ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第4シリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゲゲゲの鬼太郎 > ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第4シリーズ)
ゲゲゲの鬼太郎
ジャンル ホラー妖怪バトル少年向けアニメ
アニメ
原作 水木しげる
シリーズディレクター 西尾大介
脚本 武上純希橋本裕志
キャラクターデザイン 荒木伸吾姫野美智
音楽 和田薫
アニメーション制作 東映動画
製作 フジテレビ読売広告社
東映動画
放送局 フジテレビほか
放送期間 1996年1月7日 - 1998年3月29日
話数 全114話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげる原作の漫画ゲゲゲの鬼太郎』を原作とする妖怪アニメ作品。本項では1996年1月7日から1998年3月29日までフジテレビほかで放送された第4シリーズについて記述する。

概要[編集]

全114話。ヒーロー番組ナイズな第3シリーズに対し、原点回帰を重点にクールな作風で原作イメージの忠実な映像化に努め、「怖い本来の鬼太郎が復活」として話題となる。鬼太郎の性格も、ほのかに陰気さを残したドライな個性が復活。ねずみ男の衣の色も初めて原作と同じ黄土色になり、ねこ娘のデザインも原作の雰囲気をベースに可愛い姿に生まれ変わった。主題歌には実力派ブルースバンド憂歌団」を起用。初期シリーズに近いアレンジへ戻し、エンディングも「カランコロンのうた」を使用した。前シリーズ同様に目玉おやじの田の中勇以外のレギュラー声優陣が一新されたが、第2シリーズで砂かけ婆役でレギュラーだった山本圭子と、同じくゲストとして閻魔大王役だった柴田秀勝の2人が、今作では同役にてレギュラーとして復帰を果たしている[注 1][注 2]

こうした初期シリーズへの回帰点が見られる一方で、原作エピソードの多くが大胆に改変され、原型を留めないほどに手が加えられた物語も多い。物語は徐々に融和エピソードが増え、最終的には初期シリーズと第3シリーズとの中間点を落としどころにしたような持ち味になる。感動的なストーリーへとアレンジされた物語がいくつも見られる一方で、第107話や第112話など、妖怪側に全く救いのないエピソードも存在する。脚本家にゲストを招き、第89話を小中千昭、第101話を京極夏彦が担当。双方異色作に仕上がった。また、鬼太郎が空手技を使って戦うなど、従来のシリーズにはなかったスタイリッシュなアクションシーンも盛り込まれている。

完全に全話登場は鬼太郎と目玉おやじで、ねずみ男も近い扱われ方をされているが、例外的に第49話と第59話のみ未登場である。メインヒロインのねこ娘は毎回登場するわけではないが、出番や活躍頻度は前作より増えた。人間の知り合いには村上祐子ら小学生3人組を配し、前期エンディングでも妖怪たちに追いかけられる役でも登場。後に準レギュラー化されたが、次第に登場回数が減少し、2年目からは第74話と第101話しか登場しなかった。過去のシリーズ同様に殆どの事件は各話毎に解決される無関係な単発の話が進行するが、中盤以降では、宿敵ぬらりひょんと朱の盆のコンビが再登場し、「妖怪王編」を筆頭に何度も鬼太郎と戦いを繰り広げた。

水木しげるが付けた注文は「宮崎アニメのように作って欲しい」で、第3シリーズのムック本で水木は『風の谷のナウシカ』のような色彩にして欲しいとコメントしていた。作画とデザインは、荒木伸吾姫野美智が担当。2年目の第64話から、仕上げ以降の作業はデジタル化され、大幅なコストダウンと省力化に成功した。使用したソフトはRETAS! Proで、解像度は144dpiだった。これが東映動画のデジタルアニメ第1作であり、東映動画としてはアナログ作法からデジタルに切り替わった作品である[1]。各作画監督の修正には個性があり、監督によって絵柄が異なっている。

和田薫による劇伴音楽は人気が高く特にオープニングのバトルアレンジ「戦いが始まる」や、「レクイエム〜魂のやすらぎ」は高評価であり、レクイエムは複数のアレンジが用意された。本作専用の「鬼太郎登場!」というメインテーマも作曲された。この曲は「鬼太郎が心情を持って戦うのを表現したかった」と語っている。また作風は過去作に比べ、和楽器と管弦楽が使用されており、妖怪的な雰囲気を演出している。この手法は後の第5シリーズのサブタイトルにも使用されている。

放送スケジュールが各局ばらばらで、キー局であるフジテレビ系では、日曜朝9時からの枠で放送された。前作と1話差の全114話の長期シリーズとなり、安定した人気を得た。前作は番外編7話分を含めて全115話であることから、レギュラーシーズンのみで114話は現在まで歴代最多の放送話数である。放送話数が多いシリーズであるが、レンタルビデオでは全話がリリースされ、全話を収録したDVD-BOX(完全予約限定生産)が2007年11月21日に発売した[2]

近年ではリマスター版[注 3]が製作されており、2016年、アニマックスで放送され字幕放送も実施。2019年6月からは東映チャンネルで2話ずつ放送[3]

次回予告は通常鬼太郎と目玉おやじの会話形式で、時々ねこ娘も会話に加わることがある。決め台詞は「君の後ろに黒い影」[注 4]

本作は20世紀最後のテレビシリーズでもある。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

「ゲゲゲの鬼太郎」
憂歌団wea japan)によるオープニングテーマ。作詞は水木しげる、作曲はいずみたく、編曲は憂歌団。
イントロのフレーズやリズムの取り方など、原曲である熊倉版をそのままブルース調に置き換えたようなアレンジになっている。映像ではイントロ部分のみカラスの声と羽音が効果音として入っている。

エンディングテーマ[編集]

「カランコロンの歌」(第1話 - 第76話)
憂歌団(wea japan)によるエンディングテーマ。作詞は水木しげる、作曲はいずみたく、編曲は憂歌団。
オープニングテーマ同様に、原曲をブルース調にアレンジされている。
「イヤンなっちゃう節」(第77話 - 第114話)
憂歌団(wea japan)によるエンディングテーマ。作詞は森雪之丞、作曲は岡本朗、編曲は憂歌団、HAKABAS。

各話リスト[編集]

タイトルコールは鬼太郎役の松岡洋子。

話数 放送日 サブタイトル 脚本 (絵コンテ)
演出
作画監督 美術
1 1996年
1月7日
妖怪! 見上げ入道 武上純希 西尾大介 飯島弘也 浦田又治
2 1月14日 妖怪目目連の涙! 橋本裕志 明比正行 遠藤明夫 鹿野良行
3 1月21日 ギターの戦慄! 夜叉 雪室俊一 貝澤幸男 木下和栄 伊藤岩光
4 1月28日 恐怖! 鏡の国の鏡爺 武上純希 川田武範 海老沢幸男 鹿野良行
5 2月4日 ダイヤ妖怪・輪入道 橋本裕志 吉沢孝男 八島善孝 松宮正純
6 2月11日 暴走! 鬼太郎牛鬼 武上純希 明比正行 出口としお 鹿野良行
7 2月18日 妖怪のっぺらぼう! 橋本裕志 (貝澤幸男)
宇田鋼之介
直井正博 松宮正純
8 2月25日 妖怪かに坊主と河童 武上純希 川田武範 木下和栄 鹿野良行
9 3月3日 爆走! 鬼太郎機関車 雪室俊一 吉沢孝男 飯島弘也 松宮正純
10 3月10日 怪奇! 妖怪万年竹 島田満 西尾大介 遠藤明夫 鹿野良行
11 3月17日 毛羽毛現とがしゃどくろ 武上純希 宇田鋼之介 海老沢幸男 松宮正純
12 3月24日 陰謀! 猫仙人の猫王国 橋本裕志 明比正行 八島善孝 鹿野良行
13 3月31日 妖怪屋敷へいらっしゃい 島田満 川田武範 出口としお 松宮正純
14 4月7日 蜃気楼海竜みずち 武上純希 吉沢孝男 直井正博 渡辺佳人
15 4月14日 悪夢! 妖怪まくら返し 大橋志吉 明比正行 木下和栄 松宮正純
16 4月21日 あかなめと白うねり 武上純希 宇田鋼之介 飯島弘也 鹿野良行
17 4月28日 海奇! 妖怪さざえ鬼 大橋志吉 西尾大介 海老沢幸男 松宮正純
18 5月5日 深海の奇跡! 化け鯨 川田武範 遠藤明夫 渡辺佳人
19 5月12日 恐怖! 妖怪くびれ鬼 武上純希 吉沢孝男 八島善孝 松宮正純
20 5月19日 冒険! 絶海の人食い島 橋本裕志 明比正行 出口としお 浅井和久
21 5月26日 白粉婆とのっぺらぼう 大橋志吉 宇田鋼之介 直井正博 松宮正純
22 6月2日 蜂起! 妖怪泥田坊 武上純希 川田武範 木下和栄 渡辺佳人
23 6月9日 風魔! 妖怪雨ふり天狗 大橋志吉 吉沢孝男 飯島弘也 松宮正純
24 6月16日 怪談! 妖怪陰摩羅鬼 武上純希 佐藤順一 海老沢幸男 橋本和幸
25 6月23日 古都の妖怪・おぼろ車 大橋志吉 宇田鋼之介 八島善孝 松宮正純
26 6月30日 復活! 妖怪天邪鬼 雪室俊一 西尾大介 稲葉仁 渡辺佳人
27 7月7日 吸魔! 妖怪野づち 武上純希 明比正行 直井正博 松宮正純
28 7月21日 幻想譚・猫町切符 大橋志吉 吉沢孝男 出口としお 鹿野良行
29 7月28日 巨人伝説ダイダラボッチ 橋本裕志 川田武範 木下和栄 松宮正純
30 8月4日 妖花! 夏の日の記憶 島田満 明比正行 海老沢幸男 渡辺佳人
31 8月11日 妖怪変化! 傘化け 武上純希 宇田鋼之介 八島善孝 松宮正純
32 8月18日 電気妖怪カミナリ! 大橋志吉 吉沢孝男 直井正博 橋本和幸
33 8月25日 逆襲! 妖怪さら小僧 武上純希 佐藤順一 飯島弘也 松宮正純
34 9月1日 流浪! 妖怪あずきとぎ 大橋志吉 明比正行 稲葉仁 渡辺佳人
35 9月8日 鬼太郎の地獄流し 島田満 宇田鋼之介 出口としお 松宮正純
36 9月15日 仰天! おりたたみ入道 大橋志吉 川田武範 木下和栄 橋本和幸
37 9月22日 大追跡! 妖怪自動車 武上純希 吉沢孝男 海老沢幸男 松宮正純
38 9月29日 血闘! おどろおどろ 橋本裕志 明比正行 八島善孝 渡辺佳人
39 10月6日 妖狐・白山坊の花嫁 島田満 佐藤順一 直井正博 松宮正純
40 10月13日 夜の墓場は運動会! 大橋志吉 宇田鋼之介 飯島弘也 橋本和幸
41 10月20日 つけもの妖怪ほうこう 武上純希 吉沢孝男 出口としお 松宮正純
42 10月27日 がんぎ小僧とねずみ男! 大橋志吉 明比正行 稲葉仁 渡辺佳人
43 11月3日 反乱! 妖怪化けぞうり 武上純希 川田武範 海老沢幸男 松宮正純
44 11月10日 西洋悪魔ベリアル! 大橋志吉 宇田鋼之介 木下和栄 浅井和久
45 11月17日 もち殺し! 妖怪火車 矢島大輔 佐藤順一 八島善孝 松宮正純
46 11月24日 妖怪大裁判(前編) 武上純希 明比正行 直井正博 渡辺佳人
47 12月1日 妖怪大裁判(後編) 吉沢孝男 木下和栄 松宮正純
48 12月8日 えんま大王と猫娘 小林千賀子 宇田鋼之介 出口としお 橋本和幸
49 12月15日 水妖怪赤舌の疾走! 矢島大輔 川田武範 海老沢幸男 松宮正純
50 12月22日 遊園地の吹き消し婆! 大橋志吉 吉沢孝男 稲葉仁 渡辺佳人
51 12月29日 雪コンコン! 笠地蔵 武上純希 佐藤順一 木下和栄 松宮正純
52 1997年
1月12日
コマ妖怪・あまめはぎ! 矢島大輔 明比正行 八島善孝 徳重賢
53 1月19日 霊園行・幽霊電車! 大橋志吉 宇田鋼之介 直井正博 松宮正純
54 1月26日 妖怪邪魅とガマ仙人! 吉沢孝男 飯島弘也 渡辺佳人
55 2月2日 座敷童子と妖怪後神! 武上純希 川田武範 出口としお 松宮正純
56 2月9日 水変化! 妖怪水虎 矢島大輔 明比正行 海老沢幸男 内川文広
57 2月16日 吸血鬼エリート! 橋本裕志 吉沢孝男 木下和栄 松宮正純
58 2月23日 冷凍妖怪・雪ん子 雪室俊一 勝間田具治 稲葉仁 渡辺佳人
59 3月2日 妖怪オバリヨン! 大橋志吉 宇田鋼之介 八島善孝 松宮正純
60 3月9日 ぬらりひょんの陰謀! 矢島大輔 川田武範 直井正博 渡辺佳人
61 3月16日 妖怪いやみにご用心 田村竜 吉沢孝男 飯島弘也 松宮正純
62 3月23日 怪奇! ばけ猫街道 雪室俊一 明比正行 海老沢幸男 渡辺佳人
63 3月30日 メンソーレ! 妖怪ホテル 武上純希 勝間田具治 出口としお 松宮正純
64 4月6日 激走! 妖怪ラリー 橋本裕志 宇田鋼之介 木下和栄 内川文広
65 4月13日 驚異! マンモスフラワー 矢島大輔 吉沢孝男 稲葉仁 松宮正純
66 4月20日 風雲! 妖怪城(前編) 橋本裕志 川田武範 八島善孝
67 4月27日 風雲! 妖怪城(後編) 明比正行 直井正博
68 5月4日 荒海の伝説・磯女! 大橋志吉 境宗久 飯島弘也 松本健治
69 5月11日 悪魔ブエルとやかんづる 田村竜 宇田鋼之介 海老沢幸男 松宮正純
70 5月18日 怪気象! 妖怪ぐわごぜ 矢島大輔 吉沢孝男 出口としお
71 5月25日 オベベ沼の妖怪! 武上純希 川田武範 木下和栄 徳重賢
72 6月1日 出現! 天狐の地底王国 矢島大輔 明比正行 八島善孝 松本健治
73 6月8日 爆進! 怒りの土ころび 田村竜 勝間田具治 直井正博 松宮正純
74 6月15日 大蛇神ヤマタノオロチ! 矢島大輔 吉沢孝男 飯島弘也
75 6月22日 妖術・鏡合戦! 雪室俊一 川田武範 海老沢幸男 塩崎広光
76 6月29日 灼熱の妖怪! ひでり神 おおいとしのぶ 境宗久 出口としお 松宮正純
77 7月6日 海和尚と船幽霊! 武上純希 明比正行 木下和栄
78 7月13日 ぬらりひょんと蛇骨婆 田村竜 佐藤順一 八島善孝
79 7月20日 中国妖怪襲来!(前編) 矢島大輔 川田武範 直井正博 藤田勉
80 8月3日 中国妖怪襲来!(後編) 勝間田具治 飯島弘也 松宮正純
81 8月10日 子育て妖怪! うぶめ 小林千賀子 明比正行 海老沢幸男
82 8月17日 古代妖怪・大首! 武上純希 境宗久 出口としお
83 8月24日 ゲタ合戦! 妖怪逆柱 矢島大輔 川田武範 木下和栄 徳重賢
84 8月31日 怪奇! 人食い肖像画 大橋志吉 佐藤順一 八島善孝 松宮正純
85 9月7日 魔境・土蜘蛛の山! 田村竜 明比正行 直井正博
86 9月14日 死の使い・モウリョウ おおいとしのぶ 吉沢孝男 飯島弘也 松本健治
87 9月21日 迷い家の倉ぼっこ 大橋志吉 芝田浩樹 海老沢幸男 松宮正純
88 9月28日 妖怪ふくろさげの罠! 武上純希 川田武範 出口としお
89 10月5日 髪の毛地獄! ラクシャサ 小中千昭 角銅博之 木下和栄 徳重賢
90 10月12日 峠の妖怪・ぶるぶる 田村竜 明比正行 八島善孝 松宮正純
91 10月19日 夜の怪! 百鬼夜行の鬼 大橋志吉 境宗久 直井正博
92 10月26日 百目とぬらりひょん おおいとしのぶ 吉沢孝男 飯島弘也 松本健治
93 11月2日 月よりの妖怪・桂男! 矢島大輔 川田武範 海老沢幸男 松宮正純
94 11月9日 鬼太郎魚と置いてけ堀 武上純希 細田守 出口としお
95 11月16日 妖力泥棒・釜鳴り 大橋志吉 芝田浩樹 木下和栄 徳重賢
96 11月23日 妖怪王ぬらりひょん 矢島大輔 明比正行 八島善孝 松宮正純
97 11月30日 追撃! 西洋妖怪四天王 吉沢孝男 直井正博
98 12月7日 試練・妖魔城への道! 橋本裕志 川田武範 飯島弘也 松本健治
99 12月14日 決戦! 妖怪王対鬼太郎 境宗久 海老沢幸男 松宮正純
100 12月21日 暗闇の招き・妖怪影女 田村竜 芝田浩樹 出口としお 徳重賢
101 12月28日 言霊使いの罠! 京極夏彦 角銅博之 木下和栄 松宮正純
102 1998年
1月4日
凶悪!中国妖怪刑天 矢島大輔 明比正行 直井正博
103 1月11日 化けネズミ! 妖怪旧鼠 大橋志吉 吉沢孝男 八島善孝 松本健治
104 1月18日 恐怖! 吸血妖怪の島 矢島大輔 川田武範 信実節子 松宮正純
105 1月25日 迷宮・妖怪だるま王国 橋本裕志 細田守 海老沢幸男
106 2月1日 悪夢! 妖怪地獄 田村竜 境宗久 出口としお 徳重賢
107 2月8日 山の神・穴ぐら入道 矢島大輔 芝田浩樹 木下和栄 松宮正純
108 2月15日 不老不死! 猫ショウ 大橋志吉 明比正行 直井正博
109 2月22日 雪山の怪異・のびあがり 矢島大輔 角銅博之 八島善孝 松本健治
110 3月1日 八百八狸の反乱(前編) 大橋志吉 川田武範 信実節子 松宮正純
111 3月8日 八百八狸の反乱(後編) 明比正行 出口としお 藤田勉
112 3月15日 妖怪鬼髪と黒髪切 田村竜 境宗久 直井正博 松宮正純
113 3月22日 鬼太郎対三匹の刺客! 矢島大輔 細田守 木下和栄 徳重賢
114 3月29日 絶体絶命! 死神の罠 武上純希 川田武範 海老沢幸男 松宮正純

アイキャッチ映像は以下の通り。

前期(第1話~第51話)

  • 前半終了:猫娘と談笑しながら歩いていた鬼太郎、ねずみ男が投げ捨てたバナナの皮で転ぶ。それを笑うねずみ男だが、転んだ拍子に脱げた下駄と巨大化したオカリナが当たり、それを鬼太郎と猫娘に笑われる。
  • 後半開始:オカリナを吹き鳴らすねずみ男だが、ひどい音で後ろにいたぬりかべが苦悶して倒れ、その下敷きになる。

後期(第52話~第114話)

  • 前半終了:スケートボードに座り、鬼太郎の運転する妖怪自動車に引かせるねずみ男。前方にぬりかべがいて急停車され、自動車の尻に顔をぶつける。
  • 後半開始:今度はローラースケートを履いて妖怪自動車に押させるねずみ男。猫娘に呼び止められて停車されるが、ねずみ男だけ前方に滑って行き何かにぶつかる。

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送系列 放送形態 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 製作局
北海道 北海道文化放送 同時ネット
→遅れネット
第63話までは同時ネット、第64話からは遅れネット[注 7]
岩手県 岩手めんこいテレビ 同時ネット
秋田県 秋田テレビ 遅れネット
宮城県 仙台放送
山形県 さくらんぼテレビ 同時ネット 1997年4月開局から
福島県 福島テレビ 遅れネット
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列 同時ネット
長野県 長野放送 遅れネット
静岡県 テレビ静岡
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ 同時ネット
福井県 福井テレビ 遅れネット
中京広域圏 東海テレビ 金曜16:00-16:30(109話まで)→火曜19:00-19:30(110話以降)に異時ネット
近畿広域圏 関西テレビ 未放送の回あり
島根県鳥取県 山陰中央テレビ
岡山県・香川県 岡山放送
広島県 テレビ新広島
愛媛県 テレビ愛媛 打ち切り
高知県 高知さんさんテレビ 1997年4月開局から
福岡県 テレビ西日本 同時ネット
佐賀県 サガテレビ 遅れネット
長崎県 テレビ長崎
熊本県 テレビ熊本
大分県 テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
未放送の回あり
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列

学習ビデオ[編集]

ゲゲゲの鬼太郎 〜コピー妖怪対鬼太郎〜 不正商品には気をつけろ!
コンピュータソフトウェア著作権協会による子供向け著作権解説の知的財産権学習ビデオ作品。コピー商品を売る妖怪輪入道とねずみ男を鬼太郎が退治するストーリー。

映画[編集]

劇場用映画
ドームスクリーン映画
ゲゲゲの鬼太郎 風雲!妖怪城
1996年4月28日公開。京都の東映太秦映画村・ドームシアターで公開されたドームスクリーン作品。
3D映画
ゲゲゲの鬼太郎 〜鬼太郎の幽霊電車〜
1999年3月20日より公開。花やしき他遊園地やイベントで上映の偏光レンズ方式メガネによる3D映画。上映時間約12分。
2009年10月3日には『とびだす!3D東映アニメまつり』として再上映された。
2010年2月21日には、本作を含む4作品セットのDVD『CG東映アニメまつり』が発売。立体映像ではなく通常映像での収録となる。
キャスト
メインキャストは第4シリーズと同様。
スタッフ(鬼太郎の幽霊電車)
  • 演出 - 細田守
  • 脚本 - 島田満

商品情報[編集]

VHS[編集]

  • TV放送版
全28巻(話数順に各4話、27、28巻は5話収録)、全話収録。販売は9巻まで。
  • 劇場版
    • ゲゲゲの鬼太郎 大海獣(VHS / LD)
    • ゲゲゲの鬼太郎 お化けナイター(VHS / LD)
    • ゲゲゲの鬼太郎 妖怪特急! まぼろしの汽車
  • ヒーロークラブ(編集版ビデオ・販売のみ)
    • 1の巻 ゲゲゲの鬼太郎大図鑑
    • 2の巻 鬼太郎の危機倒せ最強妖怪
    • 3の巻 妖怪大裁判の罠
    • 4の巻 妖怪大集合
    • 5の巻 妖怪城の決戦

DVD[編集]

販売元:ポニーキャニオン、発売元:東映アニメーションフジテレビジョン

レンタルDVDは2008年5月30日からレンタル開始。

ゲゲゲの鬼太郎 90's
巻数 発売日 品番 収録話
1 2008年5月30日 PCBE-52953 第1話 - 第6話
2 2008年6月27日 PCBE-52954 第7話 - 第12話
3 2008年7月25日 PCBE-52955 第13話 - 第18話
4 2008年8月29日 PCBE-52956 第19話 - 第24話
5 2008年9月17日 PCBE-52957 第25話 - 第30話
6 2008年10月31日 PCBE-52958 第31話 - 第36話
7 2008年11月28日 PCBE-52959 第37話 - 第42話
8 2008年12月26日 PCBE-52960 第43話 - 第48話
9 2009年1月30日 PCBE-52961 第49話 - 第51話
10 2009年2月27日 PCBE-52962 第55話 - 第60話
11 2009年3月18日 PCBE-52963 第61話 - 第66話
12 2009年4月24日 PCBE-52964 第67話 - 第72話
13 2009年5月29日 PCBE-52965 第73話 - 第78話
14 2009年6月26日 PCBE-52966 第79話 - 第84話
15 2009年7月24日 PCBE-52967 第85話 - 第90話
16 2009年8月28日 PCBE-52968 第91話 - 第96話
17 2009年9月16日 PCBE-52969 第97話 - 第102話
18 2009年10月30日 PCBE-52970 第103話 - 第108話
19 2009年11月27日 PCBE-52971 第109話 - 第114話
BOX
タイトル 発売日 品番 収録話
ゲゲゲの鬼太郎1996 DVD-BOX ゲゲゲBOX 90's 2007年11月21日 PCBE-61885
完全予約限定生産
全114話
劇場版
ゲゲゲの鬼太郎 THE MOVIES」に収録。

CD[編集]

発売元はワーナーミュージック・ジャパン

  • シングル
    • ゲゲゲの鬼太郎(1996年2月25日発売、品番:WPD6-9072)
      憂歌団の歌う主題歌とエンディングテーマ「カランコロンの歌」を収録。
    • 鬼太郎行進曲/ゲゲゲの応援歌(1997年6月25日発売、品番:WPD6-9135)
      鬼太郎役の松岡洋子の歌う「鬼太郎行進曲」を収録。「ゲゲゲの応援歌」はぐうたらーズが歌う。
    • ロックだ、ねこ娘/ねずみうた(1997年6月25日発売、品番:WPD6-9137)
      ねこ娘役の西村ちなみの歌う「ロックだ、ねこ娘」とねずみ男役の千葉繁の歌う「ねずみうた」を収録。
    • ゲゲゲの音頭/目玉おやじの妖怪数え歌(1997年6月25日発売、品番:WPD6-9136)
      鬼太郎役の松岡洋子が歌う「ゲゲゲの音頭」と目玉の親父役の田の中勇が歌う「目玉おやじの妖怪数え歌」を収録。
    • ぺったらぺたらこ/吸血鬼エリート(1997年6月25日発売、品番:WPD6-9138)
      佐野史郎が歌う「吸血鬼エリート」を収録。「ぺったらぺたらこ」は憂歌団が歌う。
    • イヤンなっちゃう節(1997年8月10日発売、品番:WPD6-9146)
      憂歌団の歌う後期エンディングテーマと挿入歌「ぺったらぺたらこ」を収録。
  • アルバム
    • ゲゲゲの鬼太郎 オリジナル・サウンドトラックVOL.1(1996年4月25日発売、品番:WPC6-8212)
      番組主題歌・エンディング(共にTVサイズ)、BGMなどを収録した音楽集。2005年12月21日にコロムビアミュージックエンタテインメントから5000枚限定で再発売されている。
    • ゲゲゲの鬼太郎〜大海獣〜劇場版オリジナル・サウンドトラック(1996年7月25日発売、品番:WPC6-8225)
      劇場公開された「大海獣」の音楽を収録したサウンドトラック。
    • ゲゲゲの鬼太郎 ソングコレクション第1集(1996年12月21日発売、品番:WPC6-8260)
      登場キャラクターのテーマソング集。
    • ゲゲゲの鬼太郎〜おばけナイター〜劇場版オリジナル・サウンドトラック(1997年3月25日発売、品番:WPC6-8287)
      劇場公開された「おばけナイター」のサウンドトラック。
    • ゲゲゲの鬼太郎〜妖怪特急!!まぼろしの汽車〜劇場版オリジナル・サウンドトラック(1997年7月25日発売、品番:WPC6-8367)
      劇場公開された同名映画のサウンドトラック。ゲゲゲの鬼太郎登場キャラクターのテーマソングも収録。
    • ゲゲゲの鬼太郎(2013年9月18日発売、品番:TRJC-1024)
      15年ぶりに活動を再開した憂歌団の記念企画盤。第4シリーズのオープニング、エンディングテーマと挿入歌「ぺったらぺたらこ」を収録。付属のDVDには憂歌団メンバーが声優として出演した第33話を収録。発売元はタワーレコード

オムニバス[編集]

  • テレビアニメ版 ゲゲゲの鬼太郎テーマコレクション(2007年9月26日発売、品番:NECA-30203)
    第1シリーズから第5シリーズ第26話までの各主題歌を収録。第1、第2シリーズの曲はTVサイズでの収録(ただし、歌詞はフルサイズで掲載されている)で、「鬼太郎オリンピック」は未収録。発売元はインデックスミュージック。
  • ゲゲゲの鬼太郎 歴代主題歌集(2019年3月20日発売、品番:COCX-40763)
    第1シリーズから第6シリーズのオープニング主題歌や、カヴァー・ヴァージョンなどを収録。発売元は日本コロムビア。

参考文献[編集]

  • 『アニメ版 ゲゲゲの鬼太郎 完全読本』講談社、2006年。ISBN 4062137429。 - 第4シリーズまでの設定、放映データ、および声優陣へのインタビューを収録。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第3シリーズでも山本はシーサー役、柴田はベアード役でレギュラー出演であった。
  2. ^ 山本と柴田以外にも、第2シリーズ同様に北川米彦が見上げ入道役で第1話にゲスト出演している。
  3. ^ 実質的には63話まではフィルムのHDネガテレシネと映像修復を施したもので、64話以降のデジタル製作分は当時のまま放送する。
  4. ^ 時々違う台詞になることもある。
  5. ^ ED全話クレジットで、唯一人特別出演者と同様に他のゲスト声優とは別格扱いで表記。
  6. ^ 第1・第2シリーズでねずみ男役だった事による特別キャスト[4]
  7. ^ 自社制作番組『にちよう特捜!ほっかいどう N-SOKEN』を日曜8:55 - 9:25で放送することになった関係から日曜 9:25 - 9:55に遅れネット。
  8. ^ 『おばけナイター』でも同名の少年が登場し、容姿も瓜二つで声も日髙のり子が担当しているが、同一人物かどうかは明言されていない。

出典[編集]

  1. ^ 日本のアニメ全史
  2. ^ ゲゲゲの鬼太郎 : 東映アニメーション TOEI ANIMATION”. www.toei-anim.co.jp. 2020年3月28日閲覧。
  3. ^ 東映チャンネル | ゲゲゲの鬼太郎(第4期) 毎週(月)7:00~8:00” (日本語). 東映チャンネル. 2020年3月28日閲覧。
  4. ^ 「ゲゲゲの鬼太郎1996 DVD-BOX ゲゲゲBOX 90's『言霊の書』」、2007年11月21日発行、ポニーキャニオン、33頁、他。
フジテレビ 日曜9:00 - 9:30枠
前番組 番組名 次番組
空想科学世界ガリバーボーイ
(1995年1月8日 - 12月24日)
ゲゲゲの鬼太郎(第4作)
(1996年1月7日 - 1998年3月29日)
ひみつのアッコちゃん(第3作)
(1998年4月5日 - 1999年2月28日)