ゲオルゲ・ゲオルギュ=デジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ゲオルゲ・ゲオルギュ=デジ
Gheorghe Gheorghiu-Dej
Gheorghiu Dej.jpg

任期 1944年10月 - 1954年4月19日
1955年9月30日 – 1965年3月19日

ルーマニアの旗 ルーマニア
初代国家評議会議長
任期 1961年3月21日 – 1965年3月19日

任期 1952年6月2日1955年10月2日
元首 ペテル・グローザ英語版

出生 1901年11月8日
ルーマニア王国の旗 ルーマニア王国ヴァスルイ県ブルラド英語版
死去 (1965-03-19) 1965年3月19日(63歳没)
ルーマニアの旗 ルーマニアブカレスト
政党 ルーマニア労働者党
配偶者 Maria Alexe

ゲオルゲ・ゲオルギュ=デジ: Gheorghe Gheorghiu-Dej1901年11月8日 - 1965年3月19日)は、共産党時代ルーマニアの政治家。

生涯[編集]

労働者階級出身で1930年ルーマニア共産党に入党。 1933年にストライキ活動で逮捕されるが、獄中で党中央委員に選出され党の活動を指揮した。第二次世界大戦中の1944年8月に脱獄し、アナ・パウケルルーマニア語版モスクワ亡命組の支持を得て第二次世界大戦後の1945年に党書記長となった。

1947年に王制を廃止しルーマニア人民共和国が成立すると実質的な最高指導者となり、ヨシフ・スターリンに忠実な政権運営を行い党内外の政敵を処罰・弾圧した。前書記長のシュテファン・フォリシュ(en:Ştefan Foriş)も1948年に処刑され、当初はスターリンの代官と渾名され外務大臣として権勢をふるっていたパウケルも1952年にシオニストの容疑で逮捕され失脚した。

しかしスターリン死後にスターリン批判が強まると、一時書記長を追われる格好となるが直ぐに復帰。1950年代末頃からはソビエト連邦コメコンの枠組みを超えた自立路線を導入し、西側との経済交流を開始した。1965年に癌で死去するが、こうした自主路線は後継のニコラエ・チャウシェスクに引き継がれることになった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代:
シュテファン・フォリシュ
ルーマニア共産党書記長
1945年 - 1954年
次代:
ゲオルゲ・アポストル
先代:
ゲオルゲ・アポストル
ルーマニア共産党書記長
1955年 - 1965年
次代:
ニコラエ・チャウシェスク