医療用途に用いられている。

ケリンの副作用を改良したケリン誘導体を用いた白斑に対するKUVA療法が行われている[1]

出典[編集]

  1. ^ Gianfaldoni S, Wollina U, Tirant M et al (2018-1). “Herbal Compounds for the Treatment of Vitiligo: A Review”. Open access Macedonian journal of medical sciences 6 (1): 203–207. doi:10.3889/oamjms.2018.048. PMC: 5816300. PMID 29484024. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/pmid/29484024/. 

関連項目[編集]