ゲゲゲの鬼太郎 妖怪創造主現る!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲゲゲの鬼太郎 妖怪創造主現る!
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 ゲームボーイ
発売元 バンダイ(のちのバンダイナムコエンターテインメント
シリーズ ゲゲゲの鬼太郎
人数 1人
メディア カートリッジ
発売日 1996年12月13日
テンプレートを表示

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪創造主現る!』(ゲゲゲのきたろう ようかいそうぞうしゅあらわる)は、バンダイ(のちのバンダイナムコエンターテインメント)より1996年12月13日に発売されたゲームボーイ用ゲームソフト。水木しげる原作の漫画、およびそれを元にしたテレビアニメゲゲゲの鬼太郎』を題材とするロールプレイングゲームである。

ゲーム内容[編集]

本作は全4つのシナリオが構成されており、各地から妖怪ポストに舞い込んでくる依頼を鬼太郎が仲間の妖怪たちと協力し、解決していく。鬼太郎ファミリーのデザインはアニメ第4作に準ずるが、登場妖怪の一部や後半のシナリオは、原作シリーズ「鬼太郎国盗り物語」をアレンジしている(題名の「創造主」も「国盗り物語」のボスの名)。

システム[編集]

本作はシナリオを進行していくにつれ、各地に出現する妖怪たちを鬼太郎の味方にすることが出来る。その条件はイベント会話やイベント戦の直後、戦闘に勝利した際に一定の確率で発動、各地にある神社公園などに着くと仲間になる条件を満たすことでなったりと多種多様なものとなっている。

また、レベルが上がるにつれて技を覚えていく他、体力や妖力の色も変化していく。ただし、攻撃力や防御力などの各種ステータスは画面上には表示されず、ダメージ量で判断するしか方法がない。

登場妖怪[編集]

パーティー妖怪[編集]

基本的にゲーム内では平仮名片仮名で表示される。

鬼太郎
主人公で、能力はそこそこ高め。本作では鬼太郎が倒されると、パーティーの残り人数を問わず即ゲームオーバーになる。
猫娘
ストーリー序盤から加入する。レベルが上がるとひっかき攻撃などのお馴染みの技を覚えていくが、攻撃力は低め。
砂かけばばあ
ストーリー途中から加入。レベルが上がると回復技を習得する。
子泣き爺
ストーリー途中から加入。レベルが上がると石化攻撃などお馴染みの技を覚えていく。
一反木綿
ストーリー途中から登場。シナリオ1にて民家でうわんとあまのじゃくに襲われていた所を鬼太郎に助けられた後、パーティーに加入する。
ぬりかべ
ストーリー途中から登場。防御力が高めで、長期戦では非常に重宝する存在。
ねずみ男
ストーリー序盤から登場。当初は鬼太郎の前に現れては勝負を仕掛けてくるが、シナリオ3にて改心した後にパーティーに加入する。加入時のレベルは鬼太郎の仲間妖怪で最も高い。

その他の妖怪[編集]

太字はイベント妖怪とボス妖怪。