ゲオルク・ホーエンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲオルク・ホーエンベルク
Georg Hohenberg
ホーエンベルク家家長
在位 1977年 - 2019年

出生 (1929-04-25) 1929年4月25日
オーストリアの旗 オーストリア、アルトシュテッテン城
死去 (2019-07-25) 2019年7月25日(90歳没)
配偶者 エレオノーレ・アウエルスペルク=ブロイナー
子女 ニコラウス
ヘンリエッテ
マクシミリアン
家名 ホーエンベルク家
父親 ホーエンベルク公マクシミリアン
母親 エリーザベタ・ボナ・フォン・ヴァルトブルク
テンプレートを表示

ゲオルク・ホーエンベルクGeorg Hohenberg, 1929年4月25日 - 2019年7月25日 )は、オーストリアの貴族、外交官。ホーエンベルク公爵家の第3代当主。全名はゲオルク・フリードリヒ・マクシミリアン・ヤロスラフ・ペトルス・カニジウス・マルクス・フーベルトゥス・マリア(Georg Friedrich Maximilian Jaroslav Petrus Canisius Markus Hubertus Maria Herzog von Hohenberg)。

生涯[編集]

ホーエンベルク公マックスとその妻のヴァルトブルク・ツー・ヴォルフェッグ・ウント・ヴァルトゼー伯爵夫人エリーザベタ・ボナ(1904年 - 1993年)の間の第2子、次男として生まれた。父方の祖父母はオーストリア=ハンガリー(二重帝国)の帝位継承者フランツ・フェルディナント大公とその妻のゾフィー・ホテク伯爵夫人(結婚によりホーエンベルク公爵夫人)である。

メルク修道院付属中等教育学校(Stiftsgymnasium Melk)で学び、1949年にマトゥラ(大学入学資格)を取得、1955年にウィーン大学の法学博士号を取得した。オーストリア外務省の会計部局に勤務し、1957年にパリのオーストリア大使館に赴任した。1963年にウィーンに戻るが、1966年にはブエノスアイレスに赴いた。1978年から1984年までチュニジア大使としてチュニスに駐在し、1988年から1994年にローマ教皇庁大使としてローマに駐在した。1977年、兄フランツ・フェルディナントの死により、ホーエンベルク公爵家の家督を継いだ。

1960年7月4日にウィーンにおいて、アウエルスペルク=ブロイナー侯爵家の侯女エレオノーレ(1928年 - )と結婚し、間に2男1女の3人の子をもうけた。

  • ニコラウス・マクシミリアン・ルートヴィヒ・アントニウス・フランツ・レオ・ハインリヒ・ヨーゼフ・マリア(1961年 - )
  • ヘンリエッテ・マリア・ベルナデッテ・エリーザベタ・ボナ・ゲノヴェーファ・テレジア(1962年 - )
  • マクシミリアン・アンドレアス・ゲアハルト・パウル・ゼフェリン・カール・マルティン・フランツ・レオポルト・ヨーゼフ・マリア(1970年 - )

参考文献[編集]

  • Club Carriere - Enzyklopädie des Erfolges September 2004, Algoprint Verlags AG, Vaduz 2004, ISBN 3-9522689-3-3, S. 677
先代:
フランツ・フェルディナント
ホーエンベルク家家長
1977年 - 2019年
次代:
ニコラウス