ケルヴィン・ガステラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケルヴィン・ガステラム
Kelvin Gastelum.jpg
基本情報
本名 ケルヴィン・ガステラム
(Kelvin Gastelum)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メキシコの旗 メキシコ
生年月日 (1991-10-24) 1991年10月24日(28歳)[1]
出身地 カリフォルニア州サンノゼ[1]
所属 ユマ・ユナイテッドMMA
キングスMMA
身長 175cm
体重 84kg
リーチ 182cm
階級 ミドル級ウェルター級
バックボーン レスリング、10thプラネット柔術、ボクシング
総合格闘技戦績
総試合数 21
勝ち 15
KO勝ち 6
一本勝ち 4
判定勝ち 5
敗け 5
無効試合 1
テンプレートを表示

ケルヴィン・ガステラムKelvin Gastelum1991年10月24日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家カリフォルニア州サンノゼ出身。キングスMMA所属。UFC世界ミドル級ランキング7位[2]TUF 17王者。

来歴[編集]

メキシコ人の両親の間に生まれ、高校時代はレスリングアリゾナ州王者となった。北アイダホ大学に進学するも総合格闘家になるために1年で中退した。保釈保証業者として働きながら2010年12月11日にプロ総合格闘技デビュー[1]

The Ultimate Fighter[編集]

2013年1月、リアリティ番組The Ultimate Fighter」のシーズン17に参加。チェール・ソネン率いるチーム・ソネンに所属。ミドル級トーナメント1回戦でババ・マクダニエルと対戦し、一本勝ち。2回戦でコリン・ハートと対戦し、KO勝ち。準決勝でジョシュ・サマンと対戦し、一本勝ち。ドラフトで14選手中13番目の下位指名ながらアップセットを繰り返し決勝進出を果たした[3]

2013年4月13日、The Ultimate Fighter 17 Finaleのミドル級トーナメント決勝でユライア・ホールと対戦し、2-1の判定勝ちを収めThe Ultimate Fighter史上最年少優勝者となる21歳での優勝を果たした[4]

UFC[編集]

2013年8月28日、UFC初参戦となったUFC Fight Night: Condit vs. Kampmann 2でブライアン・メランコンと対戦し、リアネイキドチョークで一本勝ちを収めた。

2014年3月15日、UFC 171でウェルター級ランキング14位のリック・ストーリーと対戦し、2-1の判定勝ち。

2014年11月15日、UFC 180でウェルター級ランキング7位のジェイク・エレンバーガーと対戦し、リアネイキドチョークで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年1月31日、UFC 183でウェルター級ランキング3位のタイロン・ウッドリーと対戦し、1-2の判定負けでキャリア初黒星を喫した。この試合はガステラムの体重超過により81.6kg契約で行われた。ガステラムは計量当日の朝にはウェルター級のリミット体重まであと3ポンドと減量は順調だったものの、嘔吐するなど突如体調を崩して病院で点滴等の治療を受けたことで体重を超過した[5]

2015年11月21日、UFC Fight Night: Magny vs. Gastelumでウェルター級ランキング13位のニール・マグニーと対戦し、1-2の判定負け。敗れたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2016年7月9日、UFC 200でウェルター級ランキング6位のジョニー・ヘンドリックスと対戦し、判定勝ち。この試合はヘンドリックスの体重超過により77.6キロ契約で行われた。

2016年11月11日、UFC 205ドナルド・セラーニと対戦予定だったがウェルター級のリミットまで体重を落とすことができず中止となった[6]。これに関してUFC代表のダナ・ホワイトは「もう彼を170ポンドで闘わせることはないだろう」とコメントした[7]

2016年12月10日、UFC 206でミドル級ランキング10位のティム・ケネディと対戦し、左フックでTKO勝ち。

2017年3月11日、UFC Fight Night: Belfort vs. Gastelumでミドル級ランキング9位のビクトー・ベウフォートと対戦し、左ストレートでTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 しかし4月6日にベウフォート戦試合当日夜に実施したドーピング検査でマリファナの代謝産物Carboxy-THCの陽性反応が検出されたことを全米アンチ・ドーピング機関(USADA)から通知され[8]、5月7日に試合結果がノーコンテストに変更、ガステラムにファイトマネーから20%の罰金と90日間の出場停止処分が科せられた[9]

2017年7月22日、UFC on FOX 25でミドル級ランキング5位のクリス・ワイドマンと対戦。1Rに左ストレートでダウンを奪うも、3Rに肩固めで一本負けを喫した。

2017年11月25日、UFC Fight Night: Bisping vs. Gastelumでミドル級ランキング2位のマイケル・ビスピンと対戦し、カウンターの左フックでダウンを奪い、パウンドでKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2018年5月12日、UFC 224でミドル級ランキング2位のホナウド・ジャカレイと対戦。2Rにワンツーでダウンを奪うなどスタンドの攻防で優勢に立ち、2-1の判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2019年2月10日、UFC234のUFC世界ミドル級タイトルマッチで王者ロバート・ウィテカーに挑戦する予定だったが、ウィテカーが試合当日に腸の腹部ヘルニアで欠場したため、中止となった。

2019年4月13日、UFC 236のUFC世界ミドル級暫定王座決定戦でミドル級ランキング5位のイスラエル・アデサンヤと対戦。一進一退の攻防を繰り広げ、打撃で追い詰めることもあったものの、0-3の5R判定負け。敗れはしたもののファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2019年11月2日、UFC 244ダレン・ティルと対戦し、1-2の判定負け。2連敗となった。

ファイトスタイル[編集]

身長175cmとミドル級においては小柄ながらも、どのミドル級ファイターにも勝る強烈な左ストレートと左フックを持ち、当たれば相手を一発で沈めることができるハードパンチャーである。また、パンチだけでなくキックも強烈であり、イスラエル・アデサンヤ戦では左ハイキックでアデサンヤをぐらつかせ、パンチを畳み掛けてフィニッシュ寸前まで追い込んでいる。さらに、レスリングやグラウンドでの攻防にも優れており、グラウンドではリアネイキドチョークなどの絞め技を得意としている。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
21 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 6 4 5 0 0 1
5 0 1 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ダレン・ティル 5分3R終了 判定1-2 UFC 244: Masvidal vs. Diaz 2019年11月2日
× イスラエル・アデサンヤ 5分5R終了 判定0-3 UFC 236: Holloway vs. Poirier 2
【UFC世界ミドル級暫定王座決定戦】
2019年4月13日
ホナウド・ジャカレイ 5分3R終了 判定2-1 UFC 224: Nunes vs. Pennington 2018年5月12日
マイケル・ビスピン 1R 2:30 KO(左フック→パウンド) UFC Fight Night: Bisping vs. Gastelum 2017年11月25日
× クリス・ワイドマン 3R 3:45 肩固め UFC on FOX 25: Weidman vs. Gastelum 2017年7月22日
ビクトー・ベウフォート 1R 3:52 ノーコンテスト UFC Fight Night: Belfort vs. Gastelum 2017年3月11日
ティム・ケネディ 3R 2:45 TKO(左フック) UFC 206: Holloway vs. Pettis 2016年12月10日
ジョニー・ヘンドリックス 5分3R終了 判定3-0 UFC 200: Tate vs. Nunes 2016年7月9日
× ニール・マグニー 5分5R終了 判定1-2 UFC Fight Night: Magny vs. Gastelum 2015年11月21日
ネイサン・マーコート 2R終了時 TKO(コーナーストップ) UFC 188: Velasquez vs. Werdum 2015年6月13日
× タイロン・ウッドリー 5分3R終了 判定1-2 UFC 183: Silva vs. Diaz 2015年1月31日
ジェイク・エレンバーガー 1R 4:46 リアネイキドチョーク UFC 180: Werdum vs. Hunt 2014年11月15日
ニコラス・ムサケ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Swanson vs. Stephens 2014年6月28日
リック・ストーリー 5分3R終了 判定2-1 UFC 171: Hendricks vs. Lawler 2014年3月15日
ブライアン・メランコン 1R 2:26 リアネイキドチョーク UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann 2 2013年8月28日
ユライア・ホール 5分3R終了 判定2-1 The Ultimate Fighter 17 Finale
【ミドル級トーナメント 決勝】
2013年4月13日
マイク・アシュフォード 1R 1:57 TKO(パンチ連打) Rage in the Cage 161 2012年7月20日
ビル・スモールウッド 1R 0:55 リアネイキドチョーク Cage Rage: On the River 2 2011年7月22日
マイク・ジェンティーレ 2R 2:32 KO(パンチ連打) Desert Rage Full Contact Fighting 10 2011年10月22日
ヤイール・モグエル 3R 2:26 TKO(パンチ連打) LAW 1: Heatwave 2011年7月16日
ホセ・サンチェス 2R 1:38 ギブアップ(パンチ連打) LAF 1: Border Wars 2010年12月11日

総合格闘技エキシビション[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ジョシュ・サマン 1R 4:02 リアネイキドチョーク The Ultimate Fighter: Team Jones vs. Team Sonnen 2012年12月11日
コリン・ハート 1R 0:33 TKO(パウンド) The Ultimate Fighter: Team Jones vs. Team Sonnen 2012年12月4日
ババ・マクダニエル 2R 2:38 リアネイキドチョーク The Ultimate Fighter: Team Jones vs. Team Sonnen 2012年11月15日
キト・アンドリュース 5分2R終了 判定3-0 The Ultimate Fighter: Team Jones vs. Team Sonnen 2012年10月30日

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

  • 10thプラネット柔術 黒帯
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(3回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(3回)
  • The Ultimate Fighter 17 サブミッション・オブ・ザ・シーズン(2013年)

脚注[編集]

関連項目[編集]