ケンダマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ケンダマンは、ゆでたまご漫画キン肉マン』及びその続編『キン肉マンII世』に登場する架空の人物。

主な特徴[編集]

初登場は夢の超人タッグ編「謎の新勢力…!!の巻」。あまりの強さのため相手がいなくなってしまい、天上にこもって修行をしていた完璧超人の一人。頭部が巨大な鉄球(けん玉の玉)になっている異形の巨漢。鉄球は自身の左手と鎖で繋がれており、首にあたる部分は短い円錐型の棘(けん玉の串に相当)。目は鉄球の側にあり、口は喉元に存在する。体色は原作では銀色で上腕・太腿などの生身の部分は肌色だったが、アニメでは黒に生身の部分は黄色、鉄球部分は赤であった。

完璧超人の先発隊として、相棒スクリュー・キッドと共に乱入コンビ(ゲーム版の名称は殺人遊戯コンビ)として宇宙超人タッグ・トーナメントに乱入。バッファローマンの1000万パワーを凌ぐ超人強度1500万パワーと、超人硬度10(ダイヤモンド)の肉体を持ち、攻防とも完璧と誇る[1]。自身の鉄球をハンマーのように武器にするファイトスタイルを見せており、空中に吹き飛ばされた時も鉄球をキャンバスに落とすことにより防いでいた[2]。また完璧超人の掟に従い、相手が攻撃を外したときすばやく逆襲するため決して後退しないファイトを信条としている[1]

タッグ技「地獄のネジ回し」は2人がネジとマイナスドライバーのように合体し、この2人にしか使えないことから「タッグのために生まれた超人」と呼ばれた[1]

名前の通りけん玉をモデルにした超人で、作者ゆでたまごによるとけん玉ブームにあやかり登場させたとされる[3]

『キン肉マン』でのケンダマン[編集]

宇宙超人タッグ・トーナメント乱入[編集]

宇宙超人タッグ・トーナメント2回戦開始直後に乱入。モースト・デンジャラスコンビ(ブロッケンJr. / ウルフマン)を全く寄せつけずに蹴散らした後、2000万パワーズ(モンゴルマン / バッファローマン)と戦う。

戦いでは先陣を切り、バッファローマンが腕に鉄球をはめこみチェーン・デスマッチの体勢となる。冷静さを失っているバッファローマンを圧倒し、自身のロングホーンを投げつけてガラスを割り、破片を手に凶器攻撃に出ようとする彼を挑発。しかし、モンゴルマンの協力を得たバッファローマンのパワーアップ・ハリケーン・ミキサーによりチェーンを切られ、鉄球も破壊される。

動揺するケンダマンとスクリュー・キッドに対し、完璧超人の首領(ドン)の声が場内に響き渡り、2人の処刑を宣告。焦る2人は首領の「どんな手を使っても」という言葉を履き違えてガラスの破片を手にし、ケンダマンはモンゴルマンを襲い、マスクの額を切った。この有様をモンゴルマンから「血に飢えた悪魔に過ぎない」と喝破される。地獄のネジ回しで勝負をつけようとするが、2000万パワーズのロングホーン・トレインを受けて場外へ落下し敗北。

その後、タッグ・トーナメントに出場していた正体不明のタッグチーム「ヘル・ミッショネルズ」が完璧超人の首領ネプチューンマンビッグ・ザ・武道と判明。敗北に加えて凶器攻撃を行った事で処刑が確定し、自分達に勝てば見逃すという言葉に賭けて地獄のネジ回しを慣行するものの刺した側のスクリュー・キッドが刺された側のビッグ・ザ・武道の肉体の前に粉砕される姿を見て逃走する。しかし後ろからネプチューンマンに捕まりそのまま喧嘩スペシャルで身体を裂かれ(アニメでは跡形もなく粉砕された)処刑された。

主要対戦成績[編集]

  • タッグマッチ
    • ○モースト・デンジャラスコンビ(ブロッケンJr. / ウルフマン、地獄のネジ回し)
    • ×2000万パワーズ(モンゴルマン / バッファローマン、ロングホーン・トレイン)

得意技[編集]

シングル技

ケン玉ヘッド・バット
左手から伸びる巨大な鉄球を頭に装着しての強烈なヘッドバット。アニメでは使用されなかった。
サソリ固め
バッファローマンの傷めた腰にさらに追い討ちをかけるために使用。

タッグ技

地獄のネジ回し
スクリュー・キッドが足をドリルに変形させてドロップキックを放ち、ケンダマンが足からマイナスドライバー状の突起を出し、キッドの頭部(ネジ山)と合体。この状態で回転して相手を貫く技。

プロフィール[編集]

異名[編集]

  • キケンな乱入者[6]

個人タイトル歴[編集]

「タイトルは弱者のシンボルである」というネプチューン・キングの教えに従っているためタイトルは持たない[7]

声優[編集]

テーマソング[編集]

キケンだキケンだケンダマン
歌 - 荒川務 / セリフ - 広瀬正志(ケンダマン) / 作詞 - 三浦晃嗣 / 作曲 - 樫原伸彦 / 編曲 - 石田勝範

コンピュータゲーム[編集]

キン肉マンII世 超人聖戦史』では夢の超人タッグ編のストーリー終了後、属性ゲージが一定値なら仲間にできる。また主人公が選んだルートにより扱いが分かれる。

  • 正義ルート
原作同様2回戦に乱入。主人公のチームと戦う。
  • 中立ルート
主人公のチームが宇宙超人タッグトーナメントに乱入すると、同じく乱入しようとした彼らと鉢合わせし戦闘になる。
  • 悪行ルート
ネプチューンマン、ビッグ・ザ・武道と共に地球に襲来。スクリュー・キッドとタッグで主人公と闘う。

キン肉マン マッスルジェネレーションズ』など『キン肉マンII世』以後のゲームでは、タッグチームを組むキャラクターによっては特定のチーム名が付けられる。以下にそれを示す。

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ゆでたまご「第4勢力の正体!!の巻」『キン肉マン 第18巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1984年12月15日、ISBN 978-4-08-851148-1、59-74頁。
  2. ^ ゆでたまご「謎の新勢力…!!の巻」『キン肉マン 第18巻』54-55頁。
  3. ^ ゆでたまご『キン肉マン 第25巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1986年4月15日、ISBN 978-4-08-851805-3、カバー折り返し・作者コメント。
  4. ^ a b c d ゆでたまご「超人名鑑 54 ケンダマン」『キン肉マン超人大全』集英社〈ジャンプコミックスセレクション〉、1998年7月22日、ISBN 978-4-8342-1677-6、90頁。
  5. ^ 「キケンだキケンだケンダマン(ケンダマンのテーマ)」CD『キン肉マン超人大全集』収録。
  6. ^ 生誕29(ニク)周年 みんなのキン肉マン特集 前編 <週刊特集 Vol.52> 59人を一挙紹介!超人大図鑑All About
  7. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「キン肉マン超人カード」『キン肉マン熱闘スペシャル』集英社、1984年8月25日、雑誌29936-8/25、7-8頁。

関連項目[編集]