ケル・ブルック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケル・ブルック
基本情報
本名 エゼキエル・ブリンスリー・リード・ブルック
通称 The Special One(特別な逸材)
Special K
階級 スーパーウェルター級
身長 175cm
リーチ 175cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1986-05-03) 1986年5月3日(33歳)
出身地 シェフィールド
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 41
勝ち 39
KO勝ち 27
敗け 2
テンプレートを表示

ケル・ブルックKell Brook 、男性、1986年5月3日 - )は、イギリスプロボクサー。元IBF世界ウェルター級王者。シェフィールド出身。エディー・ハーンのマッチルーム・スポーツ所属。

来歴[編集]

2004年9月17日、シェフィールドドン・バレー・スタジアム英語版でピーター・バークレーと対戦し、6回判定勝ちを収めデビュー戦を制した[1]

2008年6月14日、バリー・ジョーンズとBBBofC英国ウェルター級王座決定戦を行い、7回42秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2008年11月14日、ケビン・マクインティレーと対戦し、初回2分TKO勝ちを収めBBBofC英国王座の初防衛に成功した。

2009年1月30日、スチュアート・エルウェルと対戦し、2回1分29秒TKO勝ちを収めBBBofC英国王座の2度目の防衛に成功した[2]

2009年7月18日、マンチェスターマンチェスター・イブニング・ニュース・アリーナでマイケル・ロマックスと対戦し、3回2分41秒TKO勝ちを収めBBBofC英国王座の3度目の防衛に成功した。

2010年3月12日、リバプールエコー・アリーナ・リバプール英語版WBOインターコンチネンタルウェルター級王者クリストフ・ビエニアスと対戦し、6回2分46秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2010年9月18日、マイケル・ジェニングスと対戦し、5回47秒TKO勝ちを収めWBOインターコンチネンタル王座は初防衛、BBBofC英国王座は4度目の防衛に成功した。

2010年12月11日、フィリップ・コーティと対戦し、2回39秒TKO勝ちを収めWBOインターコンチネンタル王座2度目の防衛に成功した。

2011年4月8日、フランク・ウォーレンのクィーンズ・ベリー・プロモーションズから離脱し、エディー・ハーンのマッチルーム・スポーツと契約した[3]

2011年6月25日、元IBF世界スーパーライト級王者のラブモア・ヌドゥWBAインターコンチネンタルウェルター級王座決定戦を行い、12回3-0(2者が119-110、118-111)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[4]

2011年10月8日、ラファエル・ヤキヴィッチと対戦し、6回2分36秒TKO勝ちを収めWBAインターコンチネンタル王座の初防衛に成功した[5]

2012年3月17日、IBFインターナショナルウェルター級王者のマシュー・ハットンと対戦し、12回3-0(118-109、119-108、119-107)の判定勝ちを収めWBAインターコンチネンタル王座の2度目の防衛、IBFインターナショナル王座獲得に成功した[6]

2012年7月7日、シェフィールドモーター・ポイント・アリーナ・シェフィールド英語版でカーソン・ジョーンズと対戦し、12回2-0(114-114、116-113、115-113)の判定勝ちを収めIBFインターナショナル王座の初防衛に成功した[7]

2013年7月13日、キングストン・アポン・ハルクレイヴン・パーク英語版でカーソン・ジョーンズとウェルター級契約10回戦を行い、8回1分7秒TKO勝ちを収め1年ぶりの再戦を制した[8]

2013年1月29日、デボン・アレクサンダーと対戦予定だったがブルックが足首を負傷し試合が同年2月23日に延期されたのだが、しかし今度はアレクサンダーが上腕二頭筋を負傷し2度目の延期となった[9]。お互いの負傷による延期が続き同年5月18日に試合が行われることが内定していたがまたしてもブルックが足を負傷し、結局試合自体が流れる事となった[10]

2013年10月26日、シェフィールドのモーター・ポイント・アリーナ・シェフィールドで元WBA世界ウェルター級王者のビチェスラフ・センチェンコと対戦し、4回2分57秒TKO勝ちを収めIBF世界ウェルター級王者のデボン・アレクサンダーへの指名挑戦権獲得に成功した[11]

2014年8月16日、カリフォルニア州カーソンスタブハブ・センターでIBF世界ウェルター級王者のショーン・ポーターと対戦し、12回2-0(114-114、117-111、116-112)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[12]。なおイギリスのボクサーがアメリカのリングでアメリカの世界王者からベルトを奪取したのはロイド・ハニガンがWBA・WBC・IBF世界ウェルター級統一王者ドナルド・カリーを破って以来29年ぶりの快挙だった。

2014年12月16日、シェフィールドでIBF世界ウェルター級王座の初防衛戦を行う予定だったが、休暇先で暴漢に足を刺され負傷したため延期になった[13]

2015年3月28日、シェフィールドのモーター・ポイント・アリーナ・シェフィールドでIBF世界ウェルター級2位のイヌオット・ダン・イオンと対戦し、イオンが4回終了時に棄権した為IBF王座の初防衛に成功した[14]

2015年5月30日、ロンドンにあるO2アリーナでIBF世界ウェルター級4位のフランキー・ギャビンと対戦し、6回2分51秒TKO勝ちを収めIBF王座の2度目の防衛に成功した[15]

2015年10月24日、シェフィールドのシェフィールド・アリーナ英語版で元WBA世界ウェルター級暫定王者でIBF世界ウェルター級4位のディエゴ・ガブリエル・チャベスと対戦し、IBF王座の3度目の防衛を目指す予定だったが、同月15日のスパーリング中にブルックが肋骨を負傷した為、試合は中止となった[16][17]

2016年3月26日、シェフィールドのシェフィールド・アリーナでIBF世界ウェルター級1位のケビン・ビジェールと対戦し、2回2分15秒TKO勝ちを収めIBF王座の3度目の防衛に成功した[18]

2016年7月5日、IBF世界ウェルター級王者のケル・ブルックとWBO世界ウェルター級王者のジェシー・バルガスの間で王座統一戦を行うとマッチルーム・スポーツが発表した[19]

2016年7月8日、WBAスーパーWBC・IBF世界ミドル級王者のゲンナジー・ゴロフキンからの対戦要請にブルックが即断しゴロフキンとブルックが対戦することが決定した[20][21]

2016年9月7日、WBAが1度もミドル級で試合をしたことがないブルックの安全と健康を守ることを理由にゴロフキン対ブルック戦をタイトルマッチとして承認しないと発表。ゴロフキン対ブルック戦はWBA世界ミドル級スーパー王座が懸けられずWBC世界ミドル級王座並びにIBF世界ミドル級王座のみが懸けられることが決定した[22][23][24]

2016年9月10日、ロンドンのO2アリーナでWBAスーパー・WBC・IBF世界ミドル級王者のゲンナジー・ゴロフキンと対戦し、5回1分52秒、ブルック陣営からのタオル投入による棄権によりプロ初黒星を喫しWBC王座、IBF王座並びにIBO王座の獲得に失敗、WBAから世界王座戦として承認されずWBAスーパー王座が懸けられずに行われた試合で2階級制覇に失敗した[25][26][27]。ブルックは右目の眼窩骨折の重傷を負って手術を受けた[28]

2017年5月27日、シェフィールドのブラモールレーン英語版でIBF世界ウェルター級1位のエロール・スペンス・ジュニアと対戦し、11回1分42秒KO負けを喫しIBF王座の4度目の防衛に失敗、王座から陥落した[29][30]。ブルックは左目の眼窩骨折を負って手術を受けた[31]

2018年3月3日、シェフィールドのFlyDSAアリーナ英語版でセルゲイ・ラブチェンコとWBC世界スーパーウェルター級シルバー王座決定戦を行い、2回KO勝ちを収め王座獲得に成功、スーパーウェルター級転向戦を白星で飾ると共に再起した[32]

2018年7月28日、ブランドン・クックと対戦が決まっていたがブルックが足首を負傷して試合が中止になった[33]

2018年12月8日、シェフィールドのFlyDSAアリーナでマイケル・ゼラファとWBA世界スーパーウェルター級挑戦者決定戦を行い、12回3-0 (118-110、119-109、117-111) の判定勝ちを収めジャレット・ハードへの挑戦権を獲得した[34]

2020年2月8日、シェフィールドのFlyDSAアリーナでマーク・デルーカとWBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王座決定戦を行い、7回1分15秒KO勝ちを収め王座獲得に成功、1年2ヵ月ぶりとなる復帰戦を制した[35][36][37]

獲得タイトル[編集]

  • BBBofC英国ウェルター級王座
  • WBOインターコンチネンタルウェルター級王座
  • WBAインターコンチネンタルウェルター級王座
  • IBFインターナショナルウェルター級王座
  • IBF世界ウェルター級王座(防衛3)
  • WBC世界スーパーウェルター級シルバー王座
  • WBOインターコンチネンタルスーパーウェルター級王座

脚注[編集]

  1. ^ Kell Brook Mulled Retirement, Hints at 'Big Changes' in Return Boxing Scene.com(英語) 2017年7月21日
  2. ^ Brook retains belt against Elwell BBS Sport(英語) 2009年1月30日
  3. ^ Kell Brook Leaves Frank Warren, Joins Matchroom Sport Boxing Scene.com(英語) 2011年4月8日
  4. ^ Kell Brook Dominates, Decisions Lovemore Ndou Boxing Scene.com(英語) 2011年6月25日
  5. ^ Kell Brook Dominates, Stops Rafal Jackiewicz in Six Boxing Scene.com{{en icon}} 2011年10月8日
  6. ^ Kell Brook Batters Matthew Hatton, Cruises To Decision Boxing Scene.com(英語) 2012年3月17日
  7. ^ Kell Brook v Carson Jones: Brook survives scare to win on points BBC Sport(英語) 2012年7月7日
  8. ^ Kell Brook vs. Carson Jones Results: Brook Defeats Jones in Rematch Bleacher Report(英語) 2013年7月14日
  9. ^ アレキサンダー負傷 ブロック戦延期 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年2月5日
  10. ^ ラウンドアップ (海外版) ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月23日
  11. ^ Kell Brook beats Vyacheslav Senchenko with fourth-round KO BBC Sport(英語) 2013年10月26日
  12. ^ ブロック2-0判定で新王者に、ビカは王座陥落 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月17日
  13. ^ ブルック、休暇先で暴漢に刺される Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月6日
  14. ^ ブルックがIBFウェルター級V1、カーンに対戦要求 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月29日
  15. ^ ブルックTKO防衛、セルビーはグラドビッチ下し戴冠 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月31日
  16. ^ Kell Brook forced to postpone title defense after suffering rib injury ESPN.com(英語) 2015年10月17日
  17. ^ ブルックが肋骨負傷、チャベスとの防衛戦は延期に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月17日
  18. ^ ブルック圧勝、ライバルたちとの対決熱望 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月27日
  19. ^ Golovkin-Eubank Jr, Brook-Vargas Updates Fightnews.com(英語) 2016年7月5日
  20. ^ Gennady Golovkin vs. Kell Brook is on, that’s right GGG vs. Kell Brook! Fightnews.com 2016年7月8日
  21. ^ ゴロフキンはブルックと対戦! 9.10ロンドン Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月9日
  22. ^ Golovkin-Brook Not a WBA Title Fight WBA公式サイト 2016年9月7日
  23. ^ WBA Clarifies Position on Golovkin-Brook WBA公式サイト 2016年9月8日
  24. ^ パッキャオLA入り、カネロがNYデビューを計画? Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月8日
  25. ^ Golovkin wins by TKO5 when Brook’s corner throws in towel Fightnews.com(英語) 2016年9月10日
  26. ^ Physics 101: Golovkin TKOs Brook WBA公式サイト 2016年9月10日
  27. ^ ゴロフキンが5回TKO勝ち、ブルック陣営タオル投入 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月11日
  28. ^ Kell Brook recovering from surgery to repair broken orbital bone ESPN.com(英語) 2016年9月28日
  29. ^ Spence dethrones Brook in barn burner Fightnews.com 2017年5月27日
  30. ^ スペンスがブルックをKO IBFウェルター級王座奪取 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月28日
  31. ^ Kell Brook wants to fight in next six months following surgery ESPN.com 2017年6月21日
  32. ^ Brook demolishes Rabchenko in 154lb debut Fightnews.com(英語) 2018年3月3日
  33. ^ Brandon Cook: Brook Fight is Off, Brook Has Ankle Injury” (英語). Boxing Scene.com (2018年7月15日). 2018年8月1日閲覧。
  34. ^ Kell Brook beats Michael Zerafa by unanimous points decision despite unconvincing display in Sheffield to become WBA super-welterweight title mandatory Daily Mail Online(英語) 2018年12月8日
  35. ^ Kell Brook Drops, Knocks Mark DeLuca Out in Seventh Boxing Scene.com(英語) 2020年2月8日
  36. ^ Brook returns with KO, Galahad stops Marrero Fightnews.com(英語) 2020年2月8日
  37. ^ ダラキアン盤石 WBAフライ級V4 元ウェルター級王者ブルックは1年ぶり復帰戦勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2020年2月9日

関連項目[編集]

前王者
ショーン・ポーター
IBF世界ウェルター級王者

2014年8月16日 - 2017年5月27日

次王者
エロール・スペンス・ジュニア