ケルン-デュースブルク線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケルン-デュースブルク線
基本情報
ドイツの旗 ドイツ
起点 ケルン
終点 デュースブルク
路線番号 415、450.1、450.6、450.7
開業 1845年
運営者 ドイツ鉄道
路線諸元
路線距離 64 km
軌間 1,435 mm
線路数 複々線
三複線
電化方式 交流15,000V 16.7Hz
最高速度 200 km/h
テンプレートを表示

ケルン-デュースブルク線ドイツ語: Bahnstrecke Köln–Duisburg)とは、ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州ケルンケルン中央駅から同デュースブルクデュースブルク中央駅に至る全長64kmのドイツ鉄道の路線である。ルール地方とドイツ北東部を結ぶ重要幹線を構成しており、全線が複々線または三複線である[1]

運行経路
凡例
STR
S+BHF
63.1 デュースブルク中央駅
LSTR
SHST
60.0 デュースブルク=シュレンク
LSTR
SHST
57.8 デュースブルク=ブーフホルツ
SHST
55.8 デュースブルク=グローセンバウム
LSTR
SHST
53.8 デュースブルク=ラーム
SHST
52.1 アンガームント
eBHF
49.2 カルクム
LSTR
S+BHF
47.7 デュッセルドルフ空港
LSTR
SBHF
46.0 デュッセルドルフ=ウンターラート
LSTR
SHST
42.7 デュッセルドルフ=デーレンドルフ
SHST
41.4 デュッセルドルフ動物園
LSTR
SBHF
40.6 デュッセルドルフ・ヴェーアハーン
LSTR
S+BHF
39.5 デュッセルドルフ中央駅
LSTR
KMW
39.4
38.1
km誤差
LSTR
SHST
37.1 デュッセルドルフ市民庭園
LSTR
SHST
35.8 デュッセルドルフ=オーバービルク
LSTR
SHST
33.5 デュッセルドルフ=エラー南駅
LSTR
SHST
31.0 デュッセルドルフ=ライスホルツ
LSTR
SHST
28.5 デュッセルドルフ=ベンラート
SHST
26.0 デュッセルドルフ=ガーラート
SHST
24.7 デュッセルドルフ=ヘラーホーフ
SHST
22.7 ランゲンフェルト=ベルクハウゼン
S+BHF
20.7 ランゲンフェルト (ラインラント) Sバーン駅
LSTR
SHST
16.1 レーヴァークーゼン=ラインドルフ
SHST
13.3 レーヴァークーゼン・キュパーシュテーク
LSTR
S+BHF
11.7 レーヴァークーゼン中
eHST
10.7 レーヴァークーゼン・ヴィースドルフ
SHST
9.4 レーヴァークーゼン・ヒェム公園
KMW
7.6
8.2
km誤差
SHST
7.5 ケルン=シュタムハイム
LSTR
S+BHF
3.8 ケルン=ミュールハイム
LSTR
SHST
2.7 ケルン=ブーフフォルスト
LSTR
S+BHF
0.0 ケルン見本市・ドイツ
hKRZWae
ライン河
S+BHF
ケルン中央駅
STR

歴史[編集]

1845年12月20日にケルン・ミンデン鉄道株式会社(CME)によってケルン・メッセ/ドイツ駅からミンデン駅に至るケルン・ミンデン鉄道本線の最初の開業区間としてケルン郊外のドゥーツからデュッセルドルフに至る区間が開業した。翌1846年2月9日にデュッセルドルフ - デュースブルク間が開業した。1859年10月3日にはライン川西岸のケルン中央駅への橋が開通した。

列車[編集]

ICEICRERBおよびSバーンが運行されている[2][3][4]

この他、RERBSバーンも多数運行されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]