ゲオルギー・ヤルツェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ゲオルギー・ヤルツェフ Football pictogram.svg
Georgi Yartsev 2011.jpg
名前
本名 ゲオルギー・アレクサーンドロヴィチ・ヤルツェフ
Georgi Aleksandrovich Yartsev
ラテン文字 Georgi Yartsev
ロシア文字 Георгий Александрович Ярцев
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1948-04-11) 1948年4月11日(68歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ニコリスコーエ
身長 176cm
選手情報
ポジション FW
代表歴
1978-1979 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 5 (0)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ゲオルギー・アレクサーンドロヴィチ・ヤルツェフГеоргий Александрович Ярцев, 1948年4月11日 - )は、現ロシアコストロマ州、ニコリスコーエ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはFW

経歴[編集]

1948年、現ロシアのコストロマ州の小さな村ニコリスコーエで生まれた。FCテクマシュ・コトスロマ(現在のFCスパルタク・コストロマ)のアカデミー出身。

選手[編集]

1965年、FCテクマシュ・コトスロマでキャリアを始め、1970年にPFC CSKAモスクワへ移籍したが、CSKAモスクワでは怪我をしたために1試合の出場に留まった。

1975年、数クラブを渡り歩き、FCスパルタク・コストロマへの移籍を果たすと主力として活躍し、1977年にFCスパルタク・モスクワへ移籍を果たす。1978年にはソビエト連邦サッカーリーグにて19ゴールを挙げ得点王に輝いた。1982年、FCモスコヴィチにて現役から引退をした。

監督[編集]

1984年、クラスナヤ・プレスニヤでオレグ・ロマンツェフのアシスタント・コーチとして働いた。1994年には、ロマンツェフが指揮を執るFCスパルタク・モスクワにアシスタント・コーチとして招かれた。1996年にはスパルタクの監督を務めロシア・プレミアリーグで優勝を成し遂げ、自身は最優秀監督に選出された。

2003年からはロシア代表監督に就任して、2005年まで指揮を執った。2004年10月13日、2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ポルトガル代表戦では7-1の大敗を経験。ヤルツェフは6点取られた時にベンチから退いた。後にこの大敗は100年に一度の出来事だとし、説明は出来ないと語っている。2005年3月30日、エストニア代表との試合は1-1の引き分けに終わり、その試合を最後にロシア代表監督を辞任した。

人物[編集]

  • 好む本は12の椅子
  • 好む色は赤
  • 好む数字は7
  • 好む食べ物はコトレータ
  • 趣味はサッカー

事件[編集]

  • 2007年2月18日、スパルタクのユースでコーチをしていたヤルツェフの息子がアパートで何者かによって殺害されているのが発見された[1]。事件は未解決である。

参考文献[編集]