ゲイル・ルービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ゲイル・S・ルービン
Gayle Rubin speaking at the LGBT History Museum in San Francisco, June 7, 2012.
2012年6月7日
人物情報
生誕 (1949-01-01) 1949年1月1日(72歳)
サウスカロライナ州
出身校 ミシガン大学
学問
研究機関 ミシガン大学
テンプレートを表示

ゲイル・S・ルービン(Gayle S. Rubin、1949年1月1日 - )は、性とジェンダーの政治活動家及び理論家として最もよく知られている、アメリカ合衆国文化人類学者。 彼女は、フェミニズムSM売春ペドフィリアポルノグラフィレズビアン文学英語版人類学的に研究しており、特に都会の文脈に焦点をあてた性的サブカルチャーの歴史などの、様々な主題について執筆している。彼女はミシガン大学人類学女性学の准教授である[1]

ルービンは、セックス・ポジティブ・フェミニストである[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Comparative Literature. “Gayle S. Rubin | U-M LSA Comparative Literature”. Lsa.umich.edu. 2020年4月22日閲覧。
  2. ^ Raka Ray; Jennifer Carlson; Abigail Andrews (7 December 2017). The Social Life of Gender. SAGE Publications. pp. 80–. ISBN 978-1-4833-1300-9. https://books.google.com/books?id=BzVCDwAAQBAJ&pg=PA80 

関連項目[編集]