ケヴォン・ルーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケヴォン・ルーニー
Kevon Looney
Kevon Looney at 2016 D-League Showcase.JPG
2016年のルーニー
ゴールデンステート・ウォリアーズ  No.5
ポジション PF
背番号 5
身長 206cm (6 ft 9 in)
体重 100kg (220 lb)
ウィングスパン 222cm  (7 ft 4 in)[1]
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Kevon Grant Looney
ラテン文字 Kevon Looney
誕生日 (1996-02-19) 1996年2月19日(23歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ウィスコンシン州の旗 ウィスコンシン州ミルウォーキー
出身 UCLA
ドラフト 2015年 1巡目 30位 ウォリアーズ 
選手経歴
2015- ゴールデンステート・ウォリアーズ
受賞歴

ケヴォン・グラント・ルーニー (Kevon Grant Looney 1996年2月19日 - )は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキー出身のプロバスケットボール選手。NBAゴールデンステート・ウォリアーズに所属している。

来歴[編集]

NBA以前[編集]

ウィスコンシン州の"ミスター・バスケットボール"に選出され、2014年のマクダナルズ・オール・アメリカンのメンバーにも選出されるなど[2]ウィスコンシン州の有名選手だったルーニーは、大学進学の際に地元のウィスコンシン大学やマーケット大学からの誘いを受けるも、ロサンゼルス・レイカーズコービー・ブライアントの大ファンだったというルーニーは、アメリカ西海岸の名門校UCLAに進学[3]。1年生から主力として活躍し、2014-15シーズンは平均11.8得点9.2リバウンドを記録。NCAAトーナメントのベスト16入りの原動力となった。ルーニーは1年間プレーしただけで2015年のNBAドラフトにアーリーエントリーを表明[4]

NBA[編集]

ゴールデンステート・ウォリアーズ

1巡目30位で2014-15シーズンNBAチャンピオンゴールデンステート・ウォリアーズから指名され[5]、7月6日にウォリアーズと契約を交わした[6]が、8月20日に股関節の手術を行い、NBAデビューは2016年明けになるとされ[7]、1月4日に傘下のサンタクルーズ・ウォリアーズに送られた。その後月末に念願のNBAデビューを果たすも、厚い選手層の前に出場機会を得ることは出来ず、4月に再び手術を余儀無くされ、本格的なデビューは2016-17シーズン以降となった[8]。2016-17シーズンは主に控えからの出場で、主力が怪我をした時は先発を務めるなど期待されたが、レギュラーシーズン終盤に前年と同じ臀部の怪我が再発してしまう。チームはNBAチャンピオンに輝いたもののルーニー自身はプレーオフ不出場に終わった。そして2017年10月30日、ウォリアーズからルーキー契約の最終年の契約を更新しないことを通達された[9]。2018年3月17日に行われたフェニックス・サンズ戦でキャリア・ハイとなる13得点、同じくキャリア・ハイの6ブロックを記録、試合はウォリアーズが124-109で勝利した[10][11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  • ケヴォン・ルーニー --- 略歴と通算成績 --- NBA日本, NBA (英語)