ケレティ・アーグネシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にアーグネシュ・ケレティと表記することもあります。
ケレティ・アーグネシュ Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Ágnes Keleti 1960.jpg
1960年5月12日、イスラエルのウィンゲート体育研究院で学生を指導するケレティ。
選手情報
フルネーム Keleti Ágnes
ケレティ・アーグネシュ
別名 出生名:Klein Ágnes
クレイン・アーグネシュ
愛称 Aggi(アギー)
国籍  ハンガリー
生年月日 (1921-01-09) 1921年1月9日(98歳)
生誕地 ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国
ブダペスト
居住地 イスラエルの旗 イスラエル
ヘルツリーヤ ピトゥアフ[1]
種目 体操競技
代表  ハンガリー
所属 Nemzeti TE
Bp. Postás
TF Haladás
Újpesti TE
引退 1958年
 
獲得メダル
オリンピック
1952 ヘルシンキ ゆか
1956 メルボルン 段違い平行棒
1956 メルボルン 平均台
1956 メルボルン ゆか
1956 メルボルン 手具体操団体
1952 ヘルシンキ 団体総合
1956 メルボルン 個人総合
1956 メルボルン 団体総合
1952 ヘルシンキ 段違い平行棒
1952 ヘルシンキ 手具体操団体
世界体操競技選手権
1954 ローマ 段違い平行棒
1954 ローマ 団体総合
1954 ローマ 平均台
テンプレートを表示

ケレティ・アーグネシュハンガリー語: Keleti Ágnes ハンガリー語発音: [ˈkɛlɛti ˈaːɡnɛʃ], 1921年1月9日 - )は、ハンガリーの元女子体操競技選手。ユダヤ人であることから[2]ナチスによる迫害を受けたがホロコーストから生き残り、第二次世界大戦後に30歳代で出場した1952年ヘルシンキ五輪1956年メルボルン五輪の2つの五輪大会で合計10個のメダル金メダル5個、銀メダル3個、銅メダル2個)を獲得した[3]2002年国際体操殿堂入りしている[4]

経歴[編集]

競技生活とナチスによる迫害[編集]

1921年1月9日、ケレティ・アーグネシュはハンガリー王国(現ハンガリー)の首都ブダペスト[3]ユダヤ系ハンガリー人の両親のもとに生まれた[5]。ケレティは4歳のとき医師から肺に不具合があると診断され[6]、何かスポーツをするよう勧められた[6]。この勧めにしたがって体操を始め[5][6][7]、8歳のときには小学校で最も体操が得意な児童になり[6]、16歳のときにハンガリーの全国体操競技大会で初めて優勝した[5][7]。翌1938年には体操競技のハンガリー代表に選ばれて[8]注目を集め、1940年五輪大会での活躍が期待される存在になったが[5][7]1939年9月に第二次世界大戦が始まり、その影響で1940年と1944年の五輪大会は開催中止となった[9]。ケレティが所属していた体操競技クラブは1941年に非アーリア人の選手全員をクラブから追放した[2]。ケレティ自身も、このとき追放された選手の一人である[2]当時のハンガリー国内では反ユダヤの風潮が高まっていた[要出典]

1944年3月、ナチス・ドイツマルガレーテI作戦を発動し、ハンガリー全土を占領した[6]。ナチス・ドイツによる占領下で、ハンガリーに居住していた50万人以上のユダヤ人の多くが強制収容所に送られ、殺害されている[1]。こうした状況の中でケレティはホロコーストから生き残るために身を潜めることを強いられた[2]。既婚女性は強制労働収容所に連行されないとの噂を聞いたことから[9]ベルリン五輪にも出場したハンガリーの体操競技選手シャールカーニ・イシュトヴァーン[10]と取り急ぎ結婚した[9][11]。そしてキリスト教徒の少女ユハース・ピロシュカの身元証明書を買い求めて使用し[2][4][12]、人目につかない小さな村でメイドとして働いて過ごすことでケレティはホロコーストから生き残った[2][5]。母と妹は身を潜めてスウェーデンの外交官ラウル・ワレンバーグにより救われたが[2][5][12]、父や他の親戚はアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所ガス室で全員が死亡した[2][4][12]。第二次世界大戦末期の1944年から1945年にかけてソビエト赤軍によるブダペスト包囲戦が行われている間、ケレティは毎朝、遺体を集めて墓に埋葬した[9]

オリンピック大会[編集]

戦後、ホロコーストから生き残ったケレティはトレーニングを再開した[13]1946年のハンガリー選手権に初出場して優勝し[13]、翌1947年には国際大会である中欧選手権のタイトルを獲得した[13]。同年に開催されたハンガリー選手権の個人総合でも優勝し、ケレティはこの年から1956年までハンガリー選手権の個人総合を10大会連続で制している[14]1948年ロンドン五輪に際してはハンガリー代表メンバーに選ばれたが、ロンドンで試合の2日前に右足首の靭帯を断裂し、大会には出場できなかった[2][12]。そのため、国際オリンピック委員会の公式ウェブサイトにもケレティのロンドン五輪での成績は記載されていない[15]。一方、ロンドン五輪組織委員会が発行した『ロンドン五輪公式報告書』の競技者リストには「Sarkany, A.」として結婚による改姓後の名前が掲載されている[16]。国際体操殿堂は公式ウェブサイトにおいて、確かにケレティは怪我のためロンドン五輪では試合に出場できなかったが、団体総合で銀メダルを獲得したハンガリーチームのメンバーだったため彼女も同種目の銀メダルを授与されているとしており[4]、彼女に関するページではロンドン五輪団体総合の銀メダリストとして紹介している[4]

1949年には世界青年学生祭典に出場して4つの金メダル、1つの銀メダル、1つの銅メダルを獲得し[17]、1952年に開催されたヘルシンキ五輪に31歳で初出場した。大会ではハンガリーチームの団体総合での銀メダル獲得[18][19]と手具体操団体での銅メダル獲得に貢献し[3]、種目別ではゆかで金メダル、段違い平行棒で銅メダルを獲得した[20]。続いて1954年世界体操競技選手権ローマ大会に出場し、段違い平行棒で金メダル、団体総合で銀メダル、平均台で銅メダルを獲得した[21][22]。1956年のメルボルン五輪では個人総合で銀メダルを獲得[23]。種目別でも段違い平行棒、平均台、ゆかで金メダルを獲得し[24]、チームの手具体操団体での金メダル獲得[3]および団体総合での銀メダル獲得[25][26]に貢献した。このときケレティは35歳であり、女子体操競技選手として五輪史上最年長の金メダリストになった[27]

ハンガリー動乱と亡命[編集]

メルボルン五輪の開催中にハンガリーの民衆が全土で蜂起した事件をめぐりソビエト連邦軍がハンガリーに侵攻するという事態が起きた[5][7]ハンガリー動乱)。五輪に参加していたハンガリー代表団は祖国の惨状を知り、ケレティを含む44人のハンガリー代表選手らは祖国へは戻らずオーストラリアに残り、亡命することを決断した[1][5][28]。オーストラリア当局はこの亡命を受け入れて、亡命者を保護した[1]。幸い、ケレティは母と妹をハンガリーからオーストラリアへ呼び寄せることができた[5][7]。翌1957年、ケレティはイスラエルのスポーツ関係者から招待を受けて、テルアビブで開催された第5回マカビア競技大会に参加した[1]。イスラエルを訪れるのは初めてだったが、同国を気に入った彼女は移住することを決め[1]、続いて母と妹も間もなくイスラエルに居を移した[1]。シャールカーニとは既に1950年に離婚しており[11]、イスラエルで知り合ったハンガリー人体育教師ビロ・ロベルトと1959年に再婚してダニエル、ラファエルと2人の息子を儲けた[9]1958年に競技生活から引退した[27]後はテルアビブ大学およびネタニヤのウィンゲート体育研究院で長年にわたり体育のインストラクターを務め[9][27]、同時に体操競技のイスラエル代表チームでも1990年代に至るまでコーチを務めた[4][14][27]

1936年ベルリン五輪水球競技の金メダリストで1913年生まれのタリッチ・シャーンドルが2016年5月21日に死去した[29]ことにともない、ケレティはハンガリーで最高齢の五輪金メダリストになった[30]2017年2月にはイスラエル最高の栄誉である[1]イスラエル賞を同国から授与された[28]

2017年2月現在は、イスラエルのヘルツリーヤに居住している[1]

著書[編集]

Keleti Ágnes (2002) (ハンガリー語). Egy olimpiai bajnok három élete. Keleti Ágnes. ISBN 963440796X. https://books.google.com/books?id=rnKXZwEACAAJ. 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i Dr. Yvette Alt Miller (2017年2月25日). “Agnes Keleti: Israel’s Trailblazing Olympic Champion” (英語). aish.com. 2017年12月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i Lissa Smith (1999) (英語). Nike is a Goddess: The History of Women in Sports. Atlantic Monthly Press. p. 221. ISBN 0871137615. https://books.google.com/books?id=SOwKTgEnTBsC&pg=PA221 2017年12月26日閲覧。. 
  3. ^ a b c d "ケレティ・アーグネシュ". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. Retrieved 2017年12月26日.
  4. ^ a b c d e f Agnes Keleti - The International Gymnastics Hall of Fame” (英語). 国際体操殿堂 (2002年). 2017年12月26日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i GymnasticGreats.com: Whatever happened to Agnes Keleti?” (英語). GymnasticGreats.com (1999年8月25日). 2017年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月26日閲覧。
  6. ^ a b c d e Great Jewish Women - Agnes Keleti (PDF)” (英語). TEMPLE ISAIAH. 2017年12月26日閲覧。
  7. ^ a b c d e Keleti, Agnes profile” (英語). Jews In Sports Online. 2017年12月26日閲覧。
  8. ^ Olimpiai érmeseink - Keleti Ágnes” (ハンガリー語). labdarugo.be. 2017年12月26日閲覧。
  9. ^ a b c d e f Shoshana Kordova (2005年7月4日). “Not always a soft landing - News - Haaretz - Israel News” (英語). Haaretz.com. 2017年12月26日閲覧。
  10. ^ "シャールカーニ・イシュトヴァーン". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. Retrieved 2017年12月26日.
  11. ^ a b Keleti Agnes Biografie” (オランダ語). labdarugo.be. 2017年12月26日閲覧。
  12. ^ a b c d ÁGHASSI ATTILA (2005年2月7日). “Index - Sport - Cselédből lett ötszörös olimpiai bajnok” (ハンガリー語). index.hu. 2017年12月26日閲覧。
  13. ^ a b c Carl Posey (2011) (英語). Historical Dictionary of the Olympic Movement. Historical Dictionaries of Sports. 61 (4 ed.). Scarecrow Press. p. 188. ISBN 0810875225. https://books.google.com/books?id=9mM0XzW03AcC&pg=PA188 2017年12月26日閲覧。. 
  14. ^ a b ELECTED MEMBERS - AGNES KELETI” (英語). 国際ユダヤ人スポーツ殿堂. 2017年12月26日閲覧。
  15. ^ Ágnes KELETI - Olympic Gymnastics Artistic - Hungary” (英語). 国際オリンピック委員会. 2017年12月26日閲覧。
  16. ^ The Official Report of the Organising Committee for the XIV Olympiad (PDF)” (英語). The Organising Committee for the XIV Olympiad(ロンドン五輪組織委員会). p. 574 (1951年). 2017年12月26日閲覧。
  17. ^ Prof. Livia Bitton-、Jackson (2012年7月22日). “Agnes Keleti: The Foundation Stone Of Gymnastics In Israel” (英語). The Jewish Press. 2017年12月26日閲覧。
  18. ^ Gymn Forum: 1952 Olympic Games, Women's Team” (英語). Gymn-Forum (2005年3月28日). 2017年12月26日閲覧。
  19. ^ Gymn Forum: 1952 Olympics, Women's Team Results by Gymnast” (英語). Gymn-Forum (2005年3月28日). 2017年12月26日閲覧。
  20. ^ Gymn Forum: 1952 Olympic Games, Women's EF” (英語). Gymn-Forum (2004年10月2日). 2017年12月26日閲覧。
  21. ^ Gymn Forum: 1954 World Champs, Women's EF” (英語). Gymn-Forum (2004年2月4日). 2017年12月26日閲覧。
  22. ^ Gymn Forum: 1954 World Champs, Women's Team” (英語). Gymn-Forum (2004年2月4日). 2017年12月26日閲覧。
  23. ^ Gymn Forum: 1956 Olympic Games, Women's AA” (英語). Gymn-Forum (2004年2月7日). 2017年12月26日閲覧。
  24. ^ Gymn Forum: 1956 Olympic Games, Women's EF” (英語). Gymn-Forum (2004年10月2日). 2017年12月26日閲覧。
  25. ^ Gymn Forum: 1956 Olympic Games, Women's Team” (英語). Gymn-Forum (2005年4月2日). 2017年12月26日閲覧。
  26. ^ Gymn Forum: 1956 Olympics, Women's Team Results by Gymnast” (英語). Gymn-Forum (2005年4月20日). 2017年12月26日閲覧。
  27. ^ a b c d Atara Arbesfeld (2012年8月15日). “One of World's Most Decorated Olympic Gymnasts Lives In Israel, Still Does Her Splits” (英語). Algemeiner.com. 2017年12月26日閲覧。
  28. ^ a b i24NEWS - Holocaust survivor, 10-time Olympic medalist Agnes Keleti awarded Israel Prize” (英語). i24NEWS (2017年2月15日). 2017年12月26日閲覧。
  29. ^ Elhunyt Tarics Sándor, a legidősebb olimpiai bajnok - Népszava” (ハンガリー語). nepszava.hu (2017年2月25日). 2017年12月26日閲覧。
  30. ^ Ezt tényleg nem hisszük el: remek formában van a 96 éves Keleti Ágnes” (ハンガリー語). szeretlekmagyarorszag.hu (2016年5月21日). 2017年12月26日閲覧。

関連項目[編集]