ケータハム・CT03

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ケーターハム CT03
F1 2013 Jerez test - Caterham.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ケータハム
デザイナー マーク・スミス(テクニカルディレクター)
先代 ケータハム・CT01
後継 ケータハム・CT05
主要諸元
エンジン ルノーRS27-2013
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム ケータハムF1チーム
ドライバー フランスの旗 シャルル・ピック
オランダの旗 ギド・ヴァン・デル・ガルデ
出走時期 2013年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
初戦 2013年オーストラリアGP
初勝利 -
最終戦 2013年ブラジルGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
38 0 0 0
テンプレートを表示

ケータハム CT03 (Caterham CT03) は、ケータハムF1チーム2013年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーである。

概要[編集]

前年のCT01に続くマシンはCT03と命名された。CT02とならなかった理由は、自動車会社のケータハムルノー傘下のアルピーヌが提携して開発するスポーツカーの名称に「CT02」を使用する予定であるため[1][2]

排気口の整流板(バルセロナテスト時)

プレシーズンテストでは、コアンダエキゾーストの溝の中に取り付けた整流板がレギュレーション違反ではないかと指摘された。チーム側は規定の範囲内と主張したが[3]国際自動車連盟 (FIA) から違法との通達を受けて、シーズン開幕前に取り外した[4][5]

ノーズはレギュレーション改定によって認められた化粧板(バニティパネル)を装着せず、段差が露わになったままである。余分な重さを嫌ったためで[6]、ケータハムの他にもロータスがこの様な処理を選択した。

カラーリングはブリティッシュ・グリーンの色がメタリック系に変更された。

スペック[編集]

ソース[7][8]

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
CHN
中華人民共和国の旗
BHR
バーレーンの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
KOR
韓国の旗
JPN
日本の旗
IND
インドの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
2013 20 フランスの旗 ピック 16 14 16 17 17 Ret 18 15 17 15 Ret 17 19 14 18 Ret 19 20 Ret 0 11位
21 オランダの旗 ガルデ 18 15 18 21 Ret 15 Ret 18 18 14 16 18 16 15 Ret Ret 18 19 18

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "ルノーと英ケータハム、スポーツカーの共同開発で提携…アルピーヌ 復活へ". レスポンス.(2012年11月6日)2013年3月11日閲覧。
  2. ^ "ケータハムはヘレス初日に新車を披露". ESPN F1.(2013年1月21日)2013年3月11日閲覧。
  3. ^ "ケータハム、エキゾーストが規約違反との指摘に反論". F1-Gate.com.(2013年2月7日)2013年3月15日閲覧。
  4. ^ "ウイリアムズとケータハムのエキゾーストは違法". オートスポーツ.(2013年2月20日)2013年3月15日閲覧。
  5. ^ "ケータハム、エキゾーストソリューションを断念". F1-Gate.com.(2013年3月1日)2013年3月15日閲覧。
  6. ^ "ケータハム 「他チームが化粧パネルをレースでも使うか興味深い」". F1-Gate.com.(2013年2月5日)2013年3月15日閲覧。
  7. ^ "ケーターハムCT03主要諸元". Topnews. 2013年3月11日閲覧。
  8. ^ "CT03 解説". STINGER. 2013年3月11日閲覧。