ケーブルテレビ徳島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケーブルテレビ徳島株式会社
TOKUSHIMA CABLE NETWORK
TV-TKUSHIMA.jpg
ケーブルテレビ徳島本社
種類 株式会社
略称 テレビトクシマ
本社所在地 日本の旗 日本
770-8552
徳島県徳島市新蔵町1丁目17番地
設立 1987年(昭和62年)7月17日
業種 情報・通信業
法人番号 7480001000597
事業内容 ケーブルテレビ事業、インターネット事業 他
代表者 代表取締役社長 谷 喜文
資本金 4億9930万円
主要株主 四国電力
外部リンク http://www.tcn.jp/
特記事項:指定番号 SK0024-0022
テンプレートを表示

ケーブルテレビ徳島(ケーブルテレビとくしま)は、徳島県ケーブルテレビ局である。通称「テレビトクシマ」。

徳島県最大のケーブルテレビ局である。徳島県のケーブルテレビ空白地域におけるテレビ事業を自治体等から受託することにより、配信エリアを拡大している。

2006年9月28日四国電力の子会社になった。

歴史[編集]

  • 2012年(平成25年)4月 - 徳島県ケーブルネットワーク機構加盟の番組の相互交換システムの導入準備推進[1]
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 徳島県ケーブルネットワーク機構加盟16局のうちの(阿波市ケーブルネットワーク上板町有線テレビを除く。)14局の番組の相互交換システムを導入[1]

サービスエリア[編集]

主な放送チャンネル[編集]

  • 以下はケーブルテレビ徳島開局当初から提供している地域・世帯に向けたチャンネル構成である。
  • 徳島市の一部では、四国電力の子会社になる前の2004年10月から、これとは別の光ケーブルテレビサービス「ピカラ光てれび」をSTNetの直営設備で配信しており、現在も稼働中である。そのため子会社化される前に「ピカラ光てれび」と契約を結んだ地域・世帯については、下記のチャンネル編成とは異なるため、詳細は同記事「主な放送チャンネル」の項を参照されたい(なお2017年7月現在においてはSTNet直営施設を介した新規加入手続きは不可)。

地上波系列別再送信局[編集]

NHK-G NHK-E NNN ANN JNN TXN FNN JAITS
NHK総合(徳島) NHKEテレ(徳島) 四国放送 朝日放送テレビ 毎日放送 テレビ大阪
(海部郡を除く)
関西テレビ サンテレビ
(徳島市のみ)
テレビ和歌山
(徳島市、海部郡のみ)

地上波テレビ局[編集]

徳島市[編集]

デジタル 放送局
TV011 四国放送
TV021 NHK徳島Eテレ
TV031-0 NHK徳島総合
TV031-1 サンテレビジョン
TV041 毎日放送
TV051 テレビ和歌山
TV061 朝日放送テレビ
TV071 テレビ大阪
TV081 関西テレビ
TV111 ちゃんねるトクシマ
TV121 けーぶる12
TV122 特番チャンネル2

自治体からの受託エリア[編集]

デジタル 放送局
海部郡 他エリア
TV011 四国放送
TV021 NHK徳島Eテレ
TV031 NHK徳島総合
TV041 毎日放送
TV051 テレビ和歌山
TV061 朝日放送テレビ
TV071 テレビ大阪
TV081 関西テレビ
TV111 ちゃんねるトクシマ
TV121 けーぶる12
TV122 特番チャンネル2

BSデジタル放送[編集]

チャンネル 放送局
101 NHK BS1
103 NHK BSプレミアム
141 BS日テレ
151 BS朝日
161 BS-TBS
171 BSテレ東
181 BSフジ
191 WOWOWプライム
192 WOWOWライブ
193 WOWOWシネマ
200 スター・チャンネル1
201 スター・チャンネル2
202 スター・チャンネル3
211 BS11 イレブン
222 BS12 トゥエルビ
231 BSキャンパスex
232 BSキャンパスon
234 グリーンチャンネル
236 BSアニマックス
238 FOXスポーツ&エンターテイメント
241 BSスカパー!
242 J SPORTS 1
243 J SPORTS 2
244 J SPORTS 3
245 J SPORTS 4
251 BS釣りビジョン
252 シネフィルWOWOW
255 日本映画専門チャンネル
256 ディズニー・チャンネル
258 ディーライフ
531 放送大学ラジオ
4K8K BS放送
チャンネル 放送局
101 NHK BS4K
151 ビーエス朝日 4K
161 BS-TBS 4K
171 BSテレ東 4K
181 BSフジ 4K
203 ザ・シネマ 4K
211 ショップチャンネル 4K
221 4K QVC
102 NHK BS8K

CSテレビ局・自主放送[編集]

デジタル 放送局 デラックス デジタルプラス ベーシック
211 スカイ・A sports+
212 GAORA
214 J sports 2
215 J sports 4
217 ゴルフネットワーク
222 チャンネルNECO
226 衛星劇場
231 スーパー!ドラマTV
242 キッズステーション
251 日経CNBC
262 スペースシャワーTV
263 MTV
264 歌謡ポップスチャンネル
270 囲碁・将棋チャンネル
271 ショップチャンネル
272 QVC
274 放送大学テレビ(2018年3月31日放送終了)
281 フジテレビTWO ドラマ・アニメ
282 フジテレビONE スポーツ・バラエティ
285 グリーンチャンネル
286 グリーンチャンネル2
287 レジャーチャンネル
300 お天気チャンネル
301 小松島競輪
310 ボートレース鳴門ライブ
313 レジャーチャンネル3
314 レジャーチャンネル4
317 SPEEDチャンネル1
318 SPEEDチャンネル2
510 J sports 3(ハイビジョン)
511 スカイ・A sports+HD
512 GAORA HD
513 J sports 1(ハイビジョン)
514 J sports 2(ハイビジョン)
515 J sports 4(ハイビジョン)
517 ゴルフネットワークHD
518 日テレジータス HD
521 日本映画専門チャンネルHD
522 チャンネルNECO HD
524 シネフィルWOWOW
525 東映チャンネル HD
526 衛星劇場HD
530 ファミリー劇場HD
531 スーパー!ドラマTV HD
532 AXN HD
533 FOX
534 時代劇専門チャンネルHD
537 AXNミステリーHD
538 TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画
541 アニマックスHD
542 キッズステーションHD
544 AT-X HD!
545 テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ
548 チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた
550 CNNj
551 日経CNBC
554 TBSニュースバードHD
555 ヒストリーチャンネル™ HD
559 ナショナルジオグラフィックチャンネル
562 スペースシャワーTV HD
563 MTV HD
564 歌謡ポップスチャンネルHD
570 囲碁・将棋チャンネルHD
571 ショップチャンネル
572 QVC(HD)
576 釣りビジョンHD
577 旅チャンネルHD
581 フジテレビTWO ドラマ・アニメ(HD)
582 フジテレビONE スポーツ・バラエティ(HD)
583 ザ・シネマHD
585 グリーンチャンネルHD
586 グリーンチャンネル2HD
602 Mnet HD
698 フジテレビNEXT ライブ・プレミアム(HD)
699 アジアドラマチックTV★HD
  • デジタルTVは日本デジタル配信を使用している。
  • アナログホームターミナルのサービスは2011年8月15日をもって終了(BSアナログ各局は2011年7月24日に全チャンネル終了)。
  • デジアナ変換サービスは2015年3月31日で終了、但し四国放送およびNHKについては統一地方選挙(徳島県)の政見放送に対応するため、4月末まで放送

ラジオ局[編集]

MHz 放送局
77.9 Kiss FM KOBE
79.1 エフエムびざん
80.2 FM802
81.5 FM徳島
82.5 NHK-FM
85.1 FM OH!
85.7 FM COCOLO

アナウンサー[編集]

  • 斉藤美保子(2011年4月- )
  • 堀岡志乃(2013年4月- )
  • 山西悦美(2013年4月- )

過去のアナウンサー[編集]

在阪局再送信問題[編集]

NHKデジタル大阪総合、Eテレが再送信されていたが、NHK徳島の地上デジタル放送開始に伴い再送信が中止された。デジタル民放は2006年11月30日よりMBS、2007年2月5日よりKTV、同4月12日よりABCの再送信が開始された。2010年12月8日よりSUN・WTV・TVOは徳島市内のみで再送信が開始され、2011年6月1日よりWTVの再送信が海部郡内で、2012年4月1日よりTVOの再送信が美馬市・勝浦郡・神山町・佐那河内村内で開始され、2014年4月1日よりTVO(デジタルのみ)の再送信が東みよし町内でも開始された[2]。また、ytvに関しては、デジタル再送信の要望を取り下げる見返り措置として、デジアナ変換による再送信が2015年3月末まで実施される[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『CATV 番組の相互交換システム 県内14局 4月1日導入』徳島新聞2013年3月31日 19面 地域面 ワイドとくしま
  2. ^ CATVで「テレビ大阪」の放送を開始します
  3. ^ 徳島新聞Web 2011年7月13日 カウントダウン地デジ化 県内CATV12社、読売テレビ放送[リンク切れ]

関連項目[編集]