ゲオルク・ビューヒナー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゲオルク・ビューヒナー賞(ゲオルク・ビューヒナーしょう Georg-Büchner-Preis)は、ドイツ(およびドイツ語圏の国)において最も重要とされている文学賞である。

1923年ゲオルク・ビューヒナーの業績を記念して設立された。当初はビューヒナーの故郷であるヘッセンで行われる地域的な賞であったが、1951年ドイツ語を用いる作家全般を対象にした文学賞へと発展した。毎年行われ、賞金は4万ユーロである。

受賞者(1951年以降)[編集]

受賞者(1923-50年)[編集]

  • 1923年 Adam Karrillon, Arnold Ludwig Mendelssohn(作曲家)
  • 1924年 Alfred Bock, Paul Thesing(画家)
  • 1925年 Wilhelm Michel, Rudolf Koch(カリグラファー)
  • 1926年 Christian Heinrich Kleukens, Wilhelm Petersen(作曲家)
  • 1927年 Kasimir Edschmid, Johannes Bischoff(宮廷歌手)
  • 1928年 Richard Hoelscher, Well Habicht(彫刻家)
  • 1929年 カール・ツックマイヤー, Adam Antes(彫刻家)
  • 1930年 Nikolaus Schwarzkopf, Johannes Lippmann(画家)
  • 1931年 Alexander Posch, Hans Simon(作曲家)
  • 1932年 Albert H. Rausch, Adolf Bode(画家)
  • 1933-44年 (開催されず)
  • 1945年 Hans Schiebelhuth
  • 1946年 Fritz Usinger
  • 1947年 アンナ・ゼーガース
  • 1948年 Hermann Heiß
  • 1949年 Carl Gunschmann
  • 1950年 Elisabeth Langgässer