ケリー・ラッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケリー・ラッセル
Keri Russell
Keri Russell
本名 Keri Lynn Russell
生年月日 (1976-03-23) 1976年3月23日(43歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ファウンテン・ヴァレー
活動期間 1991年 -
配偶者 シェーン・デアリー(2007 - 2013 年 )
主な作品
映画
M:i:lll
猿の惑星: 新世紀
テレビドラマ
フェリシティの青春
ジ・アメリカンズ
テンプレートを表示

ケリー・リン・ラッセルKeri Lynn Russell, 1976年3月23日 - )は、アメリカ合衆国女優

生い立ち[編集]

カリフォルニア州ファウンテン・バレー出身。フランス系アメリカ人[要出典]の父親のデイヴィッド・ラッセルは日産自動車社員、ユダヤ系[要出典]の母親のステファニー(旧姓スティーブンス)は主婦。兄(トッド)と妹(ジュリー)がいる。幼少期は父親の転勤が多く、テキサス州アリゾナ州コロラド州で過ごした[1]

キャリア[編集]

1991年から1993年までディズニー・チャンネルの『ミッキー・マウス・クラブ』にブリトニー・スピアーズクリスティーナ・アギレラと共に子役グループの一員として出演[2]。『ミクロキッズ』の続編で1992年公開の『ジャイアント・ベビー』で映画デビュー(ヒロインのマンディ役)を果たす。

1998年放送開始のテレビシリーズ『フェリシティの青春』でタイトルロールのフェリシティを演じブレイクする。翌年のゴールデン・グローブ賞主演女優賞(テレビシリーズ/ドラマ部門)を受賞し、『ピープル』誌の「最も美しい50人」のひとりに選出された。

2000年の『マンボ!マンボ!マンボ!』ではヒロインを演じ、『ミッキー・マウス・クラブ』で培った得意のダンスを存分に生かした演技を披露した。2002年にはメル・ギブソン主演の『ワンス・アンド・フォーエバー』に出演、その年の5月には4年続いた『フェリシティの青春』が終了し、その後はニューヨークでしばらくの休暇をとった。

2004年にオフ・ブロードウェイで上演されたニール・ラビュートの戯曲『Fat Pig』で舞台デビュー。

2006年に『フェリシティの青春』のプロデューサーであるJ・J・エイブラムスが監督を手掛けた『M:i:lll』に、スカーレット・ヨハンソンが演じる予定であったイーサン・ハントの愛弟子のリンジー・ファリス役で出演した。同年の夏より米化粧品会社カバーガール社のモデルも務めている。

2013年からはテレビシリーズ『ジ・アメリカンズ』の主演を務めた。

私生活[編集]

『M:i:III』の撮影時にトム・クルーズからサイエントロジーの誘いを受けたと報道された[3]

2007年2月14日に大工のシェーン・デアリーと結婚[4]。同年6月9日に長男(リヴァー・ラッセル・デアリー)を、2011年12月27日には長女ウィラ・ルー・デアリーを出産したが[5]、2013年には離婚した[6][7][8]

その後は『ジ・アメリカンズ』の共演者マシュー・リスと交際し、2016年5月に二人の間に子が生まれた[9]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考
1992 ジャイアント・ベビー
Honey, I Blew Up the Kid
マンディ・パーク DVD&VHS版タイトル『ミクロキッズ2/ジャイアント・ベビー』
1997 エリカにタッチダウン
Eight Days a Week
エリカ
1999 デッドマンズ・カーブ
The Curve
エマ
2000 マンボ!マンボ!マンボ!
Mad About Mambo
ルーシー・マクローリン VHS版タイトル『MAD ABOUT MAMBO/マッド・アバウト・マンボ』
2002 ワンス・アンド・フォーエバー
We Were Soldiers
バーバラ・ゲイガン
2005 ママが泣いた日
The Upside of Anger
エミリー・ウルフマイヤー
2006 M:i:lll
Mission: Impossible lll
リンジー・エリザベス・ファリス
2007 ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた
Waitress
ジェナ・ハンターソン
ミッシング 〜消された記憶〜
The Girl in the Park
セレステ
奇跡のシンフォニー
August Rush
ライラ・ノヴァチェク
2008 ベッドタイム・ストーリー
Bedtime Stories
ジル
2009 ワンダーウーマン
Wonder Woman
ダイアナ・プリンス / ワンダーウーマン オリジナルビデオ
声の出演
Leaves of Grass ジャネット
2010 小さな命が呼ぶとき
Extraordinary Measures
アイリーン
2013 オースティンランド 恋するテーマパーク
Austenland
ジェーン・ヘイズ
ダークスカイズ
Dark Skies
レイシー・バレット
2014 猿の惑星: 新世紀
Dawn of the Planet of the Apes
エリー
2016 ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男
Free State of Jones
セリーナ・ナイト
2019 スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
Star Wars: The Rise Of Skywalker
ゾリ・ブリス [10]

テレビシリーズ[編集]

邦題/原題 役名 備考
1993 ボーイ・ミーツ・ワールド
Boy Meets World
ジェシカ 第1シーズン第7話「ユニークばあば登場」
1998 - 2002 フェリシティの青春
Felicity
フェリシティ・ポーター 主演
84エピソード
2005 INTO THE WEST イントゥー・ザ・ウエスト
Into the West
ナオミ・ウィーラー ミニシリーズ
2007 Scrubs〜恋のお騒がせ病棟
Scrubs
メロディ・オハラ 2エピソード
2013-2018 ジ・アメリカンズ
The Americans
エリザベス・ジェニングス 主演

参考文献[編集]

  1. ^ Myers, Chuck (2000年8月16日). “1ST PERSON: Keri Russell”. Knight Ridder/Tribune News Service. オリジナルの2013年1月3日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130103075202/http://www.highbeam.com/Search?searchTerm=1ST+PERSON+Keri+Russell.(Knight+RidderTribune+Interactive)&searchType=Article&currentPage=0&orderBy= 2007年12月9日閲覧。 
  2. ^ Wells, Rachel (2007年10月7日). “Waiting game”. The Age. http://www.theage.com.au/news/film/waiting-game/2007/10/04/1191091279389.html 2007年10月6日閲覧。 
  3. ^ Walls, Jeannette (2006年5月16日). “Tom Cruise gets serious about Mother’s Day - Notes from all over”. MSNBC. http://www.msnbc.msn.com/id/12649012/ 2007年5月16日閲覧。 
  4. ^ Jordan, Julie (2007年2月15日). “Keri Russell Marries in New York”. People Magazine. http://www.people.com/people/article/0,,20011987,00.html 2007年5月16日閲覧。 
  5. ^ Keri Russell Gives Birth to a Boy - Birth, Keri Russell : People.com
  6. ^ Elizabeth Leonard (2013年5月12日). “Keri Russell and Shane Deary Separate”. People. 2016年2月22日閲覧。
  7. ^ Keri Russell Gives Birth to a Boy”. People (2007年6月18日). 2010年7月29日閲覧。
  8. ^ Keri Russell Welcomes Daughter Willa Lou”. People (2012年1月5日). 2012年1月5日閲覧。
  9. ^ The Americans’ Keri Russell and Matthew Rhys Collude on Secret Covert Project: A Little Baby!”. Vulture.com (2016年1月6日). 2016年1月6日閲覧。
  10. ^ 『スター・ウォーズ エピソード9』出演者発表!ルーク再登場、レイア役キャリー・フィッシャーは未公開映像で ─ 8月撮影開始へ”. THE RIVER (2018年7月28日). 2018年7月28日閲覧。