ゲイリー・コービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ゲイリー・コービー
Gary Corby
誕生 1963 (1963)
オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー
職業 小説家
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
活動期間 2008年 - 現在
ジャンル 歴史ミステリー
公式サイト garycorby.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ゲイリー・コービー(Gary Corby、1963年 - )は、オーストラリア作家で、古代ギリシアを舞台とした歴史ミステリー作品で知られる。

コービーの小説は、当時の歴史上の人物を登場させるもので、特にソクラテスペリクレス、巫女マンティネイアのディオティマがしばしば作中に登場する。一連の作品を通して主人公となっているのは、ニコラオス (Nicolaos) という架空の探偵、エージェントであり、また、ヒロインはディオティマである。

著作[編集]

アテナイ・ミステリー・シリーズ[編集]

  1. The Pericles Commission (2010)
  2. The Ionia Sanction (2011)
  3. Sacred Games (2013)
  4. The Marathon Conspiracy (2014)
  5. Death ex Machina (2015)[1]

受賞・候補作[編集]

  • The Pericles Commission』は、2010年ネッド・ケリー賞 (Ned Kelly Awards) の最優秀デビュー長編賞候補作品になった[2][リンク切れ]
  • 短編『The Pasion Contract』が、2008年のアーサー・コナン・ドイル賞 (Arthur Conan Doyle Prize) の歴史ミステリー部門新作賞を受賞した[3]

脚注[編集]

  1. ^ Death Ex Machina by Gary Corby”. Random House. 2014年12月29日閲覧。
  2. ^ [1] Ned Kelly Awards 2011 nominations
  3. ^ ACD Prize for New Fiction”. Portsmouth City Council. 2015年1月10日閲覧。