ゲイリー・ピーコック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲイリー・ピーコック
Gary Peacock
Gary Peacock photo.jpg
ゲイリー・ピーコック(2003年7月)
基本情報
生誕 (1935-05-12) 1935年5月12日(84歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アイダホ州バーリー
ジャンル ジャズアヴァンギャルド・ジャズフリー・ジャズ
職業 ミュージシャン作曲家教育者
担当楽器 ダブルベース
活動期間 1956年 -
共同作業者 ポール・ブレイアルバート・アイラー菊地雅章キース・ジャレットジャック・ディジョネット、ポール・モチアン、マーク・コープランド

ゲイリー・ピーコック (Gary Peacock1935年5月12日 - )は、主にアメリカ合衆国で活躍するジャズベーシストアイダホ州バーレイ生まれ。

経歴[編集]

13歳からピアノを始める。1954年から2年ほど兵役に就き、この間にベースをマスターした。

除隊後、ロサンゼルスアート・ペッパー、ハロルド・ランド、バド・シャンク等と活動。1962年にニューヨークに出てフリー・ジャズのムーブメントに身を投じポール・ブレイドン・チェリーアルバート・アイラー、サニー・マレイらと共演した。

最初の妻はアネット・ピーコックであった。

1970年から1972年までの2年間日本は京都に滞在した。その間、禅や仏教の影響を強く受け、いまでいうマクロビオティック自然食生活を送ったといわれる。一時活動を休止したがポール・ブレイのトリオで復帰し、1970年代後半はアート・ランディとのトリオで活躍。1977年にキース・ジャレットジャック・ディジョネットとトリオで『Tales of another』(ECM)を録音した。

1980年代、ワシントン州シアトルのコーニッシュ・カレッジで教鞭をとっていた。

1984年からキース・ジャレットジャック・ディジョネットとともに、トリオ(通称:スタンダーズ・トリオ)として活動し、たびたび来日公演を行っている。

1986年に富樫雅彦佐藤允彦と「ウェイヴ」を結成。

1990年からは、菊地雅章、ポール・モチアンとともに「テザード・ムーン」 (Tethered Moon)を結成。

1993年からはニューヨーク州キャッツキルに在住。多くの時間を座禅をすることにより過ごしているという。

同年代のジャズベーシストとして、ポール・チェンバース(1935年生れ)、スコット・ラファロ(1936年生れ)、レジー・ワークマン(1937年生れ)、ロン・カーター(1937年生れ)、チャーリー・ヘイデン(1937年生れ)がいる。

名言集[編集]

  • 「ベースを初めて手にしたとき、両の腕は正しくベースを弾きはじめ、それ以来わたくしはベースの練習というものをしたことがない」
  • 「アイラーの音楽のエネルギーはどこから来てるんですか」という近藤等則の質問に対し、ピーコックは黙って、股間を指差したという。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

デュオ・アルバム[編集]

ラルフ・タウナー
  • 『オラクル』 - Oracle (1994年)
  • A closer view (1998年)
ビル・フリゼール
  • 『峠の我が家』 - Just so happens (1994年)
ポール・ブレイ
  • Partners (1991年)
  • Mindset (1997年)
マーク・コープランド
  • What It Says (2004年、Sketch)
  • Insight (2009年、Pirouet)
マリリン・クリスペル
  • Azure (2013年、ECM)

トリオ・アルバム[編集]

キース・ジャレットのいわゆるスタンダーズ・トリオ

キース・ジャレットジャック・ディジョネットゲイリー・ピーコック

テザード・ムーン

菊地雅章ポール・モチアン英語版ゲイリー・ピーコック

  • 『ファースト・ミーティング』 - First Meeting (1997年、Winter & Winter)
  • 『テザード・ムーン』 - Tethered Moon (1992年、King/Paddle Wheel)
  • 『トライアングル』 - Triangle (1993年、King/Paddle Wheel)
  • 『プレイ・クルト・ワイル』 - Tethered Moon Play Kurt Weill (1995年、JMT)
  • 『プレイズ・ジミ・ヘンドリックス+』 - Plays Jimi Hendrix+(1998年、Media Rings)※1997年録音。赤坂「サントリーホール」におけるライヴ。
  • Chansons d’Édith Piaf (1999年、Winter & Winter)
  • 『エクスピリエンシング・トスカ』 - Experiencing Tosca (2004年、Winter & Winter)

参加アルバム[編集]

フランク・アムサレム

  • Out a Day (1990年、OMD)

アルバート・アイラー

  • Ghosts (1965年、Debut)
  • Prophecy (1975年、ESP-Disk)
  • Spiritual Unity (1965年、ESP-Disk)
  • Spirits Rejoice (1965年、ESP)

ポール・ブレイ

  • Mr. Joy (1968年、Limelight)
  • Paul Bley with Gary Peacock (1970年、ECM)
  • Ballads (1971年、ECM)
  • Turning Point (1975年、Improvising Artists)
  • Virtuosi (1976年、Improvising Artists)
  • Japan Suite (1977年、Improvising Artists)
  • In the Evenings Out There (1991年、ECM)
  • Annette (1993年、Hat ART)
  • Not Two, Not One (1998年、ECM)

ビル・キャロザーズ

  • Home Row (2008年、Pirouet)

マーク・コープランド

  • My Foolish Heart (1988年、Jazz City)
  • All Blues at Night (1989年、Jazz City)
  • At Night (1992年、Sunnyside)
  • Paradiso (1995年、Soul Note)
  • Softly (1998年、Savoy)
  • Modinha - New York Trio Recordings Vol. 1 (2006年、Pirouet)
  • Voices - New York Trio Recordings Vol. 2 (2007年、Pirouet)

マリリン・クリスペル

  • Nothing Ever Was, Anyway: Music of Annette Peacock (1997年、ECM)
  • Amaryllis (2000年、ECM)

ドン・エリス

  • Essence (1962年、Pacific Jazz)

ビル・エヴァンス

  • Trio 64 (1963年、Verve)

クレア・フィッシャー

  • First Time Out (1962年、Pacific Jazz)
  • Surging Ahead (1962年、Pacific Jazz)

バーニー・ケッセル

  • Barney Kessel's Swingin' Party (1963年、Contemporary)

プリンス・ラシャ & スニー・シモンズ

  • The Cry! (1962年、Contemporary)

ミッシャ・メンゲルベルク

  • Driekusman Total Loss (1981年、VaraJazz) ※1964年録音

ドン・プーレン

  • New Beginnings (1988年、Blue Note)

バド・シャンク

  • Holiday in Brazil (1958年、World Pacific)
  • Latin Contrasts (1958年、World Pacific)
  • Slippery When Wet (1959年、World Pacific)
  • New Groove (1961年、Pacific Jazz)
  • Barefoot Adventure (1961年、Pacific Jazz)

ラヴィ・シャンカール

  • Improvisations (1962年、World Pacific)

ジョン・サーマン

  • Adventure Playground (1991年、ECM)

ラルフ・タウナー

  • City of Eyes (1988年、ECM)

マル・ウォルドロン

  • First Encounter (1971年、RCA Victor)

トニー・ウィリアムス

  • Life Time (1964年、Blue Note)
  • Spring (1966年、Blue Note)

ジミー・ウッズ

  • Awakening!! (1962年、Contemporary)

トニーニョ・オルタ

  • Once I Loved (1992年、Verve)
  • From Ton To Tom (1998年、VideoArts Music)

富樫雅彦

  • 『ウェイヴ』 - wave (1987年)

山本邦山

  • 『銀界』 - silver world (1970年)

教則ビデオ[編集]

  • Acouctic Bass - musicianship and improvisational techniques