ゲオルク・アウグスト・ツー・メクレンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲオルク・アウグスト・ツー・メクレンブルク
Georg August zu Mecklenburg
Mekl-Strel G G.jpg
称号 メクレンブルク公

出生 (1824-01-11) 1824年1月11日
ノイシュトレーリッツ
死去 (1876-06-08) 1876年6月8日(52歳没)
Flag of the Russian Empire (black-yellow-white).svg ロシア帝国サンクトペテルブルク
配偶者 エカチェリーナ・ミハイロヴナ
子女 ニコライ
ヘレーネ
ゲオルク・アレクサンダー
カール・ミヒャエル
家名 メクレンブルク=シュトレーリッツ家
父親 メクレンブルク=シュトレーリッツ大公ゲオルク
母親 マリー・フォン・ヘッセン=カッセル
テンプレートを表示

ゲオルク・アウグスト・ツー・メクレンブルク:Herzog Georg August zu Mecklenburg[-Strelitz]:Георг-Август Мекленбург-Стрелицкий, 1824年1月11日 - 1876年6月8日)は、ドイツメクレンブルク=シュトレーリッツ大公家の一員で、帝政ロシアの軍人。全名はゲオルク・アウグスト・エルンスト・アドルフ・カール・ルートヴィヒ(Georg August Ernst Adolf Karl Ludwig)。

メクレンブルク=シュトレーリッツ大公ゲオルクとその妻でヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯フリードリヒ(3世)の娘であるマリーの間の第4子、次男として生まれた。1851年2月4日、ロシア皇帝ニコライ1世の弟ミハイル・パヴロヴィチ大公の娘であるエカチェリーナ・ミハイロヴナ大公女と結婚した。結婚後はロシア帝室の一員として遇され、ロシア軍に所属して陸軍少将の地位を与えられ、陸軍の兵器の近代化を推進した。

子女[編集]

夫妻の間には5人の子女が生まれた。