ケール・オージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ケール・オージ
Cale Iorg
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州トロント
生年月日 (1985-09-06) 1985年9月6日(31歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2007年 ドラフト6巡目(全体211位)でデトロイト・タイガースから指名
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム カナダの旗 カナダ
WBC 2013年

ガース・ケール・オージGarth Cale Iorg , 1985年9月6日 - )は、カナダオンタリオ州トロント出身の元プロ野球選手(遊撃手)。

父は、元MLB選手のガース・オージ

経歴[編集]

プロ入りとタイガース傘下時代[編集]

2007年デトロイト・タイガースからMLBドラフト6巡目(全体211位)で指名され入団[要出典]。 この年は、ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・タイガースとA+級レイクランド・フライングタイガースでプレーした[1]。オフに、ハワイ・ウィンターリーグのノース・ショア・ホヌに参加した[2]。10月にハムストリングを負傷し日程を終えた[要出典]

2008年には、ベースボール・アメリカで選ばれている[3]

2011年は、傘下AAのエリー・シーウルブズで26試合に出場し、傘下AAAのトレド・マッドヘンズで88試合に出場した[要出典]

2012年は、傘下アドバンスAのレイクランド・フライングタイガースで7試合に出場した後、傘下AAAのトレド・マッドヘンズに昇格し47試合に出場した[要出典]

2013年1月17日に、第3回WBC本戦のカナダ代表が発表され[4]、代表入りした[5][6]。今大会では、3月9日のゲーム4メキシコ戦で、WBC史上初の乱闘が起こった[要出典]。この時、怒ったメキシコファンが投手コーチのデニス・ブーシェにペットボトルが投げつけられるハプニングがあり、それに対してオージは、ペットボトルを投げ返している[7]

大会終了後、スプリングトレーニングに合流したが終了時に、タイガースから解雇された[要出典]

オリオールズ傘下時代[編集]

2013年4月9日に、ボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ[要出典]。傘下AAのボウイ・ベイソックスへ異動した[8]

6月6日に、自身のツイッターで引退を表明した[9]

選手としての特徴[編集]

詳細情報[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.milb.com/milb/stats/stats.jsp?n=Cale%2520Iorg&pos=SS&sid=milb&t=p_pbp&pid=518836
  2. ^ Bard hope to find command, breaking ball in Hawaii
  3. ^ http://www.baseballamerica.com/today/prospects/rankings/organization-top-10-prospects/2009/267221.html
  4. ^ Hardy, Richmond, Tosoni, Taillon added to WBC Provisional Roster Baseball Canada (2013年1月17日) 2015年2月19日閲覧
  5. ^ 2013 World Baseball Classic Provisional Roster Baseball Canada 2015年2月19日閲覧
  6. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト (英語) 2015年2月19日閲覧
  7. ^ Benches clear after Canada-Mexico plunking WBC.com (2013年3月10日) 2015年1月12日閲覧
  8. ^ Welcome to the family, Cale Iorg
  9. ^ [1] 本人のツイッターで引退を表明